雷ブログ

落雷抑制システムが運営するブログ

霊とエネルギー

2011年09月30日 08時41分03秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

息子が小学生の頃、お化け、霊等の怪談にはまっていた事があり、その時にエネルギー問題として考えるようにヒントを与えたことがあります。「変な音が聞こえる」「位牌がガタガタ震えた」、それらは音エネルギーと振動という運動エネルギーで、どこからそのエネルギーが来るのかということです。エネルギーがなければそれらの事象は発生しないし、世界中の国で霊界からエネルギーを回収・利用している例などないということです。

私も毎朝/毎晩、仏壇には手を合わせていますが、亡くなった両親への感謝の気持ちと「霊」なるものが存在して何かを作用すると言う話しは全く別の話しと思っています。とはいうものの、私も説明が付けられない不思議体験はありまして、グレーの部分も沢山残ってはいますが。。。

娘さんを除霊するとかで死なせてしまった事件が起きました。異変を起こした我が子を何とか元に戻したいと言う親の気持ちも十分に分かりますが、ちょっと方向がずれていたようでお気の毒です。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊とUFO

2011年09月29日 13時50分17秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

先日の続きになりますが、元航空自衛隊空将の佐藤守さんは、昨年、面白い本を出されています。「実録 自衛隊パイロット達が遭遇した UFO」講談社 です。3800時間の総飛行時間の中でご自身がUFOに間違えられた飛行体験や、パイロット仲間、部下のUFOとの遭遇体験を語られています。

UFOとの遭遇はただ単に飛行物体を見たと言うだけでなく、UFO目撃にオカルト的な事象や精神世界の話しまで付随していて、それ故、UFO目撃をまともに報告すると航空自衛隊でも「オカシナヤツ」扱いになり、目撃しても口をつぐむようになるとのこと。
日本航空でも、目撃を強く主張したために地上職に降ろされてしまったパイロットもいるそうで、社内的にはうかつに報告できない雰囲気ができ上がってしまっているとのことです。

不思議なことは、身の回りにはいくつもあります。しかし、従来通りの「定説」「常識」の枠を超えることを忌み嫌う人もいます。その辺りのバランスん取り方も難しいところです。鳩山夫人くらいになれば恐いものなしで何でも言えますがね。。。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

マッサージ

2011年09月28日 11時11分54秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

先日、大阪へ出張した際にホテルでのマッサージは、50分2900円でした。言葉の通じない中国人のお兄さんが黙々とマッサージしてくれました。普通は5000円位ではないでしょうか? デフレのせいでしょうか?

マッサージは好きなのですが、いつも言われるのが「凝っていますね。ガチガチですね」です。しかし、私は、この言葉を信用しません。いつもそう言われるので一度実験したことがあります。あるお店(A)でマッサージを受けて、「これでずいぶん良くなりましたよ」といわれた後、3分後に直ぐ近所のマッサージ(B)へと行きました。そこで言われたのはやはり、「お客さん、凝っていますね!」。1週間後に順番を変えて最初にBへ、また、3分後にAに行きました。結果は同じでした。それで、これはいわば挨拶なのだと思いました。

いわゆる心理セラピーで、始まる前に「凝っていますね」。終わった後に「これで良くなりましたよ」。これを1セットで言われるとひどかった肩こりも治ったような気になるというものです。あるいは、私はマッサージが終わって3分すると直ぐにガチガチになってしまう「速硬性」なのかもしれません。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

横浜ノスタルジア

2011年09月27日 08時27分01秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

弊社の近所に横浜開港資料館があります。横浜港開港当時の歴史を紹介している常設展示に加え、期間限定で特設展示があります。今は10月23日まで「横浜ノスタルジア」と題した写真展が開催されています。昭和30年代の、日本が東京オリンピックで大きく発展する前の時代に横浜市内で撮影された広瀬始親さんの写真展です。

男の子が棒を振り回したチャンバラ、フラフープで遊ぶ女の子、米軍のカマボコ兵舎【横浜には昔、沢山ありました。今見ると粗末な宿舎ですが、昔はこれがまぶしく見えました】、三渓園での潮干狩りなど遠い記憶に何となく覚えがある懐かしい写真が展示されています。入館料は200円。昼食の後、展示室でしばしノスタルジア、こういう時だけは横浜の中心部の良さを感じます。

この開港資料館から徒歩2分のみなとみらい線「日本大通り駅」3番出口にあります「横浜都市発展記念館」では、同じく昭和30年頃の横浜ですが。「クルマのある風景」というテーマで、車が憧れの存在であった時代の懐かしい車の写真も展示されています。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

元自衛隊将官の著作

2011年09月26日 08時38分06秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

自衛隊と言えば、元ヒゲの隊長こと佐藤まさひさ参議院議員や田母神元幕僚長が有名ですが、このところ自衛隊出身の方の著作が目に付きます。佐藤守(元空将)さんの「日本の空を誰が守るのか」双葉新書や池田整治(元陸将補)さんの「マインドコントロール」ビジネス社、「原発と陰謀」朝日メディアインターナショナルなどです。

お二人とも空将、陸将補と言う責任ある地位で活躍された方ですから、自衛隊での体験、自衛隊の実情を広く知らしめていただくのは良い事です。池田さんの「マインドコントロール」「原発と陰謀」は、「そこまで言っていいの?」と思う所も多少ありますが、99%以上、共感できる内容です。

今までにも元将官クラスの方の講演会は何回も聞きましたが、ほとんどが大企業【防衛産業】に天下った方たちで、今度は大企業での肩書がありますから、当然、発言は慎重の上にも慎重、それでなくても「自縄自縛」気味の自衛隊ですから、面白い内容など無い場合が多かったのですが、そういうしがらみを離れた自分の思い、長年の信念はインパクトがあります。

こういう動きは、田母神さんが影響しているかもしれません。私も田母神応援団の一員と勝手に思っていまして、田母神さんの著作は正直、どれも同じ内容なのですが新刊が出る度に田母神さんをサポートする意味で購入しています。この他、帝京大学教授の志方俊之(元陸将)さんなど、自衛隊出身の方の専門知識の奥の深さの一片でも学べる機会が増えることはありがたい事です。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

甘味料 ソルビトール

2011年09月22日 08時20分25秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

今朝の日経産業新聞の一面の記事です。大日本住友製薬が糖尿病に伴う神経障害に効く新薬の臨床試験を始めるとのことです。この薬は、糖尿病による手足のしびれや痛みに効果があるそうです。

ここでビックリしたのが、その神経障害の発症メカニズムです。血液中のブドウ糖が健康な人は解糖されて「ソルビトール」の生成が少ないが、糖尿病ではARと言う酵素により、ソルビトールが増えて、これが細胞内の圧力を上昇させて神経障害が発生するとのことです。新薬は、ARと呼ばれる酵素の発生を抑制し、その結果、ソルビトールが少なくなり神経障害が改善されるそうです。

何故、ビックリなのか? ソルビトールって甘味材で普通の菓子パンだとか、清涼感を伴うと言う事で普通に使われている食品添加物です。そのまま食品として摂取した場合と体の中で生成されたものは異なるかもしれませんが、細胞の内圧を上げて神経障害を起こすようなものを好んで摂取することはありませんね。。。幸い糖尿病でもありませんが。。。

ソルビン酸は、保存料で余り摂取しない方が良いとは知っていましたが、ソルビトール(ソルビット)はただの甘味料としか知りませんでしたので、今朝の新聞を見て「エッ! お前も悪者だったの?」と裏切られた印象です。食品に表示されている原材料名でソルビトールが「敵」とは思わなかったのですが、これからは注意しようと思います。


〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

台風15号

2011年09月21日 11時16分39秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

ここ横浜でも、台風のせいか時折、消防ホースによる散水のような勢いで大粒の雨が落ちてきています。横浜にも9時に「大雨・洪水・暴風・波浪」の警報が出ました。 弊社は、意気地なしのようですが「警報」が出た場合には状況を見て業務を中止することにしました。

前回、3/11の地震の時は、電車が止まったことも知らずに呑気に夜まで仕事をし、外に出て「何でこんなに人が多いの?」驚きました。それに懲りて、今日は夕方遅くなる前に家に帰ろうかと思います。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

トリウム熔融塩炉

2011年09月20日 12時13分44秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

東京都副知事の猪瀬さんが東京に天然ガスの発電所を作る計画を発表されました。電気の地産地消というアイデアは今後も大きくなっていくでしょうね。東京のゴミ処理も一か所が犠牲になるのではなく、各区に於いて自分の責任で処理するというのが普通になった様に、原発を青森、新潟、福島に押しつけるという事は許されなくなるでしょう。東京で自ら電気を確保するというのはただただ原発反対と言っているより具体的な解決を提示するという点で猪瀬さんはいつもながら見事です。

しかし、現実問題としては東京都のように海に臨む広大な敷地を利用できる地方自治体ばかりではありません。狭い場所で大きな出力を天気に左右されずに安定的に確保できる。。。それにはトリウム熔塩炉しかありません。昨日、原発反対のデモがあったそうで落合恵子さんが「廃棄物を処理する手段がない人間が原発を扱うべきでない」というような発言をされていました。ごもっともなご意見です。

しかし、原子炉は元々、核兵器を作るのにウラン濃縮は大変であるが、プルトニウムであれば簡単に製造できるということで、プルトニウムを作るために作られました。必要としない人からは廃棄物と呼ばれますが、核兵器を作りたい人にはお宝であるのがプルトニウムです。これが日本には既に数千トンも貯まってしまいました。

トリウム熔塩炉が原発の技術から忘れさられたのは、核兵器の増産に励んだ冷戦下にあってはトリウム熔塩炉は、プルトニウムを作れない「役立たず」であったからで、今となってはプルトニウムを作らない「平和な原子炉」であったからです。プルトニウムを副産物として生成しない、小さな面積で間に合う、貯まってしまったプルトニウムの処理もできる。 という点で、原発反対と叫ぶ「原発」からはトリウム熔塩炉を除いて欲しいです。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

デジタルサイネージ

2011年09月19日 10時02分35秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

今朝は、弊社のあります横浜山下公園付近はトライアスロンの大会で道路は規制され、たくさんの応援の人で混雑しています。明日からは台風の影響があるとのことですが、今日は天気が良くて良かったですね。

先週、大阪でのICTフォーラムに参加してきましたが、いわば業界のお祭りです。ダンスの曲を奏でる人達ばかりで、実際にダンスをする人は少ないと言う印象でした。出展している会社は沢山の説明員を配置し、会場は説明員で埋まっていました。ここにいる説明員の給料だけで何億円になるのか?などと余計なこことを考えていましたが、歩かずにジット立ったままの2日間は年々辛くなります。

収穫は、デジタルサイネージでした。どちらの会社も展示会で使う事が多くなってきましたが、そのソフトの話しを聞いてみますとパワポのアニメを使うよりも簡単そうで、機能も多く、そのままインターネットで見せることも可能とのことで弊社でも取り入れようかと思います。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

「ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く」 生田哲 講談社+α新書

2011年09月16日 19時55分56秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

ただいま、大阪から会社に戻りました。3泊の出張は替の衣服がかさばります。大阪も暑かったです。

私、サプリが大好きで、何となく実践していたビタミンCの摂取について、メガ(大量の)・ドース(摂取)を勧めている生田先生の説に共感するところが大です。乳酸菌やビタミンCについては、効能説が時折現れ、乳酸菌研究の世界ではこれを「メチニコフの亡霊が現れた」ということを聞いたことがあります。メチニコフ博士はヨーグルトを世界に広め、乳酸菌を研究していた免疫学の先生です。

ビタミンCの風邪への効果は医学界では完全に否定されているそうですが、生田先生によると、この元になったチャルマース論文がそもそも誤りであるとの見解でビタミンCの大量摂取で改善されている例が多数あるとのことです。この辺り、従来の理論では落雷を防ぐことなどできないと言う通説に立ち向かっている私と共通する所があり、常識というか通説にとらわれない生田先生を応援したくなります。

単に高価なオシッコを作るだけの結果になるかもしれませんが、水溶性で副作用もなく、価格もビタミンB系に比べれば廉価なビタミンCを今よりもさらに大量に摂取することをしてみようと思います。この7-8年、私は風邪一つ引いたことがありません【単なるXXかもしれませんが】。 これがビタミンCの作用かどうかは分かりませんが、そう言われれば効いているような気がしてこの本を読んでみました。読み終わって満足感が残ります。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

再生可能エネルギー装置のメーカー

2011年09月15日 06時39分49秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

WEDGE 9月号に富士常葉大学教授である山本隆三さんの「再生可能エネルギーに頼れない理由」の一部を紹介します。

ドイツで電力の買い取り制度、フィードインタリフ(FIT)が始まった2000年、その頃の太陽電池メーカとしては世界一であったドイツのQセルズ社は、この10年間で世界第7位に後退し、この10年間で欧州で太陽光パネルを売りまくったのは中国のサンテック社で、今やシェアは世界一位。

風力発電でも世界1位で世界の3割のシェアを持っていたベスタス社(デンマーク)もシェアを15%以下に落とし、台頭したのは中国のシノベル社。

単にエネルギーの供給だけでなく、再生可能エネルギー関連の製造業の成長を期待してFITを始めたが、この市場で伸びたのは中国と台湾のメーカ。欧州では製造の競争力を無くしたQセルズ社はマレーシア、ベスタス社は中国での製造を始め、欧州での雇用には効果は出ていないとのこと。

日本中の耕作放棄地に太陽光パネルを敷き詰める計画があるそうですが、ここに敷き詰める太陽光パネルは中国製、風力発電も中国製になるのでしょうね。。。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

毎日新聞の広告

2011年09月13日 09時47分14秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

今日は午後から大坂に向かい、水曜/木曜は「マイドームおおさか」で開催されるICTフォーラムに出展します。弊社代理店グループの「大明」様のブースです。関西方面の方で、PDCEの実物をご覧になりたい方は是非お越しください。金曜日には情報通信協議会主催の技術セミナーでPDCE避雷針の話しをさせていただく予定です。

今年も雷が多かったせいか、本日の毎日新聞の広告をご覧になり、PDCE避雷針を付けたいという電話が朝から殺到していますが、申し訳ない事に個人のお客様には、重量的にも価格的にも、個人の住宅用としては重すぎるというお答しかできません。

昨年3月から営業を開始しましたが、それから1年半を経過し、ホームページへの訪問者数や展示会での説明など1万人以上の方にPDCE避雷針の存在を知っていただき、落雷でお困りの方が多いことを実感しています。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

NHK「アメリカからみた福島原発事故」

2011年09月12日 08時40分40秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

昨日のNHK教育「アメリカからみた福島原発事故」は、素晴らしい番組でした。こういう内容であれば、受信料は2-3倍払っても良いとさえ思いました。アメリカで原子力の安全対策に携わった方々へのインタビューでした。

今回福島で事故を起こした Mark I 型には、1980年位から安全性に問題が提起されていたということで、面白い発言が沢山ありまして、その一部を紹介します。

1.「アメリカでも Mark I は10基以上が使用されているが、中西部から東海岸にかけた北米でも地震の少ない地域で使用されている。日本のように地震の多いところで使うものじゃないですよ。。。」

2.「えっ! 非常用発電機2台が同じ場所に置いてあった! それでは非常用の意味がないですよ。」米国の某原発には3基の原子炉に対して8基の非常用発電装置がバラバラの場所に配置してあり、非常用バックアップには、そのような「多様性」が重要。

3.「設計したのはGEであるが、(売られた後は)電力会社の資産だから、改修も電力会社がすべきだ」元GE幹部

4.「事故シミュレーションの結果通りの事象が発生していて、お気の毒ではあるが、科学者としては非常に興味深い。」

Mark I と非常用発電の対策が事故の全てであったと結論付けるような内容でした。ここまでくると、地震/津波と言った天災ではなく本当は、人災であったことが明らかになってしまいます。だから単純に「原発反対」というよりは、本当は「古いMark I 反対」とすべきなのでしょうが、日本での体制の問題、副産物としてのプルトニウムの問題、燃料リサイクルの問題、放射性廃棄物の処理の問題などなども残っています。 Mark I に全ての原因を押し付けるだけであってはなりません。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

超高級ロボット その(2)

2011年09月10日 13時21分35秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

先日の「超高級ロボット」と題した記述に、人間の捉え方が単純すぎるとのお叱りを受けました。それには全く反論はありません。そのとおりです。ただ、短いブログの中で私の文才では及ばないだけです。

十分過ぎる社会性を持っていながら、辛いこと、苦しいこと、悲しいことなどの極限に達して社会性などぶっ飛んでしまうことはいくらでもあります。電車のドア付近で固まっていた「低級ロボット」君も本当は十分な社会性、協調性がありながら会社の上司に叱られた、恋人と喧嘩した、夫婦喧嘩があったなどで一時的な機能不全であったということも十分ありえます。

ロボットでもある動作へのフィードバック量が大きすぎると動作が収束しなくなってしまう事など普通にあります。感受性のレベルを自分で調節し、常に適切レベルに保っているつもりでいても、それが低すぎればは「ズボラ、いい加減,無神経」、高すぎれば「神経質、こまかい」などと、まあ、周囲の評価を気にしていたら気は休まりません。それらはほとんど無視して居直るのが一番楽ですね。 まあ、そこに到達するのにも時間はかかりましたが。。。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

落雷事故 その2

2011年09月08日 08時35分58秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

息子がお世話になっている学校で自動販売機数台が落雷で使用不能になったそうです。正確な台数、その他の被害については不明ですが、誘導雷の被害はしばしば選択的で不可解なことが多いのです。全ての電気器具ではなくて、選択的に破壊されます。

建物の中の電気配線はバス配線ですから、ここを伝わって来るサージは、全ての電気器具に同様に印加されているハズですが、壊れる器具と壊れない器具があります。電気器具により、その耐圧の差が10倍も100倍もあるのでしょうか?以前、イグノーベル賞の粘菌の話しを書きましたが、私は、サージの伝搬も粘菌が成育するのも同じ法則ではないかと思っています。すなわち、伸びることが無理な状態になると養分【電荷】の補給が止まり、伸びることのできるもののみが強く太くなるということです。先頭を進む斥候のような部分が、ある閾値以上のものには進まず、閾値が低い所、低い所とパスを伸ばした跡に本隊が通過して破壊されるのではないでしょうか?すなわち、弱い部分がやられるのです。

大気中の放電する経路にしても、大気中の「絶縁濃度」が一様でなく、その間をくぐり抜けるのであのようなギザギザになるのではないでしょうか?

人身の被害がなくて不幸中の幸いでした。落雷対策をしている私の家族が落雷被害に会ってしまったら笑い話どころではありません。という事で、以前、この学校にも落雷対策を「寄贈」に近い形で提案をしたのですが、残念ながら本当に痛い目に合わないうちは本気になれる人はあまりおりません。リスク対策をとるには、「想定」の幅を大きく広げる想像力が必要です。

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町24番地8
SOHOステーション703
株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加