振り出しに戻る「落陽日記」

旅や日々の生活の一コマ。60代半ば、落陽期を迎えながら気持ちは再び振り出しに戻りたいと焦る日々です。

ルアンプラバーンと言えば托鉢が有名だが

2017-07-14 09:43:07 | 日記
今回のラオスの旅でルアンプラバーンの托鉢を見ることは大きな目的のひとつであった。

が、何とも寂しい限りであった。期待にはほど遠かった。

早朝5時半に宿を出て托鉢の行われる道路に向かうとすぐにおばさんが寄って来た。托鉢の時にお坊さんに喜捨する商品を観光客に売っているのだ。買う気はなく断ったのだがかなりつきまとわれた。


道路に着くと歩道にはプラスチックのイスがずらりと並んでいたがそこに座ってお坊さんを待っている人は僅かだ。しばらくすると10人ずつくらいのグループでお坊さんが並んでやって来たが肩からかけた袋も軽そうだ。


韓国人と思われる10数人の観光客が歩道のイスに並んで座り、ガイドにつきそわれて忙しそうにお坊さんに喜捨していたが、他には我々と同じようにカメラを持ってうろうろしている観光客がいるくらいだ。

観光地のイベントの一つになってしまったのか、またシーズンオフで観光客も少ない時期だったためか肩透かしをくった情景だった。

お坊さんたちの行列は渋滞することもなく通り過ぎ、それぞれのお寺に散って行ってしまった。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーシーの丘で見たラオス内... | トップ | ボートでメコン川を遡るパー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。