印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る

お客様から喜びのメール

2016年10月14日 | 店舗経営 接客
印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

印鑑リフォームのお客様で、2本の印鑑とも多店舗で作った書体がお気に召さないで、当店に同じご苗字を彫るように、というご注文をいただきました。水晶と青メノウ印材でした。

2本とも、丸ゴシック体に近い古印体(こいんたい)でした。古印体は、中国になく日本で生まれた書体で、まろやかで太い、細い、のある線質です。お客様から小篆と隷書でとご指示があったので、まず、印稿(いんこう、仕上がりのラフデザイン)を起こしてメールでお送りしました。小篆は気に入っていただいたのですが、隷書が今一つ、お客様の感性に合わなかったようです。行書で印稿を見たい、というご希望をいただきました。別途、1080円がかかりますが、というお返事をして、ご了解をいただきました。翌日に以下のようなメールをいただきました。お客様からご了解をいただけたので、ブログに掲載させていただきます。

<以下はお客様のメールです>
お世話様です。(お客様のお名前)です。おお、これぞ求めていた印稿です。これで(行書)お願いします。ちなみにお金は金曜日に振込みましたので、月曜日に確認出来ると思います。

(納入後にいただいたメールには)
お世話様です。印鑑届きました。素晴らしい出来です!どっちも味があって最高です。特に行書のほうはとても気に入りました!正直それなりの出費だったので、また失敗したらどうしよう、なんて思ったりもしましたが、お願いして良かったです。大事に使わせていただきます。また機会がありましたらよろしくお願いします。袋サービス、ありがとうございました。 <ここまで、お客様のメールです>

自分の作品をお客様に気に入っていただけた、これぞ職人冥利、商人冥利だと思います。
次の仕事への励みになります。


▲仕事時の参考書『印海』にある五書体の作品例です。
タイトルは「五体認印集」、書体は左から隷書、篆書、古印体、
楷書、行書です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

英語版のページ、外国人のお客様用ページ http://www.name-stamp.tokyo/

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html


楽善堂、gooのトップペhttp://blog.goo.ne.jp/rakuzendo

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。