雷ブログ

落雷抑制システムが運営するブログ

地方に行って知る東京の便利さ

2016年11月02日 13時32分06秒 | 雷日記
こんにちは、落雷抑制システムズの松本です。

都内でのお客様への訪問は電車と地下鉄ですが、横浜と都内では、電車を10分以上も待つことはなく、移動に関して何のストレスを感じることもありません。 ところが、昨日、名古屋駅からの関西本線(亀山方面)、朝の通勤/通学の時間帯は1時間に4本の電車が日中は1時間に1本で、降りた駅にはタクシーもいないと聞いて、食べる所もないであろうと駅弁を買っていったのは正解でした。 人気のない待合室でお昼に駅弁を食べ、タクシーを電話で読んでお客様の所に向かいました。 帰りの電車も1時間に1本で、帰り道も駅で30ほど待ちました。

交通の便の主役は、電車から車へと移行してしまっていて、道沿いにはコンビニ、スーパーなどはあり、車さえあれば、全く不自由はない事でしょう。 しかし、電車は1時間に1本なのです。 地方で車のない交通弱者となって思うのは、東京の便利さです。 東京の便利さこそが、本当は世界標準から突出していて、日本のように鉄道網が発達しているスイスからの人を案内してJRに乗ったときに、途中混雑のため到着が20秒遅れたとのアナウンスを聞いて「クレージ! 20秒遅れで謝るなんて、信じられない! スイスでは20分遅れても誰も気にしない」と驚いていました。

では、日本人の生活が全て「秒刻み」のような正確性や論理性を備えていおるかといえば、そのような事は少しもなく、ただただ、交通機関の正確性だけが並外れているのです。 普段、水や空気のように当たり前の存在のように思ってしまうのですが、たまたま、地方で交通弱者となり、東京の生活が並外れていることを再認識しました。

〒220-8144 神奈川県横浜市西区みなとみらい 2-2-1
横浜ランドマークタワー 44階 4406
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
http://blog.goo.ne.jp/img/static/admin/editor/btn-entry.gif
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« M&Aセミナー | トップ | PDCE避雷針の性能 »
最近の画像もっと見る

雷日記」カテゴリの最新記事