振り出しに戻る「落陽日記」

旅や日々の生活の一コマ。60代半ば、落陽期を迎えながら気持ちは再び振り出しに戻りたいと焦る日々です。

ネットで契約、購入した家内のYモバイルのスマホ

2017-05-12 15:24:48 | 日記
前回に記述したように家内のauポイントを商品と交換したので(22円分だけ残った)早速現在の電話番号の持ち出し移行手続き(MNP)をした。他社のスマホに乗り換えても同じケータイ番号にするためauからMNPの予約番号というのをもらわなければならないのだ。

これは家内のガラケーを操作してEZwebからauに申し込んだが手続きの途中に乗り換えの理由などをアンケート型式で入力しなければならず、難しくはないが結構手間がかかった。いやがらせのように感じたのは自分だけか?

入力を完了して10分後くらいに再度EZwebを操作するとMNP予約番号が確認できた。

次はパソコンからYモバイルのオンラインショップに入ってスマホの機種と料金プランを選んで契約と発注をした。数週間前から何度もチェックしていて本人確認のための免許証の画像は準備していたのでスムーズにできた。近所のショッピングモールに行けばYモバイルのショップがありそちらでも契約購入できるが高いプランやオプションの購入を勧められると聞いていたのでオンラインショップを選んだ。

選んだ料金プランは一番安いSプランで最初の1年間は1980円/月、1年後からは2980円。その内に私もYモバイルに乗り換えると家族割引適用で家内の方は500円/月安くできるはずだ。
機種代金は手続き上は分割24回払いだがその分が割引されて実質ゼロ円。契約手数料が3000円と頭金が数百円。他にはauにMNPの手数料3000円と解約手数料の3000円となった。(いずれも税別)

解約手数料は2年毎の契約更新時に解約すれば無料だがそうでないと1万円近くとられると聞いていた。今回はauとの契約が11年を超え、なおかつ誰でも割に加入していたので3000円で済んだようだ。

申し込んだ翌日の夕方には購入手続きが終わり、スマホ本体を佐川便で出荷したとのメールがYモバイルから届いた。翌日にNETで佐川便の追跡サービスをチェックすると午後には隣の市にある配送センターから配達に出たことが確認できたが夜の9時まで待っても届かなかった。GWの前々日で配達し切れなかったようで翌日になってから届いた。

佐川急便のドライバーさんが端末で配達完了を入力するとYモバイルではそのデータを確認した後にauからYモバイルに電話番号を移行させるようだ。この時点でauが使えなくなり、そのことを確認してから届いたスマホにSIMカードを入れて電源ONにして初期設定をすると無事開通。

WIFI用タブレットは使っていてもスマホを扱うのは私も家内も初めてだが、何とかなった。

今まで家内のauガラケーは1200円/月くらいの契約だったので1年後には倍近い出費になるがまあ仕方ないだろう。外出先で使うことも少なくもっぱらwifiのある自宅で使うことが多いので1GBの料金プランで充分だと思う。2年前からは家内も自宅でタブレットを使っていて購入したスマホも同じアンドロイドなので操作も覚えやすいのではと考えている。

最後にauにMNPの申込をした2日後くらい、つまりYモバイルの申込が済んだ後に家内のガラケーにauからショートメールが届いた。重要な提案をしたいので下記の番号まで電話をくださいみたいなことが書いてあった。もちろん無視した。

ジャンル:
やっちゃった
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失効寸前だったauのポイント2... | トップ | フェリーで九州へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。