三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冬の螳螂

2010年11月12日 | 俳句
中指(手の)を骨折した
いや!痛かつた、椅子が壊れて指先がギロチンの様に挟まつた。
瞬間、切断したと思つた。
最初の外科から専門の整形外科に廻された。
キャンプ用の椅子、壊れたのは二度目である。

そんなわけで今年は紅葉狩りに出かけられない。

縁側の隅に、螳螂が灰色に変わり日向ぼつこ、
夏の盛りに盆栽の天辺で私に向かつて、ファイテングポーズをとっていたのに
少しも動かない、暫く見ていたが動かない。
そこで、枯れ枝の先で、つっついてみたら、
止めろよ!とばかりくるり首を回した。生きていた!


  生のある証しに目玉の動く虫



 *私のホームP  http://