三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トカゲの直人

2011年06月23日 | 俳句
庭にトカゲが出る
小さいゴジラがでたと大騒ぎした子供達も大人になり、無関心。
妻は、大嫌いでフリーズしてしまう、声だけは出る。
声で追い払う・・高音大声。

そこでトカゲに効く、忌避剤を購入してきた。
殺虫能力はないが、匂いに蜥蜴が避けたり逃げたりするらしい。
それを、玄関先や庭の要所に撒いた。
効果が有つたのかその後一週間経つが、現れない。

四年ほど前にも蜥蜴は現れた
その時は蜥蜴に「純一郎」と名ずけた。今回の蜥蜴には「直人」と名付ける予定である。

  ・叩かうと動かす腕に蚊が静か

   私のホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏大根

2011年06月06日 | 俳句
郊外のモールへ出かけた。
長い通路を歩いていると、すれ違う若い女性の足が、いやに艶めかしい。
生足である。
流行(はや)りなのか、次から次へ生足である。
目のやり場に困るが、気持ちの半分は歓迎。

陽に焼けていないので白い白い大根のようである。
なかには練馬大根も混じつている。

いや、最近の若い女性はなかなかよい。

願わくは、この流行りはこの程度で止まつて欲しいが、
今年は節電の夏だから。
三十代まで広がるかな!
さらに四十代まで!と考えると背筋が涼しくなった。

   ・途中にて止まる眼玉や夏大根
コメント
この記事をはてなブックマークに追加