懐かしのバレエ

バレエ、パフォーミングアーツ等の感想、及び、日々雑感。バレエは、少し以前の回顧も。他、政治、社会、競馬、少女マンガ。

今さら?

2017-07-15 01:59:38 | Weblog
安倍ちゃんが、国会に、安倍ともの件で言い訳しに出てくるんだって、皆知ってたろうけど、自分は後から知った。

やらない、っていっってたのに、??
自民の竹下国対委員長は、やらなくっていいっていってたけど。


でも、今更遅い、

内閣支持率20%台に。

関係ないけど、余談ですが、
ボリショイ来日公演のパンフの頭に、岸田外相の写真とコメントが出ていて、日本の写真技術は高くって、とても上手に撮れた写真で、ちょっと変に感心してしまった。(2回前位の来日公演の時は、日本の大臣じゃなくて、協賛企業の上の方が映っていて、スポンサーの力が大きい公演だったんでしょう、たぶん。)

(対して、ロシアのえらいさんの方は、相変わらずの仏頂面って言うのか…。パンフとかのロシア側の近影って、わりとこんなのが昔からあって。ウーリン総裁も写真は同様。昔からいい感じの人だったけど、写真だけだと人となりが反映されてない。ま、しょせん写真だから、いいけど。)

安倍政権の良くない所は、嘘が多いとか、人を陥れるとか、まつエクとかにかまけて防衛相っぽくない稲田みたいのを防衛相にして、反省がない(失敗したら更迭があるだけとか。任命責任とか全然問われないし、防衛相ってどういう役職か分ってないみたいな人事。)とか、色々あるんで。

人を変えるというのも、この際、良い選択だと思って。

ここに書くと、かえってまずいかな。

自分的には、次は、石破氏でも岸田氏でも、自民党内のパワーバランス上、なれる人がなれれば、このお二人さんくらいだったら、安倍と比べればどっちでも構わないんだけど。(態度がはっきりしてる石破氏はともかく、岸田外相は、こんな風に外野に書かれることが、かえって迷惑かもしれんが。)

どちらにもせよ、安倍首相ほど、ぶっとんでないと思うので。今までの官邸のあれやこれやが、非常識すぎたよね。

許してきた日本国民の問題と言えばそうだけど。

「安倍ちゃんとイエスマン」シリーズ、みたいな。
誰か「お笑い安倍政権」って戯曲書いて劇上演すればいいのに、って思うくらい、豊田真由子議員を筆頭に、役者はそろっていたが。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ポーの一族』の新刊、(続... | トップ | 閑話休題 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL