楽人の目線

俳優 「栩原楽人」本人によるブログ

久々に稽古

2014-09-06 22:11:25 | Weblog
舞台の公演も無事終わり、ようやく身体のコンディションも戻り始めてきたところで久々のアクション稽古。

今日は衝撃だった、稽古の真っ最中なんか足が痛いなぁーと思っていたら足の裏の皮が二箇所もむけていた。
舞台の稽古中はずっと靴だったから、、、
二ヶ月でこんなにも皮膚が弱っていたとは、、、


にしても今日は本当に楽しかった。
思いっきりアクションやって、ミット打ちして、
久々に思いっきり飛び蹴りできた。
当たり前ですが場所選ぶんですよ、飛び蹴りって(笑)


写真はインド人のタルーン。
モデルやりながらアクションを愛しムエタイをやりつつジムに通い、
そして何をしてても常に喋っている(というか笑っている)という不思議で愉快な男です。


また書きます。^ ^
コメント (10)

ありがとうございました!

2014-08-25 03:15:27 | Weblog

舞台ハマトラ、
全公演が終了しました。

観劇に来てくださった皆さん、沢山のお手紙やプレゼントをくださった皆さん、本当にありがとうございました。

役に向けて痩せて挑んだ為、体力的にもきつい部分が多々あったのですが、そのパワーでなんとか乗り切れました。

感情を表に出さない人、というのは実はずっと興味があった役柄であり、アートはまさにそれでした。

皆さんに僕の演じるアートを受け入れ、好きになっていただけたら、これ以上の幸せはありません。

本当にありがとうございました。

少しだけ休んだら、また頑張っていきます。
コメント (16)

今日もハマトラ。

2014-08-21 15:18:26 | Weblog
約一年ぶりくらいだろうか、久々にマッサージに行ってきた。
というのも朝起きたら、背中に鉄板が入っているんじゃないかというくらい固まっていたのであります。
本当、痩せると色んなことが起きる。


しかしながら、お店の人が上手い人だったからなのか、劇的に回復しましたのでご安心を^ ^


さて今日はどんな公演になるだろう。


アートをやる時に思うことは基本的にいつも同じ、
丁寧に、大事に、熱く。
あと媚びない。(笑)

そんな感じで今日も頑張ってきます。

ではまた!^ ^
コメント (10)

2公演

2014-08-20 10:39:58 | Weblog

皆さん、たくさんの応援ありがとうございます。
僕はもう本当に感謝しかありません。

アートは比較的重いシーンが多いからなのか、朝起きると身体がこりまくっている僕ですが、
もちろんまだまだ頑張ります。
頑張れます。

さて、今日は2公演!
そしてハイタッチ会もございます。
行ってきます。
コメント (6)

ありがとうございます。

2014-08-19 15:37:29 | Weblog
さて、本日も公演であります。
昨日、今日とアフタートーク担当である僕は楽しみ半分、緊張半分であります。
喋るのはいくつになってもなかなか慣れない、性格なんだろうなぁ。
好きなんですけどね、喋るの(笑)
なんせ楽しんでいただけたら幸いです。

そしてたくさんの方々からの手紙、プレゼント、皆さん本当にありがとうございます。
皆さんの応援がいつも何よりの力です。
今までも何度助けられてきたことか、、、

その分、公演を皆さんの明日へのパワーとしていただけるよう、今日も頑張ってきます。

ではまた。^ ^
コメント (9)

二日目

2014-08-17 09:21:02 | Weblog

ついに幕が開きました。
舞台ハマトラ。

昨日、無事初日を終えました。

とにかくお客さんが暖かいな、というのが第一印象でした。
本当にありがたい。

パワーを与えなければいけない立場の僕らが逆にパワーをいただいてるわけです。感謝せねばです。

しかしそこに甘えず、いい意味で図に乗りながら頑張っていくつもりです。

さて、今日は2公演!
しっかり頑張ってきます。

舞台ハマトラ公式サイト
コメント (10)

初日!

