シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

ストレイン/沈黙のエクリプス シーズン3 #8「追跡」

2017年04月22日 22時25分15秒 | The Strain
ストレイン シーズン3 ブルーレイBOX [Blu-ray]
コリー・ストール,デヴィッド・ブラッドリー,リヒャルト・サメル,ケビン・デュランド
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


The Strain Season 3 #8 White Light

 アイヒホルストは人間から血を抜く血液工場の稼働を急がせていた。一方、ケガを負ったエンジェルをパーマー財団救済センターに運び込んだガスは、ストリゴイとなった母親への思いを断ち切れずにいた。セトラキアンとフェットはパーマーから得た情報を元に荷の行方を追う。
※以下、ネタバレあらすじです

 ガスの父親は妻子に暴力を振るうロクデナシだった。母の兄たちは黙ってられず父は出て行ったとガスに説明。だが拳は殴った痕があった。幼いガスは母親を守ると伯父たちに誓う。現在、実家に戻ったガスを捜しにやってきたエンジェルはうたた寝してしまう。ストリゴイの母親がエンジェルを襲おうとしてガスは咄嗟に母親を撃つ。ガスは空港の仕事を請け負ったのが発端で、自分が下した決断で母親が死んだと後悔する。

 クインランは旧世界の長老たちがマスターに合流したか聞くため、新世界の長老たちを訪ねる。3000年前にエジプト軍の手で石棺に封印された長老とマスターが手を組んだ、打診がなかったのはあなた方を始末する気だと宣告し、セトラキアンと組む気はあるかと提案する。セトラキアンとチェットは積荷を管理していたミノウを脅し、大きな木の箱をデサイに届けたと吐かせる。届け先に案内させると血液工場だった。木の箱は今にも運び出されようとしていて、銃撃の末に取り逃がしてしまう。

 753便のブラックボックスを手に入れたエフとダッチは、マスターの声を特定するために解析を始めていた。マスターの声が強烈すぎて振動が起こり、ダッチは倒れてしまう。エフに看病されたダッチは彼を誘惑し寝てしまう。一方、セトラキアンたちはパーマーが血液工場を100か所作らせている知り憤慨。

 その頃、アイヒホルストはサン・ハンターの動きを監視し長老たちの居場所を突き止めていた。クインランが提案の答えを聞きに長老たちを訪ねると、アイヒホルストがストリゴイの大群を率いて現れる。彼はマスターの目を通して世界の主になれたはずなのに無能だと言い放つ。そして爆弾が入ったケースを置いて去りストリゴイに襲わせる。クインランと長老たちは死闘を繰り広げるが、一帯のビルが爆破されてしまう。

ダッチはついにエフにまで手を出して、セトラキアンにも手を出しそうな勢いwエフは誰でもいいのかよってくらい女好きすぎる!この二人のは見たくなかったなー。
今度はガスの過去編ときたwついにストリゴイの母親を殺す結果になったけど、エンジェルを救った決断はよかったと思う。
アイヒホルストというかマスターめ!クインランはうまいこと逃げ出してそうだけど、あれじゃ長老たちは死んだだろうな。
戦うクインランがカッコ良すぎて惚れ直した(*´∀`*)ポワワ そして長老たちも案外強くて驚いた!

↓面白かった、参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

ストレイン シーズン3 DVDコレクターズBOX
コリー・ストール,デヴィッド・ブラッドリー,リヒャルト・サメル,ケビン・デュランド
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

ストレイン/沈黙のエクリプス シーズン3第8話「追跡」<Amazonビデオ>
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


視聴環境:Amazonビデオ



==========================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

==========================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [終]アイアン・フィスト シー... | トップ | オーファン・ブラック シーズ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

The Strain」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。