クリスマスは、山陽独演会。

2007年12月24日(月)19時
紀伊國屋ホール
神田山陽独演会
「デュシャンの穴熊戦法」

クリスマスに、
「デュシャンの穴熊戦法」というタイトルの山陽独演会、
なにが飛び出るのか、どんな長講1席が飛び出るのか。

ふじきみつ彦さんが演出。

そもそも、落語家にしても講談師にしても
ご自分が、演出家であり、演者でもあり、プロデューサーでもあるものが、
こういう場合、
演者山陽さんと、演出ふじきさんの役割は、どうなっているんでしょうか?
稽古風景を覗き見してみたいですね。
どんな会話が、どんなふうに舞台高座が作られていくのか興味があります。

講談がはじめて、という方にも、
芝居が好きな人には楽しめるようになっていたと思います。

落語も、講談も、
可能性、のびしろ、まだまだ、ある、
試して、残す、
英語で、トライ・アンド・エラー(カタカナですが)
楽しみな、年の暮れ。

ゲスト 大竹まことさん。
こういう舞台なので、危ない発言、毒舌を期待していました。
というのも、最近はコメンテーターとしてテレビで観ますが、
そのまえは、むちゃくちゃ破天荒なコメディアンとして記憶があり、
いまは、もと極楽の加藤さんがそうですか?
サザンの桑田さんに、昔のサザンを求めない、求めていけないように、
もう、求めてはいけないことですか?
新しいヒトが出てきてやればいいことですか。

新井満さん、女性の品格の坂東さんへのラブコールはありましたが、
会場の子どもへの配慮とか、やさしい大竹さんに出会えました。
いいひと、大竹さんのゲストで、
山陽さんの根の芸人要素が持ち上がったのでしょうか?

当分、SWAは、ちょっと離れて活動をするっていうことですかね。

クリスマスなんて、日本人。

気が付いたら、
生舞台、ライブ、
今年は締め、ですね。

今年、
来年、よい年を。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )