シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

ラストキングダム シーズン2 #7

2017年07月18日 22時11分16秒 | 歴史ドラマ
The Last Kingdom Season 1&2 [Blu-ray Region Free](海外inport版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


The Last Kingdom Season 2 #7

 ロンドンの作戦失敗で、森に逃げたテューラは生き延びたがエセルフレドが捕らえられた。ウートレッドはクッカムへ戻ることにし、シトリックをベオムフレオトに偵察へ向かわせる。彼の予測どおり北の兄弟はベオムフレオトに姫を連れて行った。娘が連れ去られたアルフレッド王は窮地に立たされる。
※以下、ネタバレあらすじです

 オダは王国全体を危機にさらした、身の程知らずのくせに高望みをしたとエセルレッドを叱責する。一方、アルフレッドの庶子、オスファースはウートレッドに仕えることに。アルフレッドは王妃からウートレッドを呼び戻すべきと助言されるが、信じるべきは神で祈りだと聞く耳を持たない。その頃、エセルフレドはデーン人から丁重な扱いを受けていた。

 ウートレッドはベオムフレオトからの知らせを受けウェセックスへ参じる。姫の生存を報告し、北の兄弟は人質の噂を広め身代金で兵を招集しようとしていると告げる。彼は父親である王が交渉に出向けば値段を吊り上げやすくなると助言。エセルレッドとウートレッドが交渉役として遣わされる。ベオカ神父は旅には同行せずテューラのため残る。一方、エセルフレドを犯そうとしたヘステンからエーリクが救い、彼と次第に打ち解けて行く。乱暴した夫よりもエーリクと一緒にいたいと思うようになるのだった。

 オダは身代金が高く兵の損失も多すぎるとすれば、ウェセックスが名誉と力を示すには姫に自決してもらうことだとアルフレッド王に提案。聞き入れそうもない王に、父である前に一国の王だと指摘。オダは身代金についてエゼルウォルドの意見を聞き、手を借りようとする。ベオムフレオトに到着したウートレッドは、死者の予言などでっち上げずに仲間に加われと言えばよかったのにと苦言。エセルレッドは銀100ポンドで交渉し殴られる。

 ウートレッドは息子ではなく娘だからマーシアのあんな男に嫁がせたと前置きし、アルフレッドから銀200ポンドを支払うと交渉。ジークフリドはコケにするなら姫を強姦すると脅し、銀1万と金1000ポンドをアルフレッドが持ってくるよう要求する。殴られたエセルレッドは裸で豚小屋に放り込まれていた(笑)。ウートレッドはエーリクが姫に惚れてると見抜く。心境の変化があったエセルフレドは、ウートレッドにエーリクとの駆け落ちを手伝って欲しいと懇願する。

テューラはベオカに愛されてるね〜長年囚われの身だったからこそ幸せになって欲しい。
アルフレッドも頑固だなぁーウートレッドこそ交渉役に適役なのに維持張って!そもそもエセルレッドに指揮させたのが悪いわ!エセルレッドが裸で豚小屋にぶち込まれてていい気味だったw
ウートレッドがS2の方がいい男に見えるのは、女にだらし無くなくなったせいかな。S1では好きで結婚したくせに放ったらかしたりして好感持てなかった。
エーリクは野蛮人なのに純愛でこれまたいいね!こういうギャップに萌えるわ〜(*´∀`*)ポワワ
虐待するようなエセルレッドが夫じゃ、優しくて紳士なエーリクが良く見えるに決まってるわ!
エーリクとエセルフレドの禁断の恋は応援したくなるなぁ〜。「スパルタカス」のクリクススの純愛を思い出しました。さあウートレッドはどうする?

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

シーズン1のあらすじはこちら
シーズン2 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8

The Pale Horseman (The Last Kingdom Series, Book 2)
Bernard Cornwell
HarperCollins


視聴環境:Netflix

===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [新]ゲーム・オブ・スローン... | トップ | ナタリー・ポートマン来日「... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史ドラマ」カテゴリの最新記事