印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る

割印のご注文5本

2016年10月08日 | 店舗経営 接客
印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先々週と先週は、割印のご注文が5本ありました。割印は1年で1本か2本程度の受注ペースです。縦長の長方形で上と下が半円形、ちょうど、陸上競技場のトラックをさらに縦長にしたような輪郭の印鑑です。2枚の書類の間にまたがせて割って捺すので割印と言います。
お得意様で、JRさんから取引をいただいていて、規約が変わり木製の割印を作成することになったそうです。各部門からご注文をいただきました。割印にも大きさで、大中小とあり、長い方の寸法で、大が36ミリ、中は33ミリ、小は30ミリあります。

同じ内容の仕事は重なるもので、世田谷区のお客様から割印のご注文をいただきました。彫り直しでした。同じ文字の社名です。社長さんいわく、文字が太くてもう一つの印鑑、正方形の印と一緒に捺してバランスが悪いので、彫り直して欲しい、というご希望でした。納品後にメールをいただきました。 

<以下はお客様からのメールです。>
昨日、割印届きました。流石のクオリティで感激しています!
早速、押してみましたが素晴らしい陰影です。ありがとう御座いました。

本日、ご入金致しましたのでご確認下さい。
次回、印鑑を作成する時は最初から平澤様にお願いしたいと思います。
今後共宜しくお願い致します。 <文章はここまでです>

お客様へのお返事に「ありがとうございます。職人冥利を感じております。」と書かせていただきました。自分の技術を評価していただけるお客様、ありがたいと思います。


▲割印の印影見本です。上段の3作品が通常の形です。
下段の作品、長方形は昔風の作品です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

英語版のページ、外国人のお客様用ページ http://www.name-stamp.tokyo/

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html


楽善堂、gooのトップペhttp://blog.goo.ne.jp/rakuzendo

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

店舗経営 接客」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。