取締り110番は新ドメインに移転しました
新サイトはhttp://取締り110番.com/です。




このブログは新サイトに移転しました。

新サイトは[交通違反]取締り110番[否認したら罰金や点数は?]です。

PCでは5秒後に自動で移動しますが、スマホなどからは上記のリンクを押して下さい!

 

コメントで公安委員会への苦情申立に関する質問がありましたので、過去に私が提出した苦情申立書を掲載します。

申立に関する基本的な要項に関してはこちらを参考にして下さい。

警察職員の職務執行に関する苦情申出書
○○県公安委員会
担当者御中

【住所】
【氏名】
【電話番号】
[苦情申出の原因の概要]
 平成14年10月24日午後3時25分頃、○○付近、「××」交差点において、道交法を遵守していた私を、△△という警察官が、「違反しただろ!」という決め付けのみで取締り、「免許証の提示はいつでもするが、提出が義務でないなら返して欲しい。」と言った申出人に対して、「義務だ。これを取り返すなら逮捕する。」と恐喝し、免許証を強奪された件について。及び、申出人が乗っていた二輪車・ヘルメットの色を覚えていないという、取締りを行う警察官としてあり得ない発言を繰り返した件に対する苦情申出。

[申出者が受けた具体的な不利益の内容]
 一切の違反行為をしていないにも関わらず、「逮捕する」と脅迫しながら一方的に反則告知書を作成し、それに基づいて累積点の加算、及びそれにともなう行政処分通知が送付された。それに対して、「違反行為の立証が先ではないか?」との異議申立てを文書にて行ったが、理由なく無視され、何の返答もない。督促状を含めて3回ほど内容証明郵便にて異議申立てを送付したため、手数料だけで1万円近い実損が出ている。また、「逮捕する!」と恐喝された事に恐怖を覚え、耐えがたい精神的苦痛を強いられた。

[苦情申出の根拠、及び事実]
 平成14年10月24日午後3時25分頃、自動二輪車に乗っていた私が、交差点を右折しようと右折レーンに入り、自動車が右折待ちで停車していたため、車線と車両の間を慎重に徐行しながら先頭に出て、対向車が切れたために右折したところ、50m先にある××警察署の前で警察官により停められた。何故停められたのかわからなかったが、素直に応じ、車両を警察署の敷地内に停止し、エンジンを切り、ヘルメットを脱いで警察官の話を聞いた。

免許証を見せろという命令に従って免許証を提示しようとしたところ、手から取り上げ、停止の指示を出した警察官に勝手に渡したため、「提示にはいつでも応じるが、提出はしたくない。本当に提出が義務なのか?免許証を返して欲しい。」と言ったところ、「義務だ。これを君が取り返したら逮捕するぞ!」と怒鳴られたため、恐怖心を覚え、免許証を取り上げられた状態で現場まで同行した。

「違反しただろ!よくここでバイク便を捕まえてるからわかるんだ!」と怒鳴られたため、「見てたのですか?どこで車線を横切りましたか?」と尋ねたところ、通りの反対側にいた警察官を指差し、「彼が見ていた。」と言うので、その警察官の所まで行ったところ、私が車線を横切ったとされる場所は自動車の陰になって見えないことがわかった。すると、「いや、本当は俺が見ていた。30mくらいしか距離がないから見えるんだ!」と言われた。
車線を跨がないように慎重に運転していた私は、どうしても納得がいかなかったため、否認する旨を伝えたところ、「いいけど、切符は切るからな!やるからには裁判までこっちは譲らないから最後までちゃんとやれよ!」と言われた。再度免許証を返してくれるように頼んだが、「駄目だ!」という一言で済まされ、××警察署内に連れて行かれ、調書の作成を行った。最後に「切符にはサインしなくてもいいが、調書にはサインしないと駄目だ。」と、調書への署名が義務である旨の指示をされたため、署名した。すると、「君のバイクの色はなんだったっけ?」と聞かれたので「赤黒です。」と答えた。「ヘルメットの色は?」と尋ねられたのが不思議で黙っていると、「ああ!白だったよね!」と言われたので、足元にあったヘルメットを見せた。ヘルメットの色は濃いグレー色で、白と見間違えることはあり得ないものである。

さらに、「否認するんだから、これは要らないね。」と言って、反則告知書を渡されなかった。その結果、この警察官の苗字しかわからず、所属・階級・氏名が不明である。道交法にある「告知する」というのは、反則告知書を渡すことではないのか?ないのだとすれば、通常は何故渡すのか?

以上が取り締まりの経緯である。この取締りの中に違法行為がいくつもある事は明白であるが、念のため法律の素人である申出人でもわかる範囲で列挙する。

免許証の提示義務については、道交法第95条第2項に記されている通り、「警察官から第67条第1項の規定による免許証の提示を求められたときは、これを提示しなければならない。」とある。第67条第1項には、「警察官は、車両等の運転者が第64条、第65条第1項、前条又は第85条第5項若しくは第6項の規定に違反して車両等を運転していると認めるときは、・・・中略・・・免許証の提示を求めることができる。」とある。第64条は「無免許運転の禁止」第65条第1項は「酒気帯び運転の禁止」前条は「過労運転等の禁止」第85条第5項及び第6項は「大型無資格運転の禁止」である。従って、申出人に免許証の提示を求めた警察官は、このいずれかを根拠として免許証の提示を求めたものであると思われるが、「提示にはいつでも応じる。」と答え、車両を警察署の敷地内にエンジンを切って停車させ、ヘルメットも取っていた申出人を「逃亡の恐れがある者」とは判断出来ない以上、提示以上の行為である「提出」を「義務だ。取り返したら逮捕する。」と言う事は違法である。また、一般人である申出人にとって、「逮捕する」と言われることは、脅迫とも取れるほど重大な事であり、「提示には応じる」と言って素直に話をしている一般人に対して、このような発言をする警察官の目撃証言に、どれほどの信憑性があるのか極めて疑問である。

さらに、免許証の「提出」に関しては、『執務資料道路交通法解説』(野下文生著、東京法令)でも触れている。それによると、免許証の提示を求める場合も、「あくまでも相手方に免許証を提示させることである。相手が拒絶した場合に強制的にこれを取り上げることはできない」とある。さらに、「提示とは文字通りさし示すことなので、必ずしも警察官に手渡す必要はありませんが、少なくとも、警察官が、その内容を十分認識しうる程度にこれを示すことが要件」となっている。
私は「提示はいつでもするから返してくれ」とはっきり言っているのに対し、○○氏は「ダメだ。これを君が取ったら逮捕する」と即答している。これが法律違反でなくてなんだというのであろうか?

「違反しただろ!よく捕まえてるからわかるんだ!」という発言は、違反行為を「見ていた」警察官の発言としては極めて不自然である。見ていたのであれば、「見ていた」と言うのが普通であるが、「彼が見ていた。」と一度は他の警察官を指名しながら、その位置からは見えないことがわかると、「本当は私が見ていた。」と発言を翻している。また、バイク及びヘルメットの色を誤解していた事は、この警察官の目撃証言の信憑性を更に下げるものである。1時間弱の調書作成の間に、ヘルメットの色が全く違う色と置き換えられてしまうような記憶状態で、正当な目撃証言になり得るとは思えない。

調書へのサインは義務である旨の発言も違法である。調書の作成は法律で認められているが、それに対する署名は、被疑者が調書の内容に意義がないと認めた時に「任意で」行うものであり、これを強制することは出来ない。

反則告知書を渡していないにも関わらず、反則告知書の写しが行政処分課に回され、累積点が加算されたのは「合法的な手続き」なのか甚だ疑問である。

以上のような違法行為を重ねた警察官によって一方的に作成された反則告知書を根拠として反則点・累積点の加算、及びそれに伴う行政処分を執行することには法的正当性がない。また、取締り時にそのような脅迫まがいの非法発言があったことを、異議申立ての中で通知しているにも関わらず、これを無視して処分を取り消さない行為は、この警察官の言動を追認したものであり、やはり違法である。他の警察官の違法行為を通報された警察官は、事実関係を確認して対応する責務があると思われるが、行政処分課の担当者はそれを一切行っておらず、また、「逮捕する」と脅された申出人に対し、正当な理由なくして返答を保留している。

[要望]
「逮捕する!」と怒鳴られ、大変な恐怖感を覚えたので、今さら本人には会いたいとも思わないし、謝られたくもない。申出人が知りたいのは、「提示にはいつでも応じる。」と言っている者に対して、「(提出が)義務だ。これを君が取り返したら逮捕する!」と怒鳴った警察官の行為に、法的正当性があるのか知りたいのである。

従って、反則告知書を渡さなかった事も含めて、法的正当性の有無、及びその法的根拠。違法性があったとすれば、そのような行為を行った警察官に対して、どのような処分が下されるのか。それらの点を文書にて返答して欲しい。

申出人は一般人である。拳銃と手錠を携帯した警察官には、通常の状態であっても畏怖の念を持っているところを、「逮捕する!」と脅され、大変な恐怖心を覚えた。また、不当に作成された反則告知書のみを根拠として行政処分の通知が来たため、これに対する異議申立てなどに金銭的な費用が掛かっている。バイクとヘルメットの色すら覚えていない警察官による一方的な取締りが、果たして合法的なものであったのか、法的根拠を示して欲しい。また、合法ではなかったとすれば、その後の行政処分を撤回するのが急務だと思われるが、この点に関しても法的根拠を伴った回答が欲しい。「法的根拠無しに逮捕すると脅迫しながら作成した反則告知書も法的に有効である。」とするのであれば、行政訴訟を提訴せざるを得ないため、そう主張する責任者の直筆による署名・押印をした文書による回答を要求する。

この申出書に書かれていることは全て事実であり、一切の嘘偽りはないことを宣誓いたします。
平成15年3月1日




まあ、普通に読めばいかにも警察官がやりそうな事だとわかっていただけると思いますが、当然のように公安委員会からは1年後くらいに「本人に確認したが、そのような事実はなかった」という返答が来て終わりでした。納得行かずに電話して文句を言いましたが、「警察官本人に確認したが、貴方が言うような事実はなく、反則切符は渡そうとしたが貴方が受取を拒否したため渡せなかったというのが事実です。」と言われました。まあ、100%ウソですが、今の警察・検察・司法はこんな感じで「事実」というものが認定されていきます。

事実=真実ではありません。権力を持つ者が主張するウソ=事実となります。

この苦情申立以降、私は不服審査請求や行政訴訟へとコマを進めるわけですが、訴訟まで行った結果、「裁判所まで腐っていた」という真実を知る事になるわけです。

 

御意見・御質問・賛同反対のコメントがある場合には、以下の記事のコメント欄をご利用下さい。コメント欄を一元化し、返答作業を効率化するための措置です。

コメントはこちらから2
アクセスアップの為にワンクリックをお願い致します↓人気ブログランキングへ



コメント ( 32 ) | Trackback ( 0 )


« 反則点数 に... 秋の交通安全週間 »
 
コメント
 
 
 
色々と読ませて頂き (ジンです)
2009-08-28 16:18:12
大変参考になります、警察官は全部では有りませんが、大半は人間のクズを集めた様な組織とは 前々から承知していましたが・・理不尽な国家権力を振り回したカス共を相手に ご健闘されていて 素晴らしいと思います、此れからも頑張って下さいね!自分も、この素晴らしいブログを多くの人に読む様に薦めたいと思います。
 
 
 
アドバイスをお願いしますm(__)m (jun)
2009-09-04 02:14:49
はじめまして
つい先日、主人が制限速度40キロの一般道で26キロの速度超過で青色キップを切られました。
主人の話を聞いて何となく腑に落ちないと言うか、納得出来なかった為、色々検索していてこちらに辿り着きました。

まず捕まったのは片側一車線の大変見通しの良い直線道路で道路沿いには民家等の建物もなく歩行者も滅多にいないような道路です。交通量も少ない為捕まった当日も主人の前方に一台と5~60m後方に数台だった様です。前の車との車間距離が かなり開いていた事もあり、主人曰く知らない間にスピードが出てしまっていた様です。そしてバックミラーに白バイの姿を確認し、すぐ減速しましたが減速した途端止められキップを切られました。
その際「27キロ超過で止めておいたから」と言われたそうです。
又、たまたま2台後方を主人の同僚が走行していたのですが、主人を追尾する為に突然白バイが結構なスピードで追い抜いて行ったらしく恐怖を感じたそうです(私としては、この行為の方が危険なのでは?と思います。)
隠れるように見張っていて悪質な違反者ではない(取り締まった警官が認めました。)のに違反キップを切るというのは納得がいかないので、
反則金は納めず無視しようと思っていますが呼び出しがあった場合の事を考えて少しでも準備しておきたいのです。
何かアドバイスがあれば、教えて下さい。
宜しくお願いいたします。
それから、昭和40年代と60年代に警察庁から通達された 「取り締まる為の取り締まりはしてはいけない…。」の通達は失効した?。との事ですが、失効したという事は警察はその通達に書かれている事関して守る必要は無いという事になるのでしょうか?
どうかご意見聞かせてください。

文章を書くのは苦手なので長々と失礼しました。
回答頂けると幸いです。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2009-09-04 21:31:02
>>junさん
それは災難でしたね。私にとっては既に「よくある話」と感じてしまうような事例ですが、ご本人にとってはさぞや悔しい事だと存じます。

取締りの状況は理解しました。カモを狙っていた白バイ隊員が、これ幸いと追い上げ追尾し、等速等間隔追尾の基本も無視して適当なところで速度計測ボタンを押したというのが実情でしょう。

「27kmで停めておいたから」という点に関してはどこかで書いたと思いますが、一般道で30km以上超過は赤切符で罰金になりますので、反則金収入を当てにしている警察関係天下り企業は潤いません。だから速度超過の検挙は30km/h弱オーバーという「警察にとっては一番美味しい速度域」がほとんどです。

隠れるようにして見張っていて…というのは警察にしてみれば当然の行為でしょう。道路の安全や事故防止など眼中にないのです。白バイ隊員など「検挙数を稼ぐ」という目標の為に働いているただの公務員ですから、業務に忠実にカモを探して楽して検挙できるポイントで待ち構えるのみです。

このサイトに行き着いたからには、「警察=正義」という妄想は捨てるべきです。警察はお役所仕事の行政庁に過ぎず、特に交通課はカスとクズの吹き溜まりです。奴らがまともな事をするわけがなく、危険度の高い違反を取締っているところを見掛けたら、私はむしろ驚きますね。だから、反則金納付を拒否するのは当然の事です。勇気も罪悪感も必要ありません。

さて、否認した場合の予想ですが、督促状は無視してOKです。「通告書を取りに来い」というハガキが届いた場合は(これは県によっては届きません)電話して「否認するから送検しろ」と言えばOKです。

検察庁から呼び出しが来る可能性も高くはありませんし、来るとしても半年から1年先ですが、呼び出しが来たら出頭して、「バックミラーで白バイが追い上げてくるのを確認したが、後に付く間もなく停止を命じられ、身に覚えのない26km/h超過の切符を切られた。白バイは加速状態から直接私に停車を命じており、等速等間隔の追尾区間は存在しなかった。よって、告知書交付の根拠となる速度測定は、白バイの加速中になされたものであり、私の運転していた車両の速度を証明するものではない。全くの冤罪であって怒りを覚える」とでも陳述すれば不起訴確定です。

青切符の不起訴率は99%超ですので、あまり心配せずに否認を貫いて下さい。
 
 
 
回答有難うございます (jun)
2009-09-05 09:50:09
rakuchi様、心強いアドバイスを下さり有難うございました。
検察から呼び出しかあった際には、ぜひ参考にさせていただきたいです。

今回、キップを切られたのは痛かったですが
色々知る事ができて良かったです。
これから、周りの人にも教えてあげたいと思います。

また相談させていただく事があるかもしれませんが
その時は宜しくお願いいたしますね!。
本当に有難うございました









 
 
 
ありがとうございます!! (胡椒)
2009-09-07 06:22:50
お忙しい中、記事まで立てて頂き感無量です。。
参考にさせて頂きます。

…と言っても未だに奴らからは音沙汰無しなのですが。。


そして私、先日またも不当な取り締まりを受けてしまいました笑。。
整備不良です。
スピードメーターが動いてなかったそうです。
後日、バイク屋に持って行き、確認して頂いたところ故障は見当たらず、交番のお巡りに確認させて抗議しましたが無駄でした。
取り締まりを受けている時にちゃんと冷静に対処しなければ(いや、したとしても?)自分の身は守れないのだと最近思い知らされております。。

ところで最近、白バイ警察官がスピード違反取り締まりにおける違法行為で6ヶ月の停職処分(後に辞職)になったとニュースで拝見しました。
運転者にとって、素晴らしい快挙だと喜んでいたのは私だけでしょうか。。
 
 
 
携帯でのこと。 (ゆかり)
2009-09-07 18:31:31
国道で今日はポリが3台も4台も見張ってるなと思いつつ、
走ってると白バイが追いかけてきて、
携帯の時計を見ていたとのことで、切符を切られました。

とりあえず白バイが来たことに驚き、免許書を出してとの指示に
思わず出してしまい書類を作成されたのですが、
納得がいかずサインはしませんでした。

すると、「応じないなら公務執行妨害で逮捕するよ」と言われたのですが、
「だったら逮捕しろ」と言うと
「まだ何もしていないから逮捕できない」と言われ
免許証の返却を要求しても返してくれないため
運転できずにサインは書かないからと宣言し、
無視をしていると再三サインの要求と逮捕をちらつかされました。

元々もっていたパニック障害により
症状が色々出てきたので頓服を何錠か飲んでるうち意識が無くなり、目が覚めたときは病院に
いました。

そして後日電話にて、今後警察に来てサインして書類を持って帰るか
納得いかないなら異議申し立てをするかして欲しいと言われました。
今までスピード違反などで捕まったときは
納得したので違反金を払いましたが、
今回は納得がいかないので払うつもりもサインするつもりもありません。

携帯を持つだけで違反となれば
携帯のしたの荷物も取れなくなりますよね。

このような場合、警察に行って異議申し立ての書類をもらうか、
違反金放置してしまえばいいのか
どちらのほうが決着は早いですか?







「国道速度60kmの所を70km越えたことについてはなかったことにしてあげるから」とのことでした
 
 
 
かなり最高です。 (ローレンス)
2009-09-08 22:21:43
ブログを拝見させてもらいました。かなり感動いたしました。
僕は、法律はまったくの無知なので交通違反・職務質問等で警察官と接触したときは、いつもタダの屁理屈でしか抵抗できず、結局は警察の言うとおりにしてきました。
確かに違反は悪いですが、こちら側の意見や尊重とかを無視して、疑問を残されたまま切符を切られるのは腹が立ちました。
あと…何故か偉そうなのも

車が好きでドライブが好きなタダの一般人ですが、これからもブログを見て勉強させてもらいます。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2009-09-10 23:54:26
>>胡椒さん
スピードメーターが動いていないというのを警官はどうやって確認したのでしょう?走行中に覗き込んで来たということでしょうか?

警察が腐っているのは重々知っていますが、速度メーターの動作不良なんかでも切符を切るのですね。流石は人間のクズとしか言いようがありませんね。

>>ゆかりさん
異議申立の書類などというものは存在しません。正式な異議申立は免停などの行政処分が執行されてからでないと出来ないシステムにもなっています。

切符に署名したとしても関係ありません。否認する気なのであれば、反則金を支払わずに放置しておけばOKです。半年~1年後に検察庁から呼び出しが来たら1回だけ出頭して否認すれば終了です。呼び出しが来なければ勝手に不起訴になっていますので反則金改め罰金の支払い義務はなくなります。

反則点数の方はどうにもなりません。法律・警察・裁判所の全てが腐敗してますので、行政処分に関しては警察内部にコネでもない限りは取り消しようがありません。
 
 
 
やられてしまいました(ToT) (ジン)
2009-09-17 15:45:50
今朝未明 国道6号バイパスで、覆面に追尾され スピード違反で捕まってしまいましたp(´⌒`q)自分の車は軽自動車で80キロチョイ位で走っていました、周りの車は百キロ近いスピードでした、走りながら、此処は良くスピードやっているな!と考えながら・・・あんなに飛ばしている車が沢山いるのだから、まさか!自分が捕まる事は無いだろうと思いつつ、走っていた矢先です、後ろの車が ヤケに接近していたので、ウザい車と思われたく無いので 左車線に変更しようとした時、赤灯が・・覆面に乗ると 計測が73キロとなってました、他にもっとスピードを出していた車が居たでしょうと言うと 君の車が先頭でしたと言われましたが、実際には前の車は、自分が止められた時には 遥か前方にいましたからね!あと1つ疑問が有りますが、高速等で、覆面に捕まっている車を見ていると、何故か?ライトバンやファミリーカーが多いような気がします、右車線をぶっ飛ぶ ベンツやセルシオ等は 余り捕まってはいない気がしますけど?そう感じるのは私だけでしょうかね(笑)私は、このブログの大ファンで、筆者の方を尊敬いたしております、私は、まだまだ無知なので、勉強する事ばかりです(T_T)個人的に、師匠のお時間の許す時に、お話しをしてみたいのですが・・・無理でしょうか?dirtking2009@xxne.jp 気が向いたら 是非ともご指導頂きたい次第です。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2009-09-17 22:34:23
>>ジンさん
覆面追尾は不運でしたね。73km/hで計測との事ですが、50km/h制限区間だったのでしょうか?彼らはとにかく20km/h~29km/h超過で切符を切りたがりますね。

理由はブログにも記載してあると思いますが、30km/h以上の超過でぶっ飛んでるのを無理して捕まえても、それは赤切符で罰金になってしまうので警察が潤わないからです。

なので、たまに30km/h以上超過の検挙を受けた人に切符を見せてもらうと、取締りしているのは大体「交機」の奴らで、所轄のパンダや白バイは滅多に赤切符を切りません。「交機(交通機動隊)」は交通課の中ではエリートコースですので、反則金徴収とは別に「出世」という目標がありますので、危険度の高い違反も頑張って検挙してみたりもします。

ベンツやセルシオを捕まえないのは当たり前です。その手の車には金持ちか極道が乗っている可能性が高く、金持ちの場合は政治家・行政庁のお偉いさんなど、検挙すると色々面倒になる場合もあり、極道の場合には怖い思いをさせられた上で(マル暴以外の警官なんて、秋葉原の通り魔事件を見ればわかるように、オタクが暴れているのを止められない程度の能力しかありません)後で上からお叱りを受けます。警察と極道は繋がっていますし、合法か非合法かという違い以外は中身はほとんど同じですから。

私を持ち上げていただけるのは嬉しくも感じますが、そんな大層な人間ではないです。結局行政処分については無力さを実感したのみで、前歴1の90日免停まで食らいましたから…

周囲の方にこのブログの存在を広めていただき、理不尽な検挙に対して毅然とした態度で否認するドライバーが一人でも増え、やがて世論として法改正を求める動きが起きる事が私の願いです。

応援のほどを今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
ありがとうございます (ジン)
2009-09-18 12:40:36
確かにおっしゃられる通りですね、自分の友達が警察の取り調べを受け、その内容が地元の不良の親分が知っていたり、警察が忘年会シーズンになると 感謝状を一枚三万円で売ってくれたり デタラメだらけの 組織ですね、最近は、深夜に都内を走る事が多いけど やたらと マッポの数が多すぎますね!この不景気な時代に、国民が苦労して納めてる税金を、重大な事件は解決出来ずに 無駄飯喰わせてる 無能なアホ奴等が多すぎると感じています。
 
 
 
Unknown (ゆかり)
2009-09-20 23:32:55
返信ありがとうございます。
今回を機にして法律の勉強をして
馬鹿を見ないようにしたいと思いました。
いいブログをつくって下さって
ありがとうございます♪

じっくりプリントして読みあさりたいと思います。
 
 
 
ご返答 (rakuchi)
2009-09-21 16:06:19
>>ゆかりさん
貴方がHN通り女性だとすれば、理不尽な取締りに対して毅然とした態度で否認を貫き、告知書の交付を回避することは、男性の弁護士などが否認するのと比べると困難を伴うかもしれませんが、少なくとも取締りのカラクリを知っている事は有意義だと思いますので、反則金を納めて泣き寝入りするのはもう終わりにしましょう。

反則金徴収が目的なのだとわかってしまえば、どういうポイントでふざけた取締りをしているかも予測しやすくなり、結果的に取締り自体に出会う事が少なくなります。

例えば一時停止違反を取締るのであれば、見通しが悪い路地などでは絶対にやりません。危険を感じれば誰でも止まりますから。従って、見通しが良く、優先道路の手前に横断歩道があり、その手前に一時停止線があるような場所(普通の人は歩行者がいなければ、優先道路との境界線付近で止まろうとするので、横断歩道手前の停止線は見落としがちになる)でこそ、警察は網を張るのです。
 
 
 
参考になりました。 (ひろ)
2009-09-22 22:40:28
私は一時停止違反、携帯使用で切符を切られそうになりましたが、一時停止はちゃんとしましたし(見通し悪いので停止しないと曲がれない場所)、携帯は使用せずクセで耳をかいていただけです(笑、泣?)。今後、警察から呼び出し等あると思いますが、このブログを拝見して、断固戦う決意が固まりました。管理人さんも一緒に頑張りましょう!
 
 
 
アドバイスをお願いいたします (とも)
2010-02-15 12:31:31
昨日、白バイにスピード超過で切符を切られました。国道43号(40㌔制限)を走行中、24㌔超過です。小学生の子供が怯えてたためその場は母印の押印を済ませ切り上げたのですが、どうしても納得できない状況なのです。信号待ち
から先頭を走行する形ではありましたが、登り坂のため少し加速気味ではありましたが加速した距離は呼び止められた起点から逆算しても200M足らずで明らかに加速して追走してきてるはずなのです。私は少し加速後、アクセルを戻し、速度も落としておりました(時速50㌔程度)。ですので当初、呼び止められたのは別の車両だと思ったくらいです。その巡査部長も「登りで加速してすごに減速されてましたし悪質ではないのですが、少しスピードがでてましたね!」と・・・。いろいろネットで検索してみましたが超過キロを測定するには300m以上追走しなければ・・・と情報を目にし・・・そしてここにたどりつきました。違反歴はここ数年来、なくゴールド免許でしたの大したことはにのでしょうが、勤務先にて懲罰が待ち構えており、(SDカード申請を会社がおこなっているためばれてしまいます)非常に困っております。良いアドバイスをお願いいたします。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2010-02-15 17:01:54
>>ともさん

それは不運でしたね。明らかに取締りの方法に瑕疵がありますが、おそらく警察は認めないでしょうね。

反則金を払わないでいれば不起訴は堅いですが、点数を何とかしようと思うなら少々厄介です。

反則点を取り消させる為には、取締った警官に違反の抹消登録をさせなければいけません。まずはICレコーダーなどを携帯して本人に会いに行きます。

「現場では言われるままに認めたが、等速等間隔での計測をされておらず、検挙は無効だ。検挙方法が違法だという理由で否認するから取り消せ。取り消さないなら否認とは別に虚偽の教示による不服審査請求と職権濫用罪による告発をするから警部補以上の上司を呼べ」と言います。

違反の否認自体はどうでもいいです。供述調書の内容に関わらず、否認してれば不起訴ですから。

問題は審査請求と職権濫用罪での告発を嫌って切符を取り下げるかどうかです。

追尾による検挙では原則200m程度の追尾が必要ですが、あくまでも内規なのでどうにでも解釈出来ます。要は「加速して追い上げて来る警察車両を見てすぐに減速したから計測された数値はこちらの車両の速度ではない」という主張です。

無効な検挙を合法と言うのが虚偽の教示。無効な検挙なのに義務ではない告知書交付に応じさせた事が職権濫用罪という論理です。

いずれも警察及び公安委員会にもみ消されますが、出世に有利には働かないという点だけが攻め所です。相手が出世を諦めた窓際なら応じないでしょうが、その時は本当に請求と告発をしましょう。ついでに上司と署長にも審査請求しとくと嫌がらせにはなります。

現場ならそれなりの確率で取り下げてきますが、一旦登録した違反を抹消するのは上司の決裁が必要なので難易度は高いです。

しかし、納得いかないならあくまで争うのが法治国家の国民の責務だと思いますので、頑張って下さい。
 
 
 
釘曲げパチンコ (カルトソーカー)
2010-05-07 08:42:20
日々の営業でパチンコ台の遊技釘を利益目的で開け閉めすることは。風俗営業適正化法(法9条1項、20条10項)違反の遊技釘の無承認変更に該当します。過去に釘曲げで書類送検を受けたパチンコ店もあります。パチンコ台を新台に入れ替える都度、警官が立ち入り検査を行います。釘曲げの実態を一部の警察の担当部署は知りつつ、放置。取り締まらない違法にしては、騙し取った金額が巨額すぎるね。警察官のモラルが最近ニュースでも取り上げられました。改造拳銃(モデルガン)と女性に強引にエッチなことしたとか・・・。
公安委員会への苦情申し立て大いにしていくべきですね。応援します。
 
 
 
点滅信号での一時停止 (ミニカードライバー)
2010-11-17 23:06:57
管理人様是非アドバイスおねがいします。


本日点滅信号での不停止ということで切符を切られてしまいました。

現場は十字路で停止線はここにあっても意味ないんじゃないかと思うような手前(交差点の)にあります。

赤信号の点滅だったので一時停止し左折すると警官が待ち構えていました。

警官「信号無視したね」
私「停止線で止まりましたけど」
警官「2人で見てたから」

その後免許証提示を命じられ切符を切られサインをさせられました。

急いでいたこともあり、さっさとサインしてしまいましたが納得がいきません。

警官が立っていた位置からは塀に塞がれ停止線を目視するのは困難です。

一時停止はしたし加速して左折したら逮捕?
全く納得がいきません。

現場は米軍基地の近くでアメリカ軍人やその家族が犯している違法駐車、迷惑運転、違法改造、騒音などのほうがよっぽど酷いのに彼らはなぜか捕まりません。

今回はサインをしてしまったので点数は仕方ないにしても罰金は払いたくありません。

このような場合反則金支払いを無視してもいいのでしょうか?

返信宜しくお願いいたします。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2010-11-18 19:52:38
>>ミニカードライバーさん

今から否認で構いませんので反則金を支払わずに放置して下さい。通告センターへは行く必要がありませんので、簡裁(内の検察庁分室)からの出頭要請が来るまでは無視で構いません。

もし警察から「出頭しないと逮捕もある」みたいなハガキが届いた場合のみ、電話して「任意事項は拒否する。とっとと送検しろやボケ」と言えば大丈夫です。

今回のケースは、私なら「2人で見てたから」の時点で、携帯でも取り出して2人が立っていた位置から停止線方向を写真に撮り、「塀しか写りませんがどうやって現認したんですか?」という方向で持って行ったでしょうね。

その上で「人間ですから見間違いという事もあるでしょうね」とか、「もし見間違いを認めたくないなら、警告処分にすると言うなら応じなくもないですよ」というような逃げ道を残してあげたでしょう。地方公務員とのやり取りにはコツが必要です。

反則金放置後の流れはブログの記事通りですので、全く気にせずに日常生活を過ごして下さい。
 
 
 
管理人様是非アドバイスおねがいします。 (ttt)
2011-04-25 11:56:15
先日、40キロ道路を白バイにいきなりサイレンを鳴らされて停車しろと言われて素直に応じました。止めて窓を開けたところ、「スピード出しすぎだね~」と言われて26㌔オーバーですと言われました。免許証を見せてと言うので見せるやいなや、勝手にポイポイ取っていき青切符を書き始めました。ここで疑問なのが提示だけの免許証を勝手に持ってっていいのか?という点です。次にあまり納得がいかず、「あの~本当にそんなスピード出していましたか?」と聞くと「追尾測定により測った」「30㌔オーバーもしてたよ。これ低めに出るからねー」と言われました。
やはり納得いかず「あの~やっぱりそんなにダ出していないと思うので署名をするのでしたら、空いている所に”本人は出していないと否認しているが本官○○は26㌔オーバーだとしたため停車を求めた”と書いてくれませんか?でないと、後で不服申し立てをしたら裁判で僕が不利になるので」と何回も言いました。
そして、結局書いてもらえず
「あ、否認するのね。べつにいいよ強制じゃないから任意だから」と何回も言われ
あげくに「もう行っていいかな?忙しいんだよね」とも言ってきました

結局そのまま「任意だからいいよ。刑事事件て扱いで後日連絡行くからさ」と言われ
署名せずに青切符と振り込み証明書?をもらいそのまま終わりました。

この場合、この後どうなるのでしょうか?
勝手に点数は引かれるのでしょうか?
検事がこの件について起訴か不起訴にするかまずあって、起訴になれば裁判開始ですよね?

こちらには知人に弁護士等が居るので力を貸してくれると言ってくれています。目撃者も探す予定です。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2011-04-25 12:16:59
>>tttさん

事実関係についてはよくある理不尽な検挙ですね。白バイ隊員は1日平均7件程度の検挙を行うそうですから、それが彼らの努力目標という名のノルマなのでしょう。

さて、疑問点にお答えしていきます。

>ここで疑問なのが提示だけの免許証を勝手に持ってっていいのか?

ダメです。厳密には職権濫用罪が成立します。しかし、その様子を録画もしくは録音していない限り訴えても認められません。不服審査請求を出してみればわかりますが、「そのような事実はない」で終了です。仮に行政訴訟を起こして事実関係を確認しても、「免許証は被疑者から任意で提出を受けた」と主張され、裁判所もそれを追認します。対応法の記事にもあるように、免許証を提示する際には「提示はするが提出はしない。無理矢理奪ったら職権濫用罪で現行犯逮捕するよ。」と言っておくことが重要です。警官は無知な者には高圧的ですが、法律に詳しい者には嘘のように下手に出てきます。私は警官が態度を豹変させる瞬間を何度も見てきました。

>この後どうなるのでしょうか?

反則金の仮納付書を受理したという事は、渡されたのは告知書であって通告書ではありません。従って、反則金の督促が何度か来た後に、検察庁併設の交通執行課から出頭要請が来るでしょう。1回だけ出頭して否認すれば不起訴で終了です。白バイの単独追尾では公判請求のリスクは限りなくゼロに近いですね。

>勝手に点数は引かれるのでしょうか?

反則点は加点方式ですから、勝手に付加されます。既に白バイ隊員が所轄から違反登録をして、3点が付加されているでしょう。

>検事がこの件について起訴か不起訴にするかまずあって、起訴になれば裁判開始ですよね?

前述の通り、青切符でしかも告知書にすら署名をしなかったのであれば、公判請求されるリスクはゼロに近く、そもそも検察官に会うこともないまま終了する可能性も高いです。流れについては「質問する前に」の記事をご一読下さい。

>こちらには知人に弁護士等が居るので力を貸してくれると言ってくれています。目撃者も探す予定です。

あまり意味がありませんね。不服審査請求にせよ、行政訴訟にせよ、それが出来るのは「免許証の更新処分以上の処分を受けてから」ですから、今回の違反で免停になるのでなければ、次回の免許更新が終わるまでは、これらの請求や訴訟を起こしても「要件を満たしていない」として棄却されます。

仮に要件を満たしてから請求しても、「そのような事実はない」として棄却されます。白バイ隊員の経歴に傷を付ける為に請求するのは悪くない方法ですが、被疑者側には特にメリットはありません。裁判ですら出来レースですから。

反則点を付加させない唯一の方法は、抹消上申をさせる事です。本当は警察上層部に知り合いがいれば話が早いです。ノンキャリの知り合いでは意味がありませんから、警視以上のキャリア組の知り合いがいれば頼んでみましょう。管轄が違うとダメな場合もありますが、私の昔の彼女の叔父が副署長をやっていた時には、彼女の父親の違反は全て検挙現場で「弟が○○署の副署長なんだが…」の一言で済んでいましたね。ただし飲酒だけは別ですが。

知り合いがいなければダメ元で所轄に乗り込んで録音しながら不法な発言を録音しまくるしかありませんね。で、最後に録音していた事を明かして、「これを証拠に刑事告訴や審査請求を行うので失礼する。」と言って帰ろうとした時に警察がどう動くか、というレベルです。応じて来ないケースも多々ありますが、その時は本当に告訴でもすればいいです。審査請求や苦情申立よりはよほど効果があります。

このあたりについてもどこかの記事に書いたと思いますので、まずは関連した記事をじっくりと読んでみて下さい。
 
 
 
追加事項 (ttt)
2011-04-25 12:43:20
管理人様
ありがとうございます。

今回3点されると
免亭になるのですが、それは回避できないのでしょうか?
後日、その通知がくるのでしょうか?

目撃者がいて
白バイが悪くて今回の違反はなしという形にはならないのでしょうか?

大変焦ってきました・・・
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2011-04-25 22:17:14
>>tttさん

反則点については「行政処分のカラクリ」の記事をご一読下さい。

基本的には一旦違反登録されてしまったら抹消はかなり難しいです。審査請求や訴訟は処分後しか出来ませんので、処分前に点数を取り消す手段はかなりのレアケースと思われる抹消上申しかありません。これをするには所轄に乗り込んで暴れてみるしかないのが現状です。だからこそ、このブログでは現場でキチンと否認して厳重注意処分での決着を図る否認法をお勧めしているわけです。

過去3年間に処分暦がなく、今回の3点でちょうど6点になるのであれば、免停ではなく違反者講習を受ける事で前歴0累積0の状態に戻れます。講習費は痛いですが、前歴1とは歴然とした差がありますのでこれを受けるのが現実的な対応です。もし7点以上になってしまうなら、短縮講習を受けて1日免停で済ますのが現実的です。警察の思うツボで納得いきませんが、それ以外だと「とんでもない話」の記事の方法しか残されていませんし、この方法はリスクを伴います。いずれにせよ、違反から1~3ヶ月以内には免停もしくは違反者講習の通知が届くでしょう。

目撃者がいても、あるいは録画証拠があったとしても、正攻法で検挙を取り消す事は不可能に近いです。仮に録画していたところで「白バイ隊員がいつ計測ボタンを押したのか?」という点は絶対に立証出来ませんから、警察としては「適正に取り締まった」と主張するだけで、仮に裁判になっても裁判所が追認してくれます。そもそも青切符では不起訴になってしまって裁判にすらなりませんからさらに無意味です。

一般人の目撃証言に価値などありません。これが白バイ隊員が貴方を殴ったというような「白バイ隊員の犯罪行為」であれば、目撃証言や貴方の被害届で事態が動く事もありますが、「貴方の容疑」に関しては仮に一般人が「白バイは追い付くなり停車を命じていて等速度・等間隔での追尾はしていなかった」と証言したところで、「交通課職員として○年間勤務している白バイ隊員の証言には信用性がある。目視による速度測定の訓練などを受けていない一般人の証言では信用できない」としてあっさり却下されます。

白バイ隊員が被疑者を現場に残したままそこらへんを走り回って測定紙を捏造した事件では、目撃者等がいた上に隊員本人も容疑を認めたため違反が取り消されましたが、今回のケースでは白バイ隊員は貴方の車両を追尾して計測したと主張するのみで、自らの非を認める事はあり得ないでしょう。

従って、抹消上申に一縷の望みを持ってダメ元で所轄に乗り込む以外には点数を抹消する方法は存在しません。

繰り返しになりますが、関連記事をよく読まれた上でご質問下さい。どのコメントにも丁寧に回答する事を信条として織りますが、記事にある内容を改めて説明するのは少々疲れます…
 
 
 
アドバイスお願いします (日本男児)
2011-08-14 19:29:30
初めまして、ご意見お聞かせください。
つい2週間前程ですが、歩行者進路妨害で切符を切られました、歩行者というのは自転車の事で信号のある交差点で明らかに自転車がまだ赤信号でフライングで横断歩道に進入してきたのに
それを私の方が赤だと言われ30分位説明しましたが時間がおしていたのもありその時は泣く泣くサインしてしまいました、しかしどうしても納得がいかず後日警察署に行き否認調書をとって来ました。その時警察に不起訴になっても点数だけは引かれますと言われました、どうしても納得がいきませんちなみに私の免許はゴールドです。管理人様からアドバイスいただきたくコメントさせていただきました。宜しくお願いいたします。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2011-08-16 00:12:37
>>日本男児さん

横断歩行者等妨害は、いくらでも冤罪作成が可能な違反項目ですね。

刑事処分に関してはそのまま否認していれば不起訴確定ですが、点数を抹消させる為には以下の方法のどれかしかありません。

①検挙した所轄から抹消上申をさせる
②運転免許本部が抹消に応じる
③不服審査請求で公安委員会が是認する

いずれも一般人の場合は成功率が限りなく0%に近いですが、動いたところでデメリットは郵送費程度ですから、掛け合ってみてもよいでしょう。

一番良いのは警察キャリア組の知り合いに頼む事です。以前のようなあからさまなもみ消しは難しくなりましたので、①や③のような合法的な手続きによって秘密裏に抹消してくれます。

警察内部に知り合いがいないのであれば、ダメ元で動くか諦めるかの2拓です。私は諦め切れずに2度まで行政訴訟を起こしましたが敗訴しました。行政訴訟は訴訟費用が掛かりますのでさすがにお薦めしませんが、上記の方法であれば必要なのはやる気とレコーダーと郵便代だけですね。
 
 
 
時間帯通行禁止 (minimimi)
2012-01-26 00:52:16
今日7~17時の間は通行禁止区域で切符を切られました。私は近所でそこは良く警官が見張って居る場所と言う事も知っていました。
車の時計が5時04分を指していたので通行しました。けれど、警官に呼び止められて・・・
私は17時回っていますよと言いました。
すると警官はまだ、16時34分です。
エエッ車の時計は5時04分警察も見ています。
まさかと、携帯の時計を見ると確かに16時34分・・・
時計のボタンを子供が押したのでしょう。。。==;
でも、私は違反を犯したと思っていません。
私の時計が17時を過ぎていたのですから・・・。
とても納得がいかなくて・・・。
反則金を払いたくありません。
でも、事実時間前だったので払うべきなのでしょうか・・・
違反を犯していないと自信を持って通っただけに、かなりショックです。
警察の網にかかった的な嬉しそうはあの顔が、忘れられない・・・;

 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2012-01-29 22:10:06
>>minimimiさん

犯意がない過失による違反ですから、おっしゃる通り警告指導で済ますのが妥当な案件でしょう。

しかし、警官の目的は事故防止でも皆が道交法を守る事でもありませんから、当然切符を切ってきますね。

納得がいかなければ否認して構いません。反則金を支払う義務もありません。通告書・本納付書は無視して、交通警察室か交通執行課からの出頭要請が来たら出頭して、「車の時計が狂っていたので、違反するつもりはなかった。過失であり反則金なり罰金なりを支払わなければならないほどの可罰的違法性があるとは思えない」と主張すればよいでしょう。

青切符ですからどうせ不起訴になります。
 
 
 
道路標識の不適正による摘発 (kurusimi)
2012-04-10 23:38:33
はじめまして。先日より、春の交通安全運動が強化された、とのことですね。
自分は ある道路を自動車で走っており、ある
角を曲がったところで、いきなり車を 止められました。警備員らしき男が、私の車に近づき、「○○市警察署ですが~」と話しかけてきました。

そして、聞いていると、「今日から、ここは、通行できないんですよ!」と、言ってきました。

自分は、は?「どこに表示がありましたか??」と、いつも通る道の、突然の 通行禁止に疑問をもちましたし、警官(・・・)に尋ねました。


そうしたところ、道路標示が書かれているところまで、連れて行かれ、そしてその表示を見ました。

その道路標示は、標識などの、目の高さにはなく、
道路に直接描かれているものであり、多分この道を通常通っているドライバーの
誰も、この表示を知らないだろうな・・というくらい、見づらいものでした。(黄色の線で道路に右折7時~○○時まで×とよくみればわかるような。)





こちらも、納得いかないので、確認を男性の警官()
 
 
 
続きです。 (kurusimi)
2012-04-12 02:06:23
すみません、続きです。男性の警官に、「もっと、見やすいところに標識なり何なりなければ、わからないでしょ?」と率直に尋ねました。すると、男性警官は「そんなこと、できるわけないだろ」とけげんそうに、言い捨てました。
その日の、ニュースで、最近分かりづらい標識が増えており、警官が、誤って数十件もの違反切符を切っていた地域もあるよだ、と報道していました。ちなみに、ニュースでは2秒以内に見て分かるのが道路標識の原則だと報じており、その条件を満たさない、変な標識がかなりの数あると言っていました。
その条件からすると、自分が検挙された(?)道路に描かれた標識らしきものは、車を降りて、近づいてよく見なければ、誰も分からないものであり、そこをついても「できるわけないだろうが!」という警官の汚い言葉で終わりなのです。こういった道路標識の管理は、警察署が行っているようですね。
本当に彼らの汚さには呆れます。因みに自分が通行を禁じられた道路は宗教施設と保育園しかなく事故は起きる気配ももなく、本当に警察の財布にこの検挙がはたらくのかと思うと腹立たしいかぎりです。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2012-04-13 20:42:31
>>kurusimiさん

状況がよくわからないのですが、標識はなく、道路標示のみで進入禁止の指示がなされていたということでしょうか?

以下のサイトの規制表示を見ても、それらしきものがないためよくわかりません。

http://fweb.midi.co.jp/~jikoihansen/roadsign/signtop/kisei2all.html

道路標示以外の標識による規制がない場合、可能性としては手違いによる検挙の可能性も捨てきれませんし、仮に標識があっても、著しく見にくいものについては過失なしとされて無罪になった例もあります。

もう一度現場に立ち返り、標識・表示などの写真を撮った上で、その標識・表示が法的に有効なものかどうかを確認されてはいかがでしょうか?
 
 
 
ブログ拝見させて頂きました (iris_arrow)
2012-06-22 12:04:10
はじめまして。
ブログ拝見させて頂きました。
とても情報が多くまだ全て読めてませんが、警察不正を明るみに出すためにもすばらしいブログだと思います。

私はこれまで、たまたま交通取締りで検挙されたことが無かったため、警察に問題があるという認識がありませんでした。
しかし、不正な取締りに遭い、申出た苦情に対する対応や、平気で嘘をつき嘘の報告書を作成する警察の対応を受け、事の重大さを痛感しました。
私が受けたような、不正な取締りがあることを広く知ってもらうために
http://www.geocities.jp/iris_arrow/ で公開質問という形をとりました。
これまで手探りで納得いかないことを主張してきましたが、もっと早くこちらのブログを知っていれば、また違った道が開けたのかもしれないとも考えます。

道理に外れた取締りであっても、簡単に反則金が集まったり違反者講習で金が集まっている事が、理不尽な取締りが無くならない一つの原因ではないかと思います。
このような問題のある取り締まりを明るみに出し、問題意識を持ったドライバーが増える事で警察不正の抑止力となれば良いな、と思っています。
遭いたくはないのですが、万一、また不正取締りを受けた際には、このブログ情報も参考にして徹底的に争っていきたいと考えています。
 
 
 
ご回答 (rakuchi)
2012-06-23 22:51:15
>>iris_arrowさん

国民の5%程度が気付けば、色々と変わるのだと思います。今は年間約700万件の違反に対して不起訴が12万件程度ですから、2%弱のドライバーしか気付いていないという事になります。

私の微力で警察が変わるだなんて思えませんが、警察が暴力団に過ぎない事を理解する者が増えれば増えるほど、警察は無茶をしにくくなるのだと思います。

まあ、今国会を通過しそうになっている違法DL刑罰化が施行されてしまったら、こういうブログを運営している私のような人間は、いつでも逮捕可能になってしまうでしょうが…
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。