シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

トゥルーブラッド ファイナルシーズン #8「愛ゆえに」

2016年12月24日 23時29分12秒 | True Blood
トゥルーブラッド <ファイナル・シーズン>コンプリート・ボックス (4枚組) [Blu-ray]
アンナ・パキン,スティーヴン・モイヤー,アレクサンダー・スカルスガルド,デボラ・アン・ウォール,ルティナ・ウェスリー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


True Blood Season 7 #8 Almost Home

 エリックは、自分が狙っている標的のすぐ近くに迫り、サラに対する最終計画を考え直すことになる。一方スーキーは、ビルを救うために自らの命をも危険にさらす行動に出る。また共に幻覚を見たレティ・メイとラファイエットは、タラを捜そうとダニエルズ牧師に持ちかける。そんな中、ヴァイオレットは裏切り者への復讐をもくろみ、ホイトはある人物を再び愛し始めていた。
※以下、ネタバレあらすじです

 V型肝炎が完治したエリックを見たガスは、ニューブラッドを完璧にはせず効き目を短くして儲けようと企む。アン女王がビルをスーキーに近づけさせたのは繁殖させることが目的だった。ビルが命令に背いたのは人間の心がどんな感じか思い出したからだった。闇しかスーキーに与えられなかったのは過去に囚われていたからと話す。

 ヴァンパイアの血を飲んだ牧師にもタラが見え、タラの誕生日会を開いたレティ・メイが夫に殴られる場面だった。父親の銃を隠し持っていたタラは父親を撃てず銃を埋めてしまう。夫が出て行き途方に暮れるレティ・メイ。タラはあの日、父親を撃てずに悪かったと母に伝えたかったのだった。母に自分を許し、私を逝かせて欲しいと告げる。

 アディリンを救うためヴァイオレットの屋敷に乗り込んだジェイソンはジェシカたちと共に捕らわれてしまう。ヴァイオレットは皆を拷問したのちに殺そうとしていた。そこへホイトが駆けつけヴァイオレットを撃って永遠の死を与える。ジェシカはかつて愛したホイトに遭遇し動揺する。ジェシカとジェイソンは人生が交差した形やタイミングが悪かったこと、そして関係が複雑すぎると友好的な別れをする。

 エリックが無事を伝えにスーキーに会いにやってくるが、ビルがスーキーの血でV型に感染したと知る。明日の夜戻ると約束しエリックは去ってしまう。ビルを救いたいスーキーはファングタジアを訪れ、ガスの心を読み地下に何かがあると知る。一方、ホイトはジェシカを再び愛し始めていた。ホイトは陰性だからとビルのために血を届け、ジェシカはまた彼を愛してしまう。

 スーキーはファングタジアの地下に捕らわれたサラを見つけ、彼女の血でエリックが回復したと知る。治療薬だとしても厄介な人間であることからそのまま置き去りにする。スーキーは治療薬の存在をビルに明かしファングタジアへ連れて行く。ところがビルはサラの血を飲むのを拒絶する。


タラは心残りを伝えたかったんだね。
ホイトが救世主になってビックリ。やっぱりホイトとジェシカは惹かれあっちゃうんだね。
サラの血の即効性すごいな!なのにビルは拒絶。

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

トゥルーブラッド <ファイナル・シーズン>コンプリート・ボックス (5枚組) [DVD]
アンナ・パキン,スティーヴン・モイヤー,アレクサンダー・スカルスガルド,デボラ・アン・ウォール,ルティナ・ウェスリー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


視聴環境:hulu

海外ドラマ見るならhulu!まずは2週間無料お試し


===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セルフリッジ英国百貨店 シー... | トップ | シェイムレス シーズン6 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。