後ろ歩きの不思議おじさん

あっちこっちにポケットを一杯もった不思議なおじさんの特技は後ろ向き歩き。その右往左往振りは滑稽で、ちょっぴりもの悲しい。

ゴルゴ13

2017年07月11日 | Weblog

ヘリコプターが旋回している
写真下部にわずかに見えるビルは先日火事を出した工場である

不思議おじさんの畑は自衛隊のヘリコプター訓練地の下にある
自治会の回覧でも、ホバーリング練習日案内が掲載されている
1ケ月に25日くらいは練習している
まあ しょっちゅうということだ

草取り物語は毎日続いている
綺麗に取っても、一週間後には元の木阿弥になる
賽の河原の石積みにも似た気分だ
(地獄に行ったことは無いが、似たような経験は何度もしてきた)

今日も10時~14時まで
まるでプールに飛び込んだかのような汗だらけの姿
自作の経口補水液を1200mは飲んだ
充分な補水液摂取で
以前のように、手足がつったりすることは無くなった
関東では「こむら返り」と言うそうだが
関西では「コブラ返り」と言う
コブラの方が凄みがあって真実味がある

キュウリは最初は日に2本の収穫だった
その後、採れてとれて主食も副食もキュウリという日が続いた
今は小休止だが、続けて植えた3本の収穫が始まりつつある
あらゆるキュウリ料理に挑戦している
涼を食べられるのはキューりのスープである
コンソメや和風だし等のスープでカットしたキュウリを30分間煮る
醤油味、塩味で、生姜や胡椒で引き締める

果たしてこの戦いに勝てるのだろうか

というのも、夏野菜の収穫量が半端ではなくなってきた
ミニトマト、トマトはカラスの襲撃を避けるためにネットで囲ったが
お蔭て食べきるにはむつかしい量が採れつつある
ナスビも好調だ
雨の日以外は必ず水遣りを欠かさない成果だ

鹿児島弁おじさんのナスビはほとんど収穫できていない
理由は不明だ 病気なのだろうか

唐辛子やピーマンも鈴なりである
さらにマクワウリやオクラの収穫も始まった

自宅の庭の畑では万願寺唐辛子の収穫が途切れない
併せてニガウリもすでに3本収穫した
ニガウリ4本は予測を超える繁茂振りなので
売るくらいの収穫が見込まれる

これらの奴野菜は
近所に転居してきている義妹におすそ分けして何とかしのいでいる
まあ 一日平均4時間以上×週4日の労働の成果と考えれば
多すぎるということは無いだろう

ほとんどは草取りに時間を費やしている
雉がケンケンと鳴いている
そんな中、ヘリコプターが近づいてくる
これもこの畑ではお馴染みの光景であり音である
うるさいと言えば確かにウルサイ

しかしこの間の災害における自衛隊の救出活動を見ていると
この場所で訓練した隊員が活躍しているのだろうと思わずにはいられない
畑仕事に特に邪魔になるわけでもないヘリコプターの駆動音
これくらいは我慢しなければならないだろう

この畑地は和泉市にあるが、ほんの100m先は堺市だ
そこには行基が狭山池の次に開発した鶴田池もある
元禄池は道一本を隔てた上にある溜池
そのほとりに福泉中学校がある
もちろん不思議おじさんの畑には中学生たちの歓声や音楽が聞こえてくる
この中学校もまた自衛隊の敷地と接している

なんてことを考えながら草抜きをしていた時
そうか!!と思わず膝を叩いた
ゴルゴ13の荒涼とした風景の原点は
自衛隊が占拠している信太山丘陵と
自衛隊員の訓練風景、射撃場、塹壕堀り…
そして毎日のように空を舞うヘリコプター

さいとう・たかを氏によるゴルゴ13
デューク東郷が形作られる光景の一部に
自衛隊と日常的に接していた体験が潜んでいるに違いない と

さいとう・たかを氏はこの中学校出身だ
今はゴルフ練習場と化した鶴田池で泳いて育ったという
若いさいとう・たかを氏の感性に
自衛隊の活動、隊員の姿はどのように映ったのだろうか


それにしても蚊の襲撃は恐ろしいくらいだ
朝はまだましだが、夕方は「攻撃」という言葉がふさわしい
トルテ君の散歩には完全武装で出かける
長袖、長ズボンは当たり前
手には軍手、頭は帽子と日本手ぬぐい
姉さんかぶりをして首筋や耳、頬を守る
それでも彼らは攻撃の手を緩めない
僅かに開いた胸元などに突撃してくる

虫よけスプレーは買ってあるがほとんど使用しない
農薬ディートを身体に吹き付けるのに抵抗感が高い
様々な工夫の一つが「ハッカ油」
今年からやり始めた

原液をスプレーしても良いが刺激が強い
ただし効果も期待できる

皮膚が少し敏感な不思議おじさんは薄めて使っている
精製水8と消毒用エタノール2の割合で液を作る
無水エタノールなら精製水を9にする
そこにハッカ油を数十滴滴らせよく振って混ぜる
作った液体は念のためにガラス容器に入れている
プラスチック容器だとビスフェノールAなどが溶け出す可能性がある
内分泌かく乱物質(環境ホルモン)発見の一つとなった経緯もある
ダイソーなどの100均で販売している

このスプレーは加齢臭などの臭い消しにも有効
中年をとっくに通り過ぎ、初老の不思議おじさんは重宝している

因みにハッカ油は薬店で買い求める
人気商品ではないこのような商品の価格が
その店の商品価格のレベルを示しているように思う
目玉商品だけ安くして、一般商品はそれなりにお高い
そのようなお店の判別に使えそうな商品である

そろそろ小玉スイカ、トウモロコシの収穫が近づいている
有難いことに誰にも迷惑をかけない楽しみが膨らんでいる





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「週」慣 | トップ | 空揚げ論争 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL