日常のぼやき

引きこもりレベル上昇中。そろそろ必殺技でも覚えそうです。

活撃/刀剣乱舞 7話 「第一部隊」感想

2017-08-13 | 活撃/刀剣乱舞
活撃/刀剣乱舞 7話 「第一部隊」感想


※味方です


山姥切を隊長とした第一部隊は歴史遡行軍を倒すため出陣した。近くで大量の死体があり京に情報収集することに。
話を聞いてみると足利義輝が死に、その亡霊のようなものが辻斬りをしていると噂されていた。時代遡行軍の仕業かどうか調べる為辻斬りを探す第一部隊。骨喰が一人でいるときに般若の面をつけた遡行軍を発見。それは単体で仲間を時空から呼び寄せるのではなく「発生」させた。駆けつけた山姥切にその場を任せ一人敵を追う骨喰。たどり着いた先は二条城、足利義輝が討ち取られた場所だった。そこに無数の遡行軍を発生させる般若の面をつけた敵。
三日月たち全員が合流し、敵のせん滅を開始する。個々の能力は非常に高く敵を圧倒するも、面は数体の遡行軍を一つに合わせて強大な敵まで作り出した。その敵は三日月に任せ、山姥切と骨喰で面敵を倒した。他の敵を吸収し傷を治す巨大な敵も三日月の圧倒的強さで倒す。
敵を殲滅し歴史は守られた。あの敵が本当に足利義輝だったのかはわからない。骨喰を一人おびき寄せたりしていたが目的は不明。
ただ、本当に本人だったのなら足利義輝の愛刀だった骨喰に止めてほしかったのかもしれない。


●OP一部変わったね
ちゃんと第一部隊が陰でなくキャラが出ました。かっこいい

●大太刀が「この程度」
蜻蛉切が苦戦した大太刀も第一部隊にかかれば雑魚。単純に練度の差なんだろうけど、どれだけ第一部隊のメンツが強いのかがわかります。つーか大典太、お前は刀使って戦えや

●足利にゆかりある刀たち
今回出陣した謎編成は足利に縁ある刀たちだったんですね。何気に歴史の勉強にもなります。
つーか落ち込んでる時の山姥切り声ひっくいなw

●その恰好でよくうろつけるな
あの、三日月以外全員洋装なんですけど・・・大典太に至ってはめっちゃでかいし

●面をつけた黒い敵
みんな黒い奴黒い奴って呼んでるけど敵みんな黒いですやんか。
名前つけてやろうぜ、ゆかりんとかどうだろう

●脇差一振りで大太刀倒すとか嘘ですやん
まあ骨喰の練度が200くらいあったってことで・・・(震え声)

●たくさん出た
一匹いたら30匹いるっていうもんね。 もしかして:ごきb
っていうかさ

密度高すぎね?
これ刀振ったら隣の奴に切りかかっちゃうパターンやん。どこのテニス合宿だよお前ら。

●戦闘シーンは圧巻!
すげー興奮したわ!無茶苦茶かっこよかったです。山姥切は機動が高いからああいう戦い方が本当にイメージ通りですわ。敵の大将倒したときは二刀開眼かな?

やっぱ味方に見えないんですけど。あと敵を吹っ飛ばしたときのエフェクトがやっぱ「あ、これどっかのテニスの試合で見たことある!」と思ってしまった自分を殴ってやりたい。大典太かっこいいよ!

●空中で軌道変えてんぞあのじーさん
ニュートンが泣いちゃうからやめて。

●エフェクトが紋
花丸のとき決め台詞とともに必殺技みたいに紋がバーンて出た時は失笑だったのになんだろう、この三日月のかっこよさ

●ゲーム実装いつですか
特殊設定の敵が出るといつゲームに出てくるんだろうとわくわくする。まあ出ないでしょうけど。仲間を吸収して傷を治すとかそのうち出てきそう

●敵の持っている薙刀は
昔の骨喰ってことでいいのかな


戦闘が最高でした。もうこれに尽きます。あのまま敵と骨喰の会話が何かあったのかなあと思う。歴史上非業の死を迎えた人物が遡行軍の大将レベルとなり発生、当時の時代に散っていった刀たちを遡行軍として顕現させる能力を持つ・・・と考えるとかなり燃えますね、展開が。
自分で言っててなんかどっかで見た予想だな・・・ドリフかな。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとだけ創作意欲がわいた | トップ | クレジットカードを持ちたい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL