三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石野真子を見た

2013年04月28日 | 俳句
世間はGWが始まっているらしい
昨日太田市のイオンへ行ってきました、そこで石野真子さんを見ました。
催事場に中高年が集まっているので、なにかな!と思っていると歌声が聞こえ、それが石野真子さんでした、テレビで見るよりずーと顔の小さい可愛い人でした。
テレビでは何であんなに、ふっくら見えるのか不思議なほど細身の美人でした。
妻が言うには「QVCで真子ブランド」で売っている服を着ていたそうです、流石に女性は細かいところを見ています。

   ・若き日の色を一瞬春うらら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風呂吹き大根

2013年04月26日 | 俳句
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰り道、寄り道のビール

2013年04月24日 | 俳句
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

生麦生足生卵

2013年04月23日 | 俳句
 今朝、珍しい目黒(鳥)がやってきた、今年は早速と目白は来ていたが目黒にはビックリ。
目白と同じ緑色の羽根だが目の回りの白色が無い。啼き声は同じだが可愛らしさは目白に一歩譲るようだ。
 
 今日、早々と生足を見た、この春冷えの中ビックリ
綺麗なことは綺麗だがちょっと痛々しい、季節の先取りも大変だ

  ・春風に生足長くバスを待つ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マスターズ

2013年04月15日 | 俳句
日曜の朝早く起き出してマスターズをみる
家族は勿論世間が眠っているこの静寂がまた良い。
世界のトッププロの熱戦を、コーヒーを飲みながらゆったりとみるのは至福の時間である。

明るくなるにつれて雀の声が聞こえ始めた。
もう少したつと新聞配達の音が聞こえるだろ。
  
  ・柔らかきソファーにコーヒー春を観る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春冷の嚔

2013年04月14日 | 俳句
日当たりの良いドウダンツツジが満開になった、今年は桜と同じで開花が早い。
擬宝珠の紫の芽も顔を見せ始めたし、春はなかなか気忙しい。

windows xpのサポートが来年で終わるし今使っているpcは息子からのお下がりだし、天気も良いので、そろそろ買い換えの予備知識と、近くの量販店へ覗きに行ってきた。
改めてDellやAsusが安価だなと思ったが、女房用を含め同時買い換えはなかなか大変である。
家に着いて空を見上げると春の陽の眩しさに大きくクシャミ一発、空にトビが悠々円を描いていた。

  ・春冷のやクシャミに羽音頭上越え
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老いたゴースト

2013年04月07日 | 俳句
今朝は薄曇り無風、天気予報の当たらないこと、翌日の天気ぐらいは当ててほしい。
もっとも「当たった外れた」と回りでも言っており、占いみたいに思っているらしい。
「スパコンを使っている世界一の演算能力」の自慢はどうしたのか、ハードが良くてもソフトが問題なのかも?。

昨夜の雨で桜は終わった。
芝の緑が色濃くなり、庭の植木は十分に水分補給が出来たのか、新芽が伸び、躑躅の蕾もだいぶ膨らんだ。
石の陰にトカゲがゆっくりと動いており妻に黄色い声をあげさせた。
声は若い。・・・・

 ・ゴーストも老いて閑かに春炬燵
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花見と爺々会員

2013年04月03日 | 俳句
月曜日、館林市の城沼堀へ花見に行って来ました。
平日にも関わらず駐車場はいっぱい、学童が春休みにせいか子供達が走り回りギャギャ、定年過ぎたおっさんが、でかい一眼カメラを競うように首から下げてウロウロ。
現役で働いている若い諸氏には申し訳ない気分。
開花はチラチラ花びらが舞う程度だったが、ちょっと肌寒いので一回りして早々に引き上げた。

帰りにイオンモールで昼飯でもと、寄り道、
ところが店内に入った途端に爺爺会員募集!、55歳以上の方が入れば割引になります、と店内放送がひっきりなし叫んでいる。なにがジジイ会員だとム!とした。
ババー会員はないのか、と耳を集中させたら、どうも、爺爺会員ではなく GG会員募集らしい、まぎわらしい、気分悪く長崎ちゃんぽんを早々に食って引き上げた。

  ・花びらと花粉を浴びて生き返る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加