三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

聞いて楽しむ俳句

2015年04月29日 | 俳句
ゴルフのTV中継を見ていると眠くなる、見始めると直ぐ心地よくなる。
ゴルフのノンビリしたリズムが合っているのだろう、誰がトップなのか誰が追いかけているのか、どうでも良くなってしまう。
この睡魔に襲われるのは日曜日の午後、この時間は至福のときである。
ところが最近もう一つ睡魔が襲ってくる方法が見付かった。
それは、CDの「聴いて楽しむ俳句」である。
俳句を朗読で聞かせるのであるが、購入した時から、どうも集中出来ないなあ~と思っていたが、このCDを聴き始めると、直ぐに居眠りしてしまう事に気が付いた。
朗読のリズムが睡魔を誘うのに丁度良く「春の海終日のたりのたりかな」なんて読まれると催眠術にかかったように、ころりと寝込んでしまう。不思議である。

  ・花粉消え街に媼の沸き出づる
  ・菜の花の向こうとこちら目で会釈
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心地よい時期

2015年04月27日 | 俳句
今年初めてトカゲの純一郎に出会った。
小泉首相の時に初めて庭で見つけて純一郎と名付けてから、ずっと長いつきあいである。
トカゲの寿命はどのくらいなんだろう。
庭木の枝の中で、ゴソゴソ何かが動いている、なんだろうと見ていたらホウジロが虫を咥えて飛び出してきた、すぐに戻ってきて葉の中にまた潜り込んでいった。
鳥もこの時期、活動が活発になり食欲旺盛。
梅雨の来るまでここ上州は風の無い良い季候が続く。
 
   ・陽炎て摂氏二十度土匂う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マスターズゴルフ

2015年04月13日 | 俳句
マスターズゴルフが終わった。
このゴルフ中継が終わると、だいたい私の花粉症は軽くなる。
朝起きだしてクシャミを連発することが無くなり、花粉の飛散が下火になってきたことを実感する、そうすると、鬱が躁に切り替わり、明るい春を満喫出来るようになる。
カエデの枝が赤く変わり、擬宝珠の紫の芽が密集して、モリモリ成長してくるような錯覚さえ感じる。
体調も良くなり食欲全開、臍の周りに肉が盛り上がる。そして梅雨の頃になるとダイエットを医者に勧められる、そして鬱になる。
   ・マスターズ今年も春を連れて来し
コメント
この記事をはてなブックマークに追加