日常のぼやき

引きこもりレベル上昇中。そろそろ必殺技でも覚えそうです。

今更だけど黒執事面白い

2017-06-09 | Weblog
進撃の巨人は見てますが感想書く気が起きないためパスです。原作見てるときもだいたい王家のあたりで飽きちゃったんですけどね。アニメでユミルの過去をざっくりだったけどやるとは思わなかった。

で、本題は進撃じゃなく黒執事のほう。

たまーに気が向いたとき読んでるんですけど、この漫画絵柄がまあ女子向けだしぶっちゃけイケメンが活躍する若い女子向けの漫画なんだろうなと思ってました。ハマったのがアニメ始まってからなんですけどね。
最初こそ強い執事が無茶苦茶なことやってきゃーかっこいーという漫画家と思ってましたが、内容はバトル漫画とミステリーを混ぜた感じで結構面白いんです。


で、ちょいちょい感じていた違和感がありなんだろうともやっとしていたけど、ネタバレ読んでようやくわかった。

ネタバレ注意です、あと考察はあくまで考察なので今後の展開どうなるかわかりません。


一応ファンの間で根強い伏線としてあるのが「双子説」です。最初は多重人格か何かかと思ったんです。リジーとの会話でかみ合わない時があるのでシエルは知らないか忘れてるかだなあと思ってました。
一番違和感あったのが過去殺されるような描写があるシエルと檻の中からそれを見るシエルのシーン。あれ、これどうなってんのと思ったのがきっかけ。時間軸が違う?いやーでもなんか致死量っぽい出血しておいて悪魔と契約するとき元気に叫んでるとかないよな、と思いますし。
単純に考えて、殺されている片割れをもう片方が織の中から見ているというそのまんまなシーンだと思えば辻褄あいますからね。
つまり死んだシエルが本当の「シエル」で今いるシエルは弟というわけ。そうするといろいろとはられた伏線が全部辻褄合うんですよね。葬儀屋が死者を蘇られる研究してたのとか。
ファンの人たちがいろいろ調べてると1巻からすでにそれらしい伏線もあり含みのあるセリフとかも全部納得できる。


まあ実際どうなのかはわかりません。今後の展開どなるのかまったりと待ちます。
絵もきれいで丁寧だし、その場のノリだけではなくキャラの心情をすごく丁寧に描かれてるので人に勧められる漫画だと思ってます。
今ドリフと血界戦線と黒執事が読み続けてる漫画です。


あ、感想書いてないですけど血界戦線のシーズン2もちゃんと読んでます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風邪ひいて熱まで出たわけで | トップ | エイリアンvsプレデター2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL