シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

ウォーキング・デッド シーズン7 #14「密かな断行」

2017年03月20日 23時24分34秒 | The Walking Dead
ウォーキング・デッド6 Blu-ray-BOX2
アンドリュー・リンカーン,ノーマン・リーダス,ダナイ・グリラ
KADOKAWA / 角川書店


The Walking Dead Season 7 #14 The Other Side

 ヒルトップに来たロジータはサシャにニーガン殺害をもちかけ、サシャは2人で救世主の基地に乗り込むことを決意。そんな中、救世主がヒルトップを訪れ、サシャとロジータはマギーには話さずに町を出る。ダリルとマギーは地下の食糧庫に隠れるのだった。
※以下、ネタバレあらすじです

 救世主は医師の引き渡しを要求。カーソン医師は兄が誰かを怒らせて殺されたのだと悟る。マギーとジーザスを中心に団結していく住民が気に入らないグレゴリーは、医師を取られてしまうとさらに信頼を失い座を奪われるのではないか不安が募り、自分が住民に信頼されることが重要だと救世主に相談をもちかける。だが取り合ってはもらえず、相談しに来いと言われるだけだった。

 地下の食糧庫に救世主が入ってきて食糧を持ち去る。ダリルは彼を殺そうしマギーに止められる。ダリルは自分のせいでグレンが死んだと思っていてマギーと話そうとしなかった。彼女はあなたのせいじゃない、あなたは希望だとグレンが言っていたと話す。グレゴリーは新入りにも働いてもらうとジーザスに指示。救世主がきたらどうなるかとジーザスを脅す。ダリルはサシャとロジータがいないことに気づく。

 サシャはジーザスから聞いた情報を元にフェンス越しにニーガンを狙うと計画を立てるが、ロジータは侵入して確実に仕留めたいと意見が食い違う。途中で車を入手して救世主のアジトへと向かう。ロジータはこれまで男たちから様々な知識を習得しセックスも楽しんだ、エイブラハムは他の男と違って能力を認めてくれたと話す。彼が先に生きがいを見つけたからサシャを憎んだと打ち明ける。彼が幸せなら嬉しいと早く伝えれば良かったと後悔していた。自分たちは死ぬ時を選ぶと団結する。

 マギーの主治医カーソンが到着したことでニーガンが表に出てくるが、周囲と近すぎてサシャたちは撃てない。そんな時、ユージーンが無線で1ダースのウォーカーを捕獲せよ、ニーガンは婦人の間で休息を取ると指示する。ロジータとサシャは計画変更を余儀なくされ侵入することに。ロジータは警備を殺しユージーンに逃げろと言うが彼は拒否して施設に戻ってしまう。サシャはロジータを締め出して単独で乗り込む。悔しがるロジータの背後にクロスボウを持った男の姿が…。


救世主側の医師はカーソンの兄だったのね。こうやって気に食わなきゃ殺し、自分らのものだって連れ去るんだね。
グレゴリーは保身しか考えてないからいつ裏切るか分からんね〜油断ならないから奴こそ殺しておくべき。
マギーを久しぶりに見たけど、全然お腹大きくなってない。生まれるのは来シーズンあたり?
ユージーンは演技かと思えば、全くそんなことなくただの臆病者だった!(`Д´) ムキー!
ロジータにそそのかされたサシャの方が単独で乗り込むだなんてーー!最後のはきっとダリルだよね?

↓面白かった、参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

ウォーキング・デッド6 DVD-BOX1
アンドリュ・リンカーン,ノーマン・リーダス,ダナイ・グリラ,チャンドラー・リッグス
KADOKAWA / 角川書店


視聴環境:FOX

海外ドラマ見るならhulu!まずは2週間無料お試し


===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!
*コメントは長文にならないようお願いします。

===============================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GOTHAM/ゴッサム シーズン3 ... | トップ | マスターズ・オブ・セックス ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。