遊歩のリュックと登山靴

日常の近場の山歩きから縦走登山、「らくらく山歩会」の毎月の例会登山の
山行記。豊かな自然を愛し、大切に守っていきたい。

足慣らしの積り? 明神山(播磨富士)667.9m登山

2017-03-05 20:53:40 | 日記
 平成29年3月5日
  

登山口から Cコースで山頂へ  AコースからA-uコース経由で下山
登山口(夢やかた)10:10  コースタイム表示の看板 10:15  Cコース観音岩 10:32
地蔵岩 11:20   八丁坂 11:40  山頂着 11:50



5日の日曜日、久々の晴れマーク。ならば雪山の大山登山と決めたところが「申し訳ない!都合がつかなくなり参加できない」とのメンバーからの電話に、他のメンバーも「皆揃える日にしよー」と急遽予定を変更。

 決まった山が「播磨の名山」明神山。と言うのも、私たち夫婦が冬場の山登りで毎年通っているけど、今年は大雪のため鳥取(琴浦町)から脱出出来ず、今年は未だ登らず仕舞いだった。らくらく山歩会の例会登山でも数年前に登っているけど、小谷さん、竹田さんは始めての山なので「ラッキー」と愉しそう。明神山は急峻な岩場がいくつも有り、低山ながらコース的にはかなりのハード。
今日は、その中でも一番の難コースのCコースで登り、A~Auコースで下山した


 夢やかたの駐車場の真正面が山頂 10:00         大きな看板は「播磨富士」10:13
 

 A.B.Cコースの分岐の表示のある登山道 10:15        迷わず「中級車向き」のCコースを選ぶ 

 木段を越えたら雑木の林をだらだらと登る       こんな道でも鈍った身体には結構堪えます 

 いよいよ岩場の始まりです 10:25              今度は直登です 

 岩と岩との狭~い所、無事に通過できるかな? 10:30     やれやれ 通過しましたよ
 

 ここからの眺めは最高!合掌岩           馬酔木(アセビ)の花もそろそろ咲きだしました 10:40
   

 ここは難所のクジラの背?  10:50             かなりの長さで続きます 

 難所を過ぎたら丁度日お休みの休憩所が         休んだらまた岩登り開始 11:12
   

 中級者以上の表示に納得  かなりやばい岩場        これは根性ツバキ 赤い椿の花が見下ろしていた
 

 地蔵岩を越えたら急な坂を下り  11:20           樫や椿のハヤシを何回も上り下りの繰り返し
 

 ここが八丁坂 11:10                       ここからが、更に急な岩場 

 明神山最大の難所の看板                   いったい斜度は何度くらい?
  

 なんとも難解な不思議な9合目の看板 11:46       たった4分間で山頂到着 11:50     

 本日の明神山登山参加者 さすがですコースタイム丁度の1時間40分で登頂  そしてこの満足な表情!


 オマケに下りの紹介です  Aコース →  A-u →  夢やかた駐車場
              12:40   13:35   14:20

 山頂直下                      落葉の中に隠れた登山道  

 A-uコースも奇岩だらけ               花粉症なの? 

 倒木で作られた休憩用のベンチ           振り向けば、明神山山頂があんなに遠くなった
  

 下山は愉しいことだらけ              こんにちわ~!
 

 見上げた先に見えるのは・・・・・         一輪の椿の花
  

 脚が震えた岩場越え                落ちそうな岩の下を通過    

 これは大発見! 猪に起こされたタケノコ       駐車場脇の山羊(夢太郎)幸子さん大感激でした
 

 下山してみれば「今日も最高の山歩き」でした    お疲れ様  

次の山旅へつづく 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« らくらく山歩会   2月例会... | トップ | らくらく山歩会   3月例会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。