印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る

取れない印鑑のキャップをはずす方法

2012年02月14日 | 店舗経営 接客
印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

印鑑の材料(印材)で、キャップ、業界用語だと鞘(さや)、が抜けなくなって困った、ということが時々あります。特に寒い時期はキャップが収縮するためにさらに抜けにくくなります。ゆるすぎてキャップがすぐに取れてしまう、も困りものですが、こちらは押捺することができます。

キャップが取れないと、“書類に押捺できない、捺せない”ことになります。簡単な解決方法を書きます。

1.ゴム手袋(そうじに使う時きの物)を両手にして、ゆっくり回しながら抜く。
2.軽く金槌(かなづち)でキャップの回りを叩いて1.の方法をやってみる。
3.印材と物差しを片方の手に持って、物差しをキャップと印材本体の間に置いて物差しの上から金槌で叩く。叩くキャップの場所を変えていく。
4.3.までやっても取れない場合、水の中に5分くらい漬けておく。その後、1.の方法を行なう。
5.外れたあと、彫刻面とキャップの内側は水に濡れているので、布でよくふきあげて乾かししておく。

先日、黒水牛の印材のキャップが取れないので、4.の方法を試みたら、すぐに取れました。日常の手入れとしては、印を押捺した後、印面に付着したを朱肉をティッシュペーパーで取り除いておくとよいです。印面の外枠近くに残った朱肉が糊の役割をして、キャップが抜けない原因を作ります。


▲印材を水に漬(つ)けることで、キャップがゆるくなります。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com

楽善堂、gooのトップペhttp://blog.goo.ne.jp/rakuzendo

ジャンル:
文化
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 2月13日(月)のつぶやき | トップ | 2月14日(火)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。