雷ブログ

落雷抑制システムが運営するブログ

お金より大事なのはアイデア

2017年09月04日 09時00分00秒 | 雷日記
こんにちは。落雷抑制の松本です。

お金を軽視するとお金は貯まらない。と、お金の大事さは承知しながらも、お金より大事なのはアイデアなのです。 お金は巷に有り余り、利子までマイナス金利となり、各企業には内部留保も増え、お金などいくらでもあるのが昨今の状況です。 しかし、お金があっても、無いのは「アイデア」なのです。お金からアイデアは生まれません。 最近、成長が著しい新興の企業、例えば アマゾン、グーグル、LINE、アップルなどの会社は、資金力は十二分にある大企業の間隙から生まれました。 資金力だけで、新しいビジネスは生まれないのです。 

企業は、内部留保の資金ばかり貯め込んだところで、新しいいビジネスの芽が出てくる訳ではありません。そういう意味で、大事なのはお金ではなくアイデアなのです。

現在の資本主義の中ではお金が第一で、財務報告も全てお金が基準です。 アイデアのような評価ができないものは、それがビジネスになってお金を生み出すまでは評価が難しい。 だからと言って、お金だけですべてを評価する現在のやりかたは、将来の大きな金の卵があっても何の評価も出来ません。 利益本位の財務会計など、昔ながらの会計制度を踏襲しているだけで、「ナンボのもんや?」と言いたいところですが、世の中はこれが主流なのです。

アイデアとはもちろん、人にあるものですが、人件費は会社の利益を圧迫する経費ですから、株主のために会社利益を優先させれば、人件費のような経費は抑えねばならない。 とすると、アイデアの主を冷遇し、これを評価しないで、株主が美味しい思いをするという構造では、会社の将来を決めるアイデアを持った社員が浮かばれません。 

人材という大事な経営資源よりも、株主様を優遇するのは如何なものでしょう。 会社の事業が、従業員一人一人の創造力よりも、単なる単純労働の労働者という時代であれば仕方ありませんが、そういう会社では未来へと長続きする事はないことでしょう。 昔から継続していることの全てが正しくはなく、時代に合わなくなってきているのです。

現在の資本主義は、お金を基本にしていますが、これが不十分であることは明白です。 この古い考えから脱皮しない限り明るい明日はありません。 弊社には、現在のPDCEだけでなく、この原理を展開したいくつもの特許があるのですが、これを製品として世に出し、それが認められるにはまだ、時間がかかりそうです。アイデアとしての存在だけでは評価されないのです。 世の中から評価などされなくても、と胸を張り続けるのは、相当の変わり者でなければ続けられません。

落雷抑制〒220-8144 神奈川県横浜市西区みなとみらい 2-2-1
横浜ランドマークタワー 44階 4406
落雷対策専門の株式会社落雷抑制システムズ
電話 045-264-4110
公式サイト http://www.rakurai-yokusei.jp/
Eメール info@rakurai-yokusei.jp
憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
http://blog.goo.ne.jp/img/static/admin/editor/btn-entry.g
の松本です。

この記事をはてなブックマークに追加