スローガン、という、危ない武器。全米ライフル協会も、仰天。未来は、閉じている。「 開け、未来(5)」


もう、政(まつりごと)を語っても、
検索して、貼り付けたり、と、

毎日の憂さ(うさ)は、こんなことでは、到底、晴れはしない。

具体的な処方箋の話をしないと、
愚痴ばっかりじゃ、憂さは、晴れない。


明日が、見えないなら、
くだらないことを、刹那的に、過ごした方が、いい。

車内を、見わたせば、スマホで、ゲーム、
ラインで、刹那、刹那に、つながる、きずな。

その、刹那、が、また、虚しい。

と、言って、
また、愚痴となる。


マスコミで、発言している、いろんな党の議員さん。
党首、代表から、皆さん、
自分に、都合の良いような、意見ばかりが、届いてくる。
マスコミの取材で、喜んで、発言してる、議員の方々。

目の前のコト、過ぎませんか。
自分のコトばかり、じゃありませんか、言ってるコトが。

議員の皆さん、
未来は、未だ、来ない、今だとしたら、
自分の想像力が、どこまで、先を、考えるかではないのでしょうか。

自分の人生、生きてる間の、目先の、未だ、来ない、今しか考えられずに、
右往左往する皆さんに、誰が、信頼を寄せるんでしょうか。

貴方たちより、長く生きてる人たちには、見透かされ、
貴方たちに、これから近づく人たちには、見放される。

と、言ったら、嘘になりますか、
勝ち組の議員の、皆さん、には。

結果を、みれば、わかるでしょ、
票を集めたんだ、信任を、得たんだって、おっしゃりますか。

実際に、若い票が、集まったと聞いてます。


現在進行形の、世襲議員さんも、そうじゃない、議員の皆さんも、
勝ったからって、言っても、
未だ、来ない、今への想像力が、
自分のこと、我欲にしか、映らない、です。

すでに、未来は、閉じている。

結局は、愚痴になるんだ。



処方箋、そう、処方箋、です。


「開け、未来」とは、取扱いが危険な、スローガン、です。

まともに、「開け、未来」というひとは、
このスローガンが、もっとも、危ない武器だと、知っているでしょう。


☆『開け、未来』という、
スローガンを、嘘臭くなく、かかげることは、途方もなく、難しいことだ、と思います。

イメージや、音楽や、オカルトじゃなく、

この国の処方箋として、
具体的に、未来をえがいてくれる、ひともいます。
その話に、共感する部分もありますが、
実現可能なリアリティが、もうひとつ、自分には、つかめない。
そんな未来にするには、
乗り越えなければならない、大きな山があること、を感じます。

もう少し、具体的なプロセス、リアリティを感じたら、
その話もしてみたい、です。

危ない武器、と、なるんでしょう、か。
いまの体制にとっては。

この国柄に、合うかどうか、も、あるでしょう。
時間も、かかるんじゃないでしょうか。
生きているうちに、カタチとなるのでしょうか。

所詮、付け焼き刃、
詳しくは、わからないです。知って、わかろうと思います、が。
知れば、知るほど、絶望に、近づくかも知れません………

米国は、この武器の使用を、どのように、捉えていたのだろうか。


未来は、未だ、来ない、今だとしたら、
自分の想像力が、どこまで、先を、考えるかではないのでしょうか。

とは、いうものの、
いちばん、先が、明るくも、なにも、見えないのが、
この、自分、かもしれない。


どうも、お退屈さまでした。




安倍総理大臣は、
国会で第98代の総理大臣に選出されたのを受け、
すべての閣僚を再任する組閣人事を行い、
1日夜、第4次安倍内閣が正式に発足しました。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スローガン、という、危ない武器。全米ライフル協会も、仰天。未来は、閉じている。「 開け、未来(4))」

◎『国難突破解散』

9月28日午後、衆議院が解散された。
解散後の臨時閣議で「10月10日公示、22日投票」

衆院選は安倍首相が「アベノミクス解散」と銘打って実行した
2014年12月14日以来、約3年ぶり。



★国難のなか、米国大統領と、ゴルフを決行予定。
国難突破のための、芝刈り。

ゴルフ場の警備費に、いくらかけるのか。
外交のコストとしては、見晴らしが良い分、ゴルフ場は、
警備が、楽なんですか。専門的なことは、判らないですが。
そんな細かいところが、気になります。

お爺さんは、芝刈りに、を重視する、国難突破対策ですか。

お婆さんは、川に洗濯に行かないと、桃太郎には、出会えない。
名誉校長や、名誉園長の「立ち位置」では、桃は、流れて来ないです。
きび団子って、エンジェルマークが、付いてましたか。

鬼退治の準備ですか。
誰が鬼の役なのですか ?


トランプさんは、何役ですか。
ロイヤルストレートフラッシュ !
驚く役が、飛び出しますか。

それが、正しい、カードの切り方ですか。

実は、鬼 ?、実は、ジョーカー ?

言いなりは、イヤですが、
「 鬼◯米◯ 」は、むかしの話ですが、
負けてますからね。
気を付けながら、付き合って欲しいです。


どれが、なにで、なにが、どれか、
整理ができなく、
カードあわせが、上手く、できません。
もう、神経衰弱、おてあげ、です。

ジョーカーの役割の、ゲームによって、違います。
どのゲームで、どのルールで、進めるのでしょうか。


☆『国難突破解散』という、
スローガンは、国難って、ひとを脅して、不安にさせて、
北朝鮮のおかげで、大勝しましたって、
ずいぶんと、正直で、阿漕(あこぎ)な、
危ない武器、だった。
米国は、この武器の使用を、どのように、捉えていたのだろうか。


阿漕(あそう)さんのために、
阿漕(あこぎ)の読み方(よみかた)と意味(いみ)の説明(せつめい)をつけてみました。

あこぎ【×阿×漕】

[名・形動]
《禁漁地である阿漕ヶ浦で、ある漁師がたびたび密漁をして捕らえられたという伝説から》
1 しつこく、ずうずうしいこと。義理人情に欠けあくどいこと。
特に、無慈悲に金品をむさぼること。また、そのさま。
「阿漕な商売」「阿漕なまねをする」
2 たび重なること。
「阿漕のあまの―にも過ぎにし方を思ひ出でて」〈浄・丹波与作〉
(デジタル大辞林)

ずいぶん、破廉恥で、阿漕なやり方かも知れませんが、
おかげさまで、自分も勉強になりました。

このブログのタイトル、
『スローガン、という、危ない武器。全米ライフル協会も、仰天。
未来は、閉じている。「 開け、未来 」』

も、阿漕なやり方、でしょうか……
というより、つまりましょうか ?

ツマラナイ。
自分で、自分を、叱っておきます。

こんな話じゃ、酒のつまみにも、なりません、ね、
のめる、とは……なりましょうか。

ならない、
残念にて、失礼、をば、
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スローガン、という、危ない武器。全米ライフル協会も、仰天。未来は、閉じている。「 開け、未来(3)」

◎『仕事人内閣』

2017年8月 3日、
政権の信頼を回復するため、新内閣を「結果本位の仕事人内閣」と名付け、
経済最優先で政策を推進していく考えを示した。


「命名したのも首相だった。本当に(解散を)決めるのであればそういう要素も考慮すると思う」。
林芳正文部科学相は19日の会見で、改造内閣の評価を問われて戸惑いを隠さなかった。

林氏とともに学校法人「加計(かけ)学園」問題の関係閣僚である
梶山弘志地方創生担当相は「結果はまだ出ていないが、今ある仕事をしっかりこなす」
と本音を口にした。
( 毎日新聞2017年9月19日 23時17分 最終更新 9月20日 10時34分 )



★仕事をしないで、解散って、

解散をして、税金を使って、選挙をして、
国会も開かないって。

会社員は、そんなことならって、
税金、払わないぞ、って、言えないんですよ、
税務署は、おそろしいところです。

ヘブンなんて、ありません。

国会も開いて、議論をしないと、一億総活躍社会、仕事人、
これらのスローガンと、辻褄が合わないんじゃないでしょうか。


☆『仕事人内閣』という、
スローガンは、お題目を、かかげただけで、

政権の信頼を回復するため ?
経済最優先で政策を推進していく考えで ?

「仕事もしないで」、税金を使っての解散選挙で、消えてしまった、
危ない武器、だった。過去形には、出来ないですね。現在進行形、これからなんでしょうか。

米国は、この武器の使用を、どのように、捉えているのだろうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スローガン、という、危ない武器。全米ライフル協会も、仰天。未来は、閉じている。「 開け、未来(2)」

◎『戦後レジームからの脱却』

2009年06月12日
私(安倍さん)は平成19年1月の内閣総理大臣施政方針演説で
「戦後レジーム」からの脱却を宣言しました。

憲法を頂点とした行政システム、
教育、経済、雇用、国と地方の関係、外交・安全保障などの基本的枠組みの多くが、
21世紀の時代の大きな変化についていけなくなっていることは、もはや明らかです。
戦後レジームからの脱却を成し遂げるためには憲法改正が不可欠です。



★一貫性が、見受けられますが、
憲法を、21世紀の時代の大きな変化についていけなくなっていることは、もはや明らかです。
と、言って、憲法改正を、真正面から、手続きをしようと試みるも、
容易に出来ないとみると、解釈変更という、お手軽で、荒技な手法に、変えてきた。
ずいぶん、身勝手な工夫をなさりました、ね。

「美しい国、日本」から「ズルガシコイ国、ニッポン」に。

憲法解釈を変えることで、解釈を変えることで、コトバのとらえ方を変えることで、
主観的な解釈を変えるだけで、
オレが、そう、解釈したから、そうなんだ、って、
レジームの脱却が、出来るんですね。


「美しい」というコトバは、どういう意味で、
解釈すれば良いのでしょうか。


広辞苑 7版 には、
「ブラック企業」「上から目線」「がっつり」「立ち位置」
「名ばかり」「無茶振り」「万人受け」という、
右往左往な政治家向けと思われる言葉などが、
新しい項目として、選ばれました。
「憲法解釈」、もしくは、「解釈」の広辞苑の新しい解釈を、知りたいものです。


自分の勝手な解釈だけでは、もちろん、自分の労働賃金は、上がらないし、
安倍さんのいう、全世代型の社会保障で、安心して、毎日、送れるのでしょうか。


「勝手な解釈変更」という屁理屈で、よのなか、泳いで行け、ってなったら、
この国は、ずいぶんと、「身勝手」が、幅を利かせ、わがまま顔が跋扈(ばっこ)する、
国に、突き進んで行くことになるんでしょう、ね。
もうすでに、現在進行形です、か。



☆『戦後レジームからの脱却』という、
スローガンは、身勝手な、解釈変更で、正しい手続きを、とらない、
危ない武器、だった。
米国は、この武器の使用を、どのように、捉えていたのだろうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スローガン、という、危ない武器。全米ライフル協会も、仰天。未来は、閉じている。「 開け、未来 (1)」

「東京新聞」(2017年10月10日、夕刊、3ページ)の
安倍党首、の、党首第一声、から、
全文、抜粋、させて頂きます。

「東日本大震災の時、民主党政権下でなかなか復興が進まず、1日も早く政権を奪取すべきだった。この原点を忘れてはならないという思いで、福島の地で選挙戦をスタートした。今回は、進んでいく少子化と、北朝鮮の脅威にいかに取り組んでいくかを決める選挙。北朝鮮の脅威に対抗するために国際社会でしっかり連携し、圧力をかけて政策を変えさせないといけない。消費税を、子どもたちの支援、子育て世代への支援に使っていく。全世代型の社会保障に変える。未来を切り開くのはブームやスローガンではない。(福島市で)

「未来を切り開くのはブームやスローガンではない。」


◎『美しい国、日本』

2006年7月、
小泉内閣でポスト小泉さんと目され、
内閣官房長官を務めていた安倍晋三さんは、
同年9月20日に予定されていた自由民主党総裁選挙への準備運動として、
『美しい国へ』を文藝春秋から出版しました。

★(もちろん、読んでません。自分の勝手な解釈で、発言します。)

日本国内における売り上げは50万部を超えた。

★これは、ちょっとしたブームですね。
それで、未来を切り開くことが出来なかったんだ、ね。

また、安倍さんは9月1日に総裁選挙への出馬を正式に立候補する際にも、
「美しい国、日本。」と題した政権構想のパンフレットを発表し、
同党所属の国会議員に配布すると共に、一般国民に対しても広く公開した。

安倍さんは、総裁に選出され、
首相に就任後は自身の基本理念を指す用語として
「美しい国」を使用したが、
2007年7月の第21回参議院議員通常選挙敗北後は、
使用を控えるようになり、
参議院選挙後初の国会でもほとんど使用しなかった。

