三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

信州一茶の里

2015年11月29日 | 俳句
法事で信州信濃町に行ってきました。
(信州信濃の山奥のそのまた奥の一軒家・・・♪♪)
前日降った雪も止んで予想外の快晴、雪道を覚悟していたが、ノーマルタイヤで快調に到着、しかしさすがに寒い。

坊さんが部屋に入ってきて、家族と挨拶が済むと、まず始めに掛け軸をおもむろに取り出し、
床の間に吊るしはじめた。
法要の準備で、曼荼羅図でも吊すのかと思ったが、
掛け軸は小林一茶の「山寺や雪の底なる鐘の声」の拓本なのでびっくり。
さすがは一茶の生誕地柏原の雲龍寺の坊さんだと納得。
(雲龍寺には山寺や雪の・・の句碑が建っている)
  
  ・小春日の靴跡ゆるき墓参り

  上州俳句茶屋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイナンバー

2015年11月22日 | 俳句
我が家もmyナンバーが届きました。
妻と続きの連番かと思っていたが、大幅に違っていた。
考えれば、当たり前の事で、何かあったときに、芋蔓式に家族の番号が判ってしまうのでは確かにまずい!。
翌日には住基カードの継続手続きの連絡が役所から届き、これは確定申告のために必要。
住基ナンバーからmyナンバーに発展できなかったのか国のやることは、複雑です。

 ・封筒に時雨の湿りマイナンバー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボージョレヌーボー

2015年11月20日 | 俳句
息子が日本酒を買って帰ってきた、昨日はボージョレヌーボーが解禁だったがワインではなかった。
ボージョレワインは正直美味いワインではないし、お祭り騒ぎが終われば、二級以下の未熟成のワインである。
こんな事を去年、私が言ったので気を利かせたのかもしれない。

  ・欠伸にも酒の匂いや神楽月

  上州俳句茶屋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゑびす講

2015年11月19日 | 俳句
今朝、ゑびす講(桐生西宮大祭)の折り込み広告が入ってきた。
今年は暖かい日が続いておりこの暖かさはゑびす講と結びつかず少々慌て気味。
幼い頃はゑびす講が始まると直ぐ正月が来ると、わくわく感じたものである。
我家はお宮参りは夜間出かけるのが常で、白熱電球に照らされた笹飾りが、圧倒的な賑やかさと色彩で迫り
心ワクワクであった。
あの頃のゑびす講は赤城颪が吹き、寒くて防寒重装備で出かけたのが記憶に残る。
最近は出かけることも無くなったが、懐かしい行事である。

 ・見栄の分重き熊手や恵比寿講
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恵比寿講

2015年11月14日 | 俳句
妻に、こんど車を買い換えるとしたらスポーツカーに乗りたいな!と
言ったら次は車椅子かも?と言われた。

  ・万両の小判を拾い恵比寿講
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言の葉

2015年11月11日 | 俳句
群馬の言葉は荒い。
前橋や高崎はそれ程ではないが、赤城山に近づくと言葉遣いが荒くなる。
赤城颪と言われる風が赤城から吹き下ろし農作業など、大声をださないと声が風で飛ばされてしまう。
男言葉も女言葉もないし、敬語も略して話す傾向がある。
この為、他県から転勤でついてきた妻が、外に出たがらなくなった、との話を良く聞く。
NHKの大河ドラマが群馬での物語になっているが、地元に気をつかっているのか実際より言葉遣いが穏やかである。特に「~だべ」を使っていないので、安心して見ていられる。
  
  ・木枯に純化して行く舌の先
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォーマルウエァー

2015年11月09日 | 俳句
北国の法事に行くためフォーマルウエァーを買ってきました。
通常、購入する既製服のサイズは「AB-6」なので試着したら肩周りがキツい、おかしいなと思いながら、隣のB-6を着てみたらこれもキツい。
隅にBB-6が吊してあったので、まさか!と思ったが、試着するとこれがピッタリ、最近の流行はスリムになっていると聞いたが、これ程とは。
妻は「BB-6」はデブデブ6サイズだと言う。!

 ・少しずつ夢消え去って今朝の冬
 ・木枯や順化して行く過疎の村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザの予防注射

2015年11月07日 | 俳句
インフルエンザの予防注射をしてきました、
市からの補助が3200円出たので1000円の負担で済んだが妻は補助なしのため4200円。
先の短い年寄りより風邪を引いても休めない現役世代に
補助をだせば良いのにと、妻。もっともな言い分。

午後になったら急に眠くなった、椅子の底が抜けて落ち込んだ様に、急にである。
それに怠い、予防注射の影響だろうが早々に寝床に入るほどであった。
注射するとき医者に「ちょっといたいですよ、ハイ!ちっくん」と言われた。
久しぶりに子供扱いされて、不思議な気分。
妻も同じに言われたというから医者の癖?
これから歳を重ねると、こんな扱いになっていくのかもしれないが、これは気が重い。
 
  ・秋風邪や喉の大奥仏おり

    上州俳句茶屋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿熟す

2015年11月03日 | 俳句
今年はどの家の柿も鈴なりである。
隣家の柿の樹にも、これだけの数の野鳥がいたのか、と思うほどに群れている。
柿は食べ放題、雀などは丸々肥っている。
雀だけでなく見慣れない野鳥も混ざっている。
雀より小さく頬白を小さくしたような鳥、白を基調に黒褐色の模様、十姉妹のようだが、十姉妹が野鳥でいるはずがないが・・、それも番(つがい)で来ている。
それにしても、昨日は寒かった12月上旬の気温だったとのこと。
これだけ気温が上下すると、なかなか体が付いて行かない、下着もクールビズなのかヒートテックなのか迷う、昨日はクールビズ今日はヒートテックと下着の衣替えが進まない。
 
  ・御来光見るため日課スクワット
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィン

2015年11月01日 | 俳句
はやいものでもう十一月である(旧暦では九月二十日)旧暦の方が季節感は合っている。

知人の話では、スーパーの仕入れ部で、もう来年のバレンタインデーの商談が行われているらしい。
昨日で終わったハロウィン商戦は前年より5~6倍も売り上げがあったと満足していた。
恵方巻き、ボジョレー、ハロウィンと仕掛けが当たったらしい。
どの広告代理店が仕掛けたのか知らないが、見事なものである。
次にはどのような仕掛けが出てくるのか楽しみである。

  ・ハロウィンの朝の化粧や少し濃く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加