2014-08-16 08:36:10 | Weblog
いよいよ舞台ハマトラ、本日より公演となります。
どんな反応をいただけるのか、とても楽しみにしております。

今日はおそらく怒涛の一日になると思う。
アートの体型になろうと痩せたせいか、若干疲れたりもしてますが、心はいつでも燃えたぎっております。


チケットまだの方はぜひ。
誠心誠意お送りさせていただく所存であります。

では、ロッキーザファイナルより僕の好きなロッキーの言葉
「自分を信じなきゃ人生じゃないぞ」

さて、頑張ってきます。

舞台ハマトラ公式サイト
コメント (6)

ハマトラ、間もなく公演!

2014-08-14 23:00:34 | Weblog


さて、いよいよ俳優座劇場小屋入りであります。
今日は久々にしっかり寝ることができた、

公演前のこのどう過ごして良いかわからない、なんとも落ち着かない感じは、何度舞台を経験しても慣れません。

特に今回は、作品全体を考えて動かねばならない部分もあるので。

なんとも難しいです。
色んな難しさがあるけど、一番は情報の多さ。
お客さんの頭に「?」が残らないようにしたい。
もちろん、ハマトラに初めて触れる方々にも!

そして情報が多いというのは、それだけ充実した内容だということでもあります。

ダンス、歌、殺陣、
今回僕は主に会話劇で戦っていきます。

間もなく俳優座劇場にて公演、みなさんぜひお越しください。
チケットはまだなんとか間に合います!^ ^

あ、あとグッズも豊富であります。
HUBとのコラボで、僕(というかアート)のドリンクがあったりします。(笑)
日によっては公演後にトークショーに参加したりもします。^ ^


では!明日も頑張ってきます!
コメント (8)

奇跡!

2014-08-03 14:32:13 | Weblog
ハマトラングラーに遭遇!!
コメント (6)

出張!ハマステーション!

2014-07-25 14:29:30 | 出演情報
さて、皆さんご存知かもしれませんが、明日は横浜でハマトラのイベントでございまして、皆さんに会えるのを非常に楽しみにしております。

イベントなんていつぶりだろうか、かなり久々で若干の緊張も抱えつつ、しかし密かにワクワクしている僕であります。

聞けば、ツイッターで皆さんから集まった質問が山積みだとか、
ありがとうございます。心して。

みんなで楽しみましょう!^o^



『出張!ハマステ―ション!!』

■日 時 2014年7月26日(土)
開場12:45/開演12:55/終了14:10

■場 所 Brillia SHORT SHORTS THEATER
住所:横浜市西区みなとみらい5-3-1フィルミー2F
みなとみらい線「新高島駅」 徒歩5分
「みなとみらい駅」徒歩6分
コメント (9)

小川町セレナーデ

2014-07-20 00:19:51 | 出演情報
映画「小川町セレナーデ」に少しだけですが出演させていただきました。
場末のスナック「スナック小夜子」に住む親子とそれを取り巻く町の人々、そして謎のオカマ、
みんなそれぞれが、色んな感情をない交ぜにしながら、何かを抱えたり背負ったり、それでも一生懸命生きていく。そんな姿がなんとも愛おしい映画です。

長所や短所、癖、
オカシミというのはすごく人間らしさと繋がっているものだと僕は思います。
役のそんな部分を大事にされる原桂之介監督の演出がすごく好きだし、きっと楽しんでいただけると思います。

10月4日
角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか、全国順次ロードショー。

詳しくはこちら!


ではまた!
コメント (4)

情報解禁! 舞台「ハマトラ」

2014-07-13 11:51:17 | 出演情報
舞台の情報解禁であります。
「ハマトラ」
人気アニメが原作で、今回はその中でもお馴染みのキャラクター、アート役を演じさせていただきます。

そして再びの俳優座劇場!
何か縁があるのでしょうか、、、
しかし役の性格は真逆といっていいほど違います。

衣装、役どころ、設定、これまた今までにあまりないタイプで非常に楽しみであります。
ぜひ観ていただきたく!
絶賛稽古中です。

8/16(土)〜24(日)
俳優座劇場にて公演。
詳しくはこちらへ!

これからまた色々な情報を発表していきますので、お待ちください^ ^

では、稽古頑張ってきます!
コメント (11)

最終章の最終話

2014-06-19 18:04:20 | 出演情報
さて、いよいよ「妻は、くノ一」ラストでございます。
さて今日は何書こうかなぁとか思いましたが、もはや書くことがありません!
というと語弊がありますが(笑)
ここまできたらあとはただただ登場人物それぞれの運命を見届けていただきたいという気持ちでいっぱいであります。

原作のある作品ですが、結構原作にない部分の多い作品ですので、結末はわかりませんよ。

平沢だって、、、一体どうなるのやら。
もちろん最後も出てきますよ。

そして僕自身もすごく楽しみ、
あの壮大なシーンはどんな演出なのだろうとか、
大事なあのシーンで染五郎さんはどんな表情をするんだろうとか、

では、最終章の最終話!
お楽しみ下さい。






コメント (11)

妻は、くノ一 四話

2014-06-12 14:25:12 | 出演情報
さて、「妻は、くノ一 最終章」
残すところあと二話となりました。
最終話へ向けて、さらにストーリーは大きく展開してまいります。

今日は何書こっかなぁとあれこれ考えたのですが、なかなか難しいのであります。
ストーリーは一つじゃないから、それぞれの役がそれぞれの想いを胸に展開していく、こういう群像劇が僕は好きです。
だし、みんなそういう想いで作ってくれてます。

前回のくノ一の撮影序盤の時、まだ僕の役の出番がとても少なかったころ、
僕の演技を見て山下監督が大声を張り上げました。
「ちゃうわアホー!何やっとんねーん!もう一回や!」
たった一言の台詞に、望みをかけて現場に来た僕にはその言葉が本当に嬉しいんです。
服部監督もそう、時間がなくどんどんシーンを撮り終えていかねばならないドラマの現場で、納得するまで何度も撮り直します。
だから、すべてが見どころです。



平沢もその一人であります。
御庭番というあまりストレートに感情を出さない、それで心理描写も少なかったりする役なので少しだけ書きますと、

変わり者の多い御庭番衆の中で、一片の曇りもなく川村を心酔している男だということ、
織江への感情は、単なる「この恨み!」みたいなことではないということ、

それだけ頭の片隅に置いて観てもらえると少しこれからの平沢が観やすいかもしれません^ ^


ところで、これまでも偉そうに色々と書いてますが、実は出演した作品のストーリーついて語るのは苦手だったりもします。
なんか野暮な感じがするというか、
結局は観て感じてもらえればそれに勝る解説はないし、伝わらなければいくら書いても意味ない気もするからです。

なので、感想掲示板が気になって仕方ない僕であります!(笑)

何卒、よろしくお願いします。


では、明日の放送お楽しみ下さい!
コメント (6)

妻は、くノ一 3話

2014-06-05 13:48:00 | 出演情報
みなさん、掲示板への沢山の書き込みありがとうございます。
二話にしてこの量、ありがたいです。


妻はくノ一、
明日放送、いよいよ三話まできてしまいました。
これから話の展開は最終回へ向けてどんどん加速していきます。
今回、くノ一最終章の醍醐味かもしれません、とにかく出し惜しみしていないというか、
もっとやろうと思えば、もう何話でも続けられるほどの世界観だと思うのです。
それが全五話に集約されてる訳で、これは一話一話が重たいです。

たった一言の台詞に実はものすごく壮大なストーリーがこめられているという、時代劇にはそういう部分が多い気がして、僕はすごく好きです。

余談ですが、先日、市川染五郎さんの歌舞伎を観に行ってきました。
伊達の十役という、全三幕の休憩二回、およそ三時間の芝居に出てくるほとんどの役を染五郎さんが演じるというもの。
これはすごい。
演技やストーリーの奥深さ面白さがあった上で、さらに早替えの面白さも見どころとしてあるわけです。
観る方も大変です、ちょっと目を離した隙に染五郎さんが違う人になってるんですから(笑)

そして当たり前ですが、なんといっても所作が自然で美しい。

例えば僕が時代劇をやらせてもらう時に、足りない頭で色々考えるわけです。
こうすれば袴が綺麗に動くかな?とか、こうすれば侍らしく動揺が表現できるかな?とか、
上手い人はそんな必要もなくて、身体に染み付いているんだと思う。

本当に観に行ってよかったけど、ちょっと落ち込んだなぁ(笑)


では、明日の三話、お楽しみください!

コメント (10)