シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

アンと言う名の少女 シーズン1

2017年05月14日 23時56分23秒 | ヒューマンドラマ
【Netflixオリジナル】Anne with an E Season 1



不朽の名作「赤毛のアン」を原作とした新たなテレビシリーズが5月12日よりNetflixで配信されました。
天性の想像力と溢れんばかりの情熱が取り柄の少女アンが、孤児院を出てカスバート兄妹の元に引き取られ成長していく姿を描く。
※以下、ネタバレです

実は赤毛のアンはアニメをちょいちょい見ていた程度なのでストーリーはほとん覚えてませんでした。もちろん原作を読んだこともありません。
時代設定も忠実に再現されているし、アン役の女の子も「赤毛でそばかす」「ガリガリ」「喋り好き」などイメージにぴったり!

最初はアンってうざいくらいよく喋るな〜って思いながら見てましたが、次第にマシューやマリラがアンを想う気持ちのように心動かされるようになりました。
これまでの辛い人生が時々フラッシュバックされるんですが、空想にふけることで乗り越えてきたんですね。
家族を持つことが夢だったアンにとって孤児院に戻されるってことはどんなに恐ろしく、孤独に感じたことか。そう考えたらウルウルして、アンがどうか残れますように!って応援してました。

楽しみにしていた学校でもアンには辛いことばかりで不登校に。アンがマリラの胸に飛び込んで泣いたシーンは母娘に見えて、そこがまた泣けたー。真相を知ったマリラは酷い環境に置かれてたアンが気の毒で抗議するんですよね。火事で機転を利かせたり、病気の子供を救ったことで周囲の目も変わっていくんですよね。それもアンのこれまでの経験が生かされたおかげ!
イケメンのギルバートとの恋模様もニヤニヤしちゃいますね!
カスバート家もアンを養子に迎えたことで賑やかになって幸せそう。マシューもさりげなく洋服をプレゼントして喜ばせたりほっこりします。一緒に悩んで家族になっていく姿に毎回感動させられます。

シーズンフィナーレはカスバート家が経済的危機に陥り、マシューが倒れて大ピンチ!アンはまた孤児院に戻されるのでは?と不安になってしまうけど、「もう、うちの子だから大丈夫」ってマリラに言われて喜ぶ姿も健気〜。馬や家財道具を売りに行ったジェリーが酷い目にあって可哀想だった。しかも襲った男たちがカスバート家に目をつけて下宿してくるところで終了。
当然、シーズン更新されないと最後まで見届けられないので早くーーー!

初回は90分もあって毎回こんなに長いのか?と思ったら2話以降は40分くらいの尺だったのでサクサクと進みました。
何度も映像化されてる作品ですけど、映画よりもドラマの方がじっくり心情が描かれるのでちゃんと見たのがドラマでよかった。
いつも血だの腸だのが出てくるようなドラマばっかり見てましたが、私にもピュアな心が残ってたんだな〜と思いましたw

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

赤毛のアン (集英社文庫)
松本 侑子
集英社

吉村和敏 PHOTO BOX プリンス・エドワード島 七つの物語 (講談社 ART BOX)
吉村 和敏
講談社


視聴環境:Netflix

===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーファン・ブラック シーズ... | トップ | マスターズ・オブ・セックス ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。