三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

睡魔に抗う

2014年06月29日 | 俳句
 居眠りは実に楽しい
居眠りをしてはいけない時、睡魔に抗ってコックリコックリするのは非常な快感。
授業中などのコックリはその最たるも、今のように隠居状態で何時でも居眠りできる様になるとあの快感の楽しみは無い。
 現役の時、出張で東京までセミナーを聞きに行った・・
ところがセミナーが始まって直ぐコックリの快感が襲ってきた、全く無防備で心地よい睡魔に身を委ねこれがセミナーの最後まで続いた。はぁ~、と我に返ったときにはセミナーは終り万事休す。
 出張報告に付けるレポートをどうするか一瞬で青くなった。
帰りの電車の中で事前に配られた小冊子を懸命に読みふけって勉強。
結果、出張報告は無事に提出、上司からレポートは判りやすかったと、一言。
 「してはいけないときほどコックリは快感である。」

  ・溜息を半分ついて六月尽
  ・溜息も半分残す六月尽
コメント
この記事をはてなブックマークに追加