えしゃろっと(魔法使いらっきょ)のマイホーム新築日記 Bauen Sie die Schalotten im Haus

「思い立ったが吉日」で、家を建てようと志したマイホーム建設どたばたダイアリー(たまに食事と旅行日記)

第61話「引っ越し業者」

2016年12月28日 | マイホーム建築
今日、壁紙貼る前のチェックをしました

といっても、ほとんど完成状態なので、今更何を言えばいいのか・・・w
そして、1階はまだ工事中でした

これの細かい話は、明日かな?

来年から、電気関係>壁紙>最終チェックのようです
同時進行で外構も行われます

ただ、外構は本当に始まるのか・・・
何の連絡もありませぬw

------------

さて、引っ越し業者を決め・・・

たのですが

最初は知り合いの運送会社にお願いをしていましたが・・・
やっぱり新築は申し訳ないということと

知り「トラックと運転手は貸すから、後は自分たちで!」

といわれ、これは無理;;
ハウスメーカーの営業さんに、どこがいいか聞きました

え 「引っ越し業者のおすすめ教えて!」
営3「はいはい、挨拶に来る2社伝えますね!」

1社は完全な引っ越し業者 パンダのところ
もう1社は、運送会社兼引っ越し業者 赤い看板の男の子と女の子のところ

パンダのところは余裕なのか、さすがなのか
打ち合わせの日を聞き、前日に確認し、当日も

パン「すみません、遅れます」

などなど、しっかりと対応していましたよ

赤い看板の方は最初の連絡から
全く音沙汰なしw

その日のうちに2社から話を聞こうと思って
パンダが午後1番に
赤い方が夕方に(むしろ夕方にされたのですがw

となりました

パンダの方は
さすが引っ越し業者ということもあり
壁のカバーから、荷物の運び方から
トラックの荷台にもロックをかけるとか
細かい対応までしっかりとしてました

特に驚いたのは

パン「引っ越しは契約しないんですよね」

パン「引っ越しはそのときの対応のみ(現行犯?w)で、終わってから何かあっても対応してくれないんですよ」

ということ
それもパンダの方は対応しますと言うこと

それだけ聞けば、ここでいいかとは思いながらも
もう1社も聞きたいという感じもあり・・・

ただ、かみさんは
運送会社について多少知っているので
もう1社の方を聞くこともなく、こっちを選択

☆ここがうまいなと思ったんですが
 今契約したら5000円引きという話
 夕方ではだめだというw
 今決めて攻撃でしたw

なので、もう1社の方を断ってパンダに決めました

かみさん曰く

か 「たぶん、もう1社に頼むならどこでも一緒(知り合いのところも)」
か 「もう1回同じ話はめんどうw」

それもありますな・・・w

わかったことは
引っ越しの営業は話がうまいw(いやいやw

新築への引っ越しは、多少お金がかかっても
引っ越し専門業者(パンダかアリらしいですが)に頼むのがよいようです

↓最後までお読みいただきありがとうございます!

セキスイハイム(一戸建) ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第60話「間に合うんかい?」 | トップ | 第62話「内装前の最終チェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マイホーム建築」カテゴリの最新記事