印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る

染め無し黒水牛の印材

2017年05月19日 | 印鑑の素材

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

黒水牛の印材で、染めていない印材をご紹介致します。
黒水牛の印材は、通常、黒色に染色してあります。特に通信販売では白のまだら模様が場合によってクレームになる心配があります。染めてしまった黒の1色であれば無難な販売用法、ということになります。

当店、楽善堂では、対面販売、ご来店いただいたお客様への販売を主流としているので、黒水牛は、染め無しをまず、ご提案しております。現物の染め無しの印材を手に取って、選んでいただいています。お客様がお選びになった印材に彫刻をしております。

問屋から仕入れる時は多くの印材を持ってきてもらい、綺麗な模様の出ている印材のみをまず、私が選んでいます。「品揃えと品集めは違う」と八王子の商店会のセミナーで聞いたことを思い出しています。お客様に良質、見た目も綺麗な印材を揃えてご提案していきたいと思います。
黒水牛の印材は、通常、黒色に染色してあります。特に通信販売では白のまだら模様が場合によってクレームになる心配があります。染めてしまった黒の1色であれば無難な販売用法、ということになります。

当店、楽善堂では、対面販売、ご来店いただいたお客様への販売を主流としているので、黒水牛は、染め無しをまず、ご提案しております。現物の染め無しの印材を手に取って、選んでいただいています。お客様がお選びになった印材に彫刻をしております。

問屋から仕入れる時は多くの印材を持ってきてもらい、綺麗な模様の出ている印材のみをまず、私が選んでいます。「品揃えと品集めは違う」と八王子の商店会のセミナーで聞いたことを思い出しています。お客様に良質、見た目も綺麗な印材を揃えてご提案していきたいと思います。



▲右の4本が染め無しの黒水牛です。
縞の模様が出ています。左の2本は通常の黒に均一に
染めてある黒水牛印材です。

お値段は、大きい印材(直径15ミリ)の実印:15100円(税込)
小さい印材(直径12ミリ)の銀行印:6980円(税込)です。
彫刻料金、消費税込み、合成革の印鑑ケースが付きます。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

英語版のページ、外国人のお客様用ページ http://www.name-stamp.tokyo/

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html


楽善堂、gooのトップペhttp://blog.goo.ne.jp/rakuzendo


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目無し象牙の実印 | トップ | ベルリンからのご注文 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。