だだ、漏れ、くわばら、くわばら、

N.H.K
7時のニュースに、不満を持った後の番組。
「金曜イチから」
ネットで、すべて、ログインするものは、
匿名化はなく、すべて、突き止めることが出来る、という話。
ある意味、脅して、視聴率を稼ぐタイプの番組。

検索、購買履歴、位置情報、
業界団体の自主ルールに、任される。

国のガイドラインが規制する、と言ってますが、
ネットの世界ですからね、絶対はない、と思ったほうが良いです、よね。
確実に、特定されてます。情報漏洩もあり得ます。


以前、
地デジのキャンペーンの時に、
みんなが、踊らされて、アンテナ付けたり、
テレビを買い替えたり、
有料ケーブルに加入したり、
そんな時、よくわからなくて、
総務省の窓口に、問い合わせた。

その時に、
期間従業員の窓口の方から、正直な意見を言われた。

国の情報提供のあり方に、偏りがある、と。
つまり、地デジ景気を煽るような報道で、
事実は、詳しくは、相談窓口へ、みたいな逃げ方をしていると。

そこまで、聞き出して、先方も、とは言えと、
期間従業員は、
貴方の住所から、住んでるところの色、カタチまで、特定されて、
ロックオンしてますよ、と、釘を刺された。

こちらの感情としては、
国家から、脅された、だ。

ネットの世界、国の得ている情報。

監視カメラの怖れ以上に、
ネットを使う監視。

カード利用のプライバシーの管理。


利便性から逃げ、
プリミティブな生活を選べるか、どうか。

憶えていますか。
携帯電話が、普及したから、公衆電話が、亡くなったんじゃなくて、
公衆電話を、亡くして、携帯電話が普及したことを。

詳しくないのですが、
大手携帯電話の窓口で、言われたのは、
古いネット回線を、工事して、どんどん切って亡くして、
繋がりづらくして、新しい回線に促しているんだと。

公衆電話を、亡くして、
携帯電話に、促した同じ手法だ。


利便性は、求めるものだ。
イノベーションが、未来の経済と社会を開く、と言って、
経済発展を煽る人々がいる。

しかし、
停滞の中で、愉快に、生きていく、すべを、
提案してくれないものだろうか。

それが、文化というもの、だと思うんですが。

文化では、飯が食えないと、彼らは、言う。
彼らとは、経済界であり、政界である。

イザナギ景気以上って、
実感がないものとしては、
政治などでなく、経済などでもなく、
そんな頼りない分野でなく、愉快を求めたい。
政治や、経済、に、期待できないから。

所詮、贅沢は、もちろん、
欲しいものさえ、必要なものさえ、控える毎日なら、
カネのかからぬ愉快な文化と過ごしたい。

最近、図書館で借りた本を読んでいる人を、
電車の中で、良く見掛けるようになった。

そんなとこから、初めてみますか。

新刊だって、ネットで予約できるし、
結局、ネットに、戻ってしまうのか……
くわばら、くわばら、

呑気(のんき)なことを言ってます、
なにより、このブログです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 本心のところ... 手の上のレシ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。