首相辞任後は、『美しい国へ』の書籍の売れ行きもほとんどストップしている。

「『美しい国づくり』プロジェクト」を提唱し、
内閣官房に「『美しい国づくり』推進室」を設置した。

さらに、有識者を集めた「『美しい国づくり』企画会議」を設置し、
座長には平山郁夫さん、座長代理には山内昌之さんが就任した。

企画会議は2007年4月3日および5月30日の2回討議を行ったのみ、
安倍内閣の総辞職が予想されたため、
安倍さんの指示を待たず同年9月21日付で自主的に解散し、
プロジェクトは終了した。

会議開催や事務所設置などで費やされた経費は4900万円であった。

後任の内閣総理大臣である福田康夫さんは、
経費について質問され「会議をやっただけでそれだけというのはちょっと高すぎる。
高すぎるということは無駄だということだ」と指摘した。

★福田さんには、今の情勢を、どう、客観的に、ミエテマスカ。
是非とも、ご意見を承りたい。

「他人事のようにというふうにあなたはおっしゃったけれども、
私は自分自身を客観的に見ることはできるんです。
あなたと違うんです。
そういうことも併せ考えていただきたいと思います。」
(2008年9月1日 退陣、出典:福田内閣総理大臣記者会見)

☆『美しい国、日本』という、
スローガンは、身にならない、税金だけを食い、印税を貯めた、
危ない武器、だった。
米国は、この武器の使用を、どのように、捉えていたのだろうか。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祭りの後は、冷たい雨が降る。

祭りは、終わった。

祭りの後は、淋しいものだ。

今日も、冷たい雨が降る。


♫ 天気が良ければ晴れだろう。
天気が悪けりゃ雨だろう。
雨が降ろうと、風が吹こうと 東京ボーイズ 朗らかに〜

いまに、よのなか、には、
朗らか、に〜、だよ。


やっぱ、違うなぁ、

♫ たまらん、たまらん、たまら〜んぜ、
たまらん、こけたら、みな、こ〜けた、
たま、たまらん、たま、たまらん。


たまりませんなぁ。
たまりませんかぁ。
たまりません、こりゃ、たまらん、なぁ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

決めて、守らないルール。決められて、守らせられるルール。

「決めて、守らないルール」。

問題になっていて、説明すると宣言して、説明しない。
国民を、愚弄し、嘲笑する、党首がいる。

「決められて、守らせられるルール」。

この決めごとで、
過半数を、取っちゃって、

過半数を取ったから、だからね、
状況に合わせて、財源の使い途も変えますよ、と。

全世代型の社会保障に変える、っていうのも、
何を、具体的に、守ってくれることやら、どうなのか。

その約束を、守るために、消費税で足らないからと、増税を、とか。

この財源では、足らないから、まず、出来ることから、とか。
全世代型は、がたがた、と、なし崩し型。

防衛費、必要ですよね、と。

防衛費こそ、全世代型ですよ、ね、と。

結局、
働くひとの、賃金アップ、どうしてくれるの。


決まったら最後、過半数を取れば、
怪獣は、首につけられた鎖を引きちぎり、
嘘だ、もう、鎖は、引きちぎられている。

暴走ぶりは、もうすでに、知っているはず。

する約束の説明もしない。

それでも、一票を投じる人がいる。
前回、同様、数の論理で、暴れまわることは、判っている事。

票を入れたにも関わらず、
後から、そんなはずじゃなかった、と、文句を言いだすから、
タチが悪いっていう、この国のヒトたち。


もう、数時間後に、結論は出る。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

記事は存在しませんでした

「しんぞうくん、の、問題です。(ちょっと、遅れてしまいましが)」
2017/10/15/8:54

というタイトルで、アップしようとしたブログが、

「記事は存在しませんでした」

と、表示されて、アップが出来なかったです。

それで、
「アップ出来るかな ? あべ党首、の、問題。」
「アップ出来るかな ? あべ党首、の、問題。その2」

の、ふたつに分けて、しんぞうくん、を、あべ党首、に変えて、
アップ出来ました。

それで、タイトルが、「アップ出来るかな ?」、なのです。

真に受けたら、

気持ち悪いことですし、
怖ろしいことなので、

機能的な不具合、と思いたい。

実際、タイトルを変えて、ふたつに分けて、
アップが、出来たのですから。

内容なんて、たいしたこと言ってないです。
たわいもないことです。

なにが、記事は存在しませんでした、だったのか。

「記事は存在しませんでした」で、終る、とっても愉快な現象です。

何が、原因なのか ?


寒い季節の、ちょっと、お寒い、お話でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日は、第24回最高裁判所裁判官国民審査の選挙日です。

明日、2017年(平成29年)10月22日(日)、
第48回衆院選は、ご存知だと思います。

明日の天候が、大きく荒れるという予報で、
投票の決死隊で望む勇気もないので、
本日、隣駅の期日前投票所に、行ってきました。

考えることは、皆さん、一緒なのでしょうか 、
投票所は、人で溢れ、選挙管理委員会の方々でしょうか、
オペレーションもままならぬ、ごった返しての投票所でした。

小雨が降りつつも、昨日、一昨日よりも、暖かく、
会場は、冷房が入った態勢です。

小選挙区、比例区は、
マスコミ各社が大きく報じで、理解もしている様ですが、
最高裁判所裁判官国民審査の投票は、
皆さん、どうされているのでしょうか。

私は、気を付けていたので、
今回も、投票価値不均等についてを、メインに判断し、
✖️を、つけてきました。

他にも、
夫婦同姓規定は合憲とした判決、18歳の少年への死刑判決、
知事による辺野古埋め立て承認取り消しを違法とした判決、

大きく判断を委ねる決定者の存在を、✖️で、意思表示ができる機会です。

よくわからない、で、
そのまま、白紙で、投票箱に、入れているとしたら、
それは、認める、ということになります。

せめて、✖️で、
意識を持って、意思を、はっきりさせた方がいいんじゃないか、と思いますが?


大きく荒れる、という予報は、当たるのでしょうか。
当たらずに、大きく荒れた、こころ、だけが、残るのでしょうか。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アップ出来るかな ? あべ党首、の、問題。その2

問3)
「今回は、進んでいく少子化と、
北朝鮮の脅威にいかに取り組んでいくかを決める選挙。」と、宣言してます。

ひとつは、
北朝鮮の脅威に対抗するために国際社会でしっかり連携し、
圧力をかけて政策を変えさせないといけない。と。

もうひとつは、
消費税を、子どもたちの支援、子育て世代への支援に使っていく。
全世代型の社会保障に変える。と。

そこで、問題です。

消費税の問題を、
「子どもたちの支援、子育て世代への支援に使っていく。
全世代型の社会保障に変える。」と、限っていますが、

以前は、消費税を上げるのに、北朝鮮の脅威に、社会保障に、
民意を問う、選挙、と、両方を、消費税に、かけていました。

しかし、この頃は、
社会保障だけに、
限定するような発言に、変わっていますが、
なにか、話し方を、変えたのに、考えがあるのでしょうか。

これは、単なる、読み違えで、
消費税は、両方に、かかっているのか、かかっていないのか、
こたえてください。

かかっている、と、こたえたひとは、
その理由を、こたえてください。

かかっていない、と、こたえたひとは、
その理由を、こたえてください。

問4)
「消費税を、子どもたちの支援、子育て世代への支援に使っていく。
全世代型の社会保障に変える。」

「消費税」を、「子どもたちの支援、子育て世代への支援に使っていく。」に、
限定したとして、じゃ、「全世代型の社会保障に変える。」とは、

『全世代型の社会保障』は、ありがたいのですが、
具体的に、どうすると、いうのでしょうか。
本当に、ありがたい、と思えることなのでしょうか、こたえてください。

※ 問3)の、「北朝鮮の脅威に対抗するために」が、
消費税に、かかったとしたら、
今回、消費税を、どう使うかの選択権をにぎり、
2年後、どうにでもできる、ような、
そんな、具体案のない、スローガンで、
解散して、選挙に、のぞんでいるのでしょうか。こたえてください。


問5)
「未来を切り開くのはブームやスローガンではない。」

あべ党首、は、「印象操作」という、
いちばんの “”印象操作“” がはたらく
「印象操作」というコトバを使っていた “”矛盾“” を、
理解していたのでしょうか。

そういう政治的な言葉を使う、あべ党首、は、
「ブームやスローガンではないと。」いうコトバに、
“” 矛盾 “” することなく、理解して使っている、と言えますか。

「ブームやスローガンではないと。」ということは、
“” すべてを、具体的に、説明して、実行していく “” ということじゃないですか。

あべ党首、は、
まずは、すべてを、具体的に、説明してくれていますか ?
こたえてください。


問6)
「北朝鮮の脅威に対抗するために国際社会でしっかり連携し、
圧力をかけて政策を変えさせないといけない。」

「国際社会でしっかり連携し」と言うことは、どういう事ですか ?
具体的に、こたえてください。

また、
「圧力をかけて政策を変えさせないといけない。」と言いますが、
「圧力をかけて政策をかえさせる」って、
あべ党首、が、考える、こたえの参考となる、
過去の具体的な成功例を、こたえてください。

"太平の眠りを覚ます上喜撰たった4杯で夜も眠れず"



「原点」という点は、何点かを、問われる、
福島市からの、しつこいくらい、多すぎる問題でした。



( オールジャパンという考え方も、
気をつけないと、いけないと、思いますが、
困っている状態を、他人ごとで、すましていることも、
気をつけないと、いけないこと、だと思われます。

困っているのは、自分で、他人のことなど、気にしてられない。
って、個人レベルでは、あります。
「手前ぇのアタマのハエも追えねぇくせに」と言うコトバもあります、が、

政権をにぎる、と言う代表党首には、言ってもらいたくは、ないと思います。)

ぜいたく、なこと、でしょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アップ出来るかな ? あべ党首、の、問題。

あべ党首、が、言うことが、なんか、
良くわからない、ところがある、ので、

あべ党首、の、気持ちになって、
わかりやすく、こたえてください。

まずは、
「とうきょうしんぶん」(2017年10月10日、ゆうかん、3ページ)の
あべ党首、の、とうしゅ第一声、から、
まんま、ぬきガキ、します。

「東日本大震災の時、民主党政権下でなかなか復興が進まず、1日も早く政権を奪取すべきだった。この原点を忘れてはならないという思いで、福島の地で選挙戦をスタートした。今回は、進んでいく少子化と、北朝鮮の脅威にいかに取り組んでいくかを決める選挙。北朝鮮の脅威に対抗するために国際社会でしっかり連携し、圧力をかけて政策を変えさせないといけない。消費税を、子どもたちの支援、子育て世代への支援に使っていく。全世代型の社会保障に変える。未来を切り開くのはブームやスローガンではない。(福島市で)


問1)
東日本大震災。この国が、困っている時、
つまり、緊急非常事態という時です。

そんな時に、政権という、ちっぽけな枠組みに、こだわって、
「政権奪取すべきだった」という、対立するかのような言葉を、使って、
そこを「原点」という。
スタート地点が、間違っていませんか。

本来なら、
未熟な民主党政権運営に、対して、
枠組みを、取っ払った、オールジャパンで、手をたずさえて、
国難を乗り越える発想は、なかったんでしょうか。

まさか、
あべ党首、は、国難を、
自分たちの出番じゃないから、他人ごとで
民主党政権の混迷を、国民の困っている状況を、
横目で、ちらちら、
失敗すればいいと、野党という陰で、ほくそ笑んでいたのでしょうか。

そもそも、
東日本大震災が、起こったのは、民主党政権下でしたが、
それまでの、福島の状況を、つくっていたのは、
あべ党首、たち、自民党、でしたね。

そもそも、自民党政権下では、復興は、急速に、進んでいるんですか ?
まだ、終わらない復興の中、原発という、危険を取り除き切れない、
廃棄物の処理も、決め切れていないものを、
どう、使いこなしていくのですか ?

ねじれ国会で、苦しんで、病気になってしまった、
あべ党首、は、そういうことは、忘れてしまって、

スタート・ダッシュの地点が、「政権奪取」という考えで、
良かったのか、どうか、こたえてください。
(「忖度」そんたく、する場合は、こたえの最後に、
「そう、そんたく、します。」と、書いてください。)


問2)
問1)の、こたえから、
福島の地で、あべ党首、が、
選挙戦をスタートしたは、良かったのか、悪かったのか、
どっち、だったのでしょうか ?
こたえてください。
また、
そう、思った理由を、こたえてください。

あべ党首、は、
なにを忘れて、なにを忘れないように、しているのでしょうか。

なにか、きちんと、説明をしなければ、いけない事を、忘れていませんか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

なつおくん、の、問題です。

なつおくん、
もう秋なのに、なつお、って季節はずれ、ですね。

こくみんの声に対しても、ハズレ、ですかね。

しんじゃが、いるって、力強いの、ですかね
エブリ、こくみん、カミングアウト、ですかね。

それでも、しんじゃが、の、季節もはずれて、いますね。

ずいぶんと、ごうまんに、みえるのは、どうして、ですかね。

ボクに、ワカラナイのは、アタマが、とぼしい、からなんですかね。

ずいぶん、かね、かね、と、うるさいです、かね。

とぼしい、アタマ、だから、
「とうきょうしんぶん」(2017年10月10日、ゆうかん、3ページ)の
なつおくん、の、とうしゅ第一声、から、
まんま、ぬきガキ、しますね。

「急速に少子高齢化が進む。若い世代をしっかり育てないといけない。消費税の使い道を大きく変えてゼロ〜五歳児の幼児教育、保育を無償化し、若い世代を応援する。私立高校授業料も無償化する。北朝鮮は弾道ミサイル発射、核実験をやめない。国際経験豊かな安倍首相に解決してもらわなければならない。立憲民主党は、希望の党に全員はいれないと言われ「まずい」と思った人たちがつくった。中身は民進党、もとをただせば民主党。失敗した反省はないのか。自民党と公明党が皆さんの声を実現するしかない。」(北海道岩見沢市で)


そこで、ひとつ、アタマの乏しい、わたしに、教えてほしいので、
問題をだします。

なおつくんの、気持ちになって、こたえてください。

問1)「急速に少子高齢化が進む」。って、今頃、気付いたんですか。
本当は、今回、消費税を、問う、と、云っての解散だから、
取って付けたんじゃ、ないかと、疑われないように、
どう、辻褄を、合わせようと、しているのか、正直に、言えないでしょうが、
時系列で、説明してみてください。

問2)なぜ、いろいろある税の中で、あべさんが、消費税と言ったから、
消費税だけなんですか。財源としての、税の収入と、税の使い道を、
なつおくん、は、与党だったんだし、党首なんだから、
あべ首相に、頼るんじゃなくて、なつおくん、の、考えていることが、
何であるか、こたえてくだだい。

問3)あべさんの「国際経験豊かな」とは、どんな経験豊か、なのかを、
できるだけ、具体例をあげて、みてください。

問4)「解決してもらわなければならない」とありますが、
なおつくんは、あべさんに、どのような、解決方法を期待しているのでしょうか。

問5)「「まずい」と思った人たちがつくった。」とは、
党首の、なおつくん、としては、適切な表現だったのでしょうか。

また、「野党の中には衆院を解散する意義が乏しいと言う人がいるが、
それは自分たちの頭が乏しいためだ」
という具合に、以前に、「頭の乏しい」という発言もしましたが、
あれは、失敗ではなく、反省はないのでしょうか。

問6)「失敗した反省はないのか。」と発言してますが、
あべ政権に、失敗はなく、なつおくんたちの与党は、
「立憲政治」への、プロセス(過程)、手続きに、失敗した反省はないのでしょうか。

問7)「皆さんの声を実現するしかない。」と、最後に、力強く、発言してますが、
なつおくんは、皆さんの声を、どんな声と、考えているのでしょうか。
まさか、乏しいアタマの7割と言われる、皆さんの声を、実現するしかない、という発言は、
どんな魔法を、使うんでしょうか。その種明かしを、チョットだけ、チョットだけ、でいいので、
教えて貰えないでしょうか。


以上、
しんじゃが、には、季節はずれの、北海道から、の問題でした。

なつおくん、
律儀な髪形が、今日も、決まって、いることでしょう。
律儀な紳士さん、
寒くなってきましたので、お身体を、壊さぬように、ご自愛くださいませ。

しんじゃが、美味しかった、と思えるように。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

芸協らくごまつり

台風一過、気持ちのいい青空。
いい天気でよかったですね、まつり日和です。

元小学校の校舎を利用してのお祭り、学園祭の雰囲気です。
会場は、ひとが一杯。
報道なんでしょうか、日本テレビでしょうか、カメラも入っていました。
笑点メンバーが、
歌丸会長、小遊三(お尻を)副会長、昇太さん、といますからね。
12時に着いて、1時には、花伝舎を後にしなければいけなかったので、
教室内のイベントは満員御礼で、どこにも入場できない。
校庭はアロハマンダラーズの歌と演奏でハワイアン。
私服のヨネスケさんがサインしているのを横目に見ながら後にしました。
桃太郎さん、観たかったんですけど。

落語家の集まりって感じは、
全生庵での、円朝記念・感謝祭の方が、
お寺の境内で、浴衣ということもあるんでしょう、
気軽に、もらった冊子にサインを求めてふれあえる
いい雰囲気がありました。

芸能花伝舎、芸団協。
こういう場所、活動があるということがわかっただけでも来た甲斐がありました。

ゆっくり、イベントも楽しみたかったな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハナシカの群れ

右を見ても、左を見ても、放し飼いのハナシカだらけ。
ものを売るハナシカ、サインをするハナシカ、太鼓をたたくハナシカ。
浴衣姿で、あふれかえってます。

ハナシカがいるのは山中ではなく、ここは、谷中・全生庵
落語界・明治中興の祖・三遊亭圓朝のお墓を奉るお寺である。
この寺に、落語協会の噺家さんが集まった。

おっ!ハナシカハンターの堀井さんもなにか担いでご登場。
担いでいる中身は三脚?
これを武器にして、シャッター切ってハナシカを狙うのでしょうか。

大きな人だかり、中を覗くと、行き倒れが、
そんなわけはなく、ウルトラマンの手ぬぐいを頭に巻いた喬太郎師匠が
ファンに囲まれてサインをしてました、さすが人気者。

さん喬師匠は、会計係で椅子に座ってましたね、
そこにもサインを求めるファンの列が。
Tシャツに軍手姿で仕切る権太楼師匠、歌う市馬師匠、
団扇を売る紫文師匠、志ん五師匠は、本日もきっちり髪の毛を分けてます。
菊之丞師匠、意外に小柄です。
立ち呑み屋文左衛門・Tシャツ姿でホッピーつくってます文左衛門師匠。
行きつけの居酒屋にいますよ、こういう親爺(大きい声ではいえないですが)。
いろもん部門、にゃん子・金魚、遊平・かおり、ゆめじ・うたじ、
栄助さん、太鼓を真剣にたたいてました、いっぱいいっぱいな様子でしたが。

しかし、暑かった。
去年も暑かった。
飲み物も、冷凍みかんもたくさん売れたことでしょう。
今年は、名称を円朝祭りから円朝記念感謝祭に変えたそうです。
円朝祭りのほうがシンプルでよかったですね。
わたしは、感謝されたのでしょうか?

いや~、ビールに焼酎、ホッピーと飲みすぎちゃたな。
さすがに、寄席には行けなかった。

(2006年の圓朝祭りのキャッチフレーズ、ハナシカ、放し飼い、でした。)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大國魂神社 くらやみ祭り

5月4日(金)

毎年たまたまの恒例で、
府中、大國魂神社 くらやみ祭りに。

境内の居酒屋で、
「怖くて、笑える、お化け屋敷」という、
頼りにならない見物小屋のアナウンスをお隣に聞きながら
350ml 500円のお祭り缶ビールを飲んで、
焼鳥5本600円、イカ焼き600円、を頬張って、
持ち込み禁止のところに、店のおやじの目を盗んで、
大阪というのは、大の字が付いているけど、
小麦粉と実はおなじ意味じゃないかと訳のわからないことを思うぐらい、
大阪焼きという小麦粉以外ほかにソースの味しかしない、
たま~にキャベツの歯触り?がするものを、
つまみに、缶ビールを1本とウーロンハイ1杯、そしておかわり濃いめを1杯、空けた。

はずみがついて、
居酒屋2軒、ホッピー、サワーの、府中ではしごの
地元で、立ち呑み、ホッピー・串揚げの
自宅で、ウイスキーの、…

たまに、こんな飲みをしてしまう。
楽しく飲んでるんですよ。
しかし、やみません、悔やみ、こころ病み、やみだらけ、やみ祭り、
「ユーモアは不幸を忘れさせる」談志家元が、根津で皿に書いていました。
よっ、

あれっ、この流れだと、わたしは”不幸”ってことになってますか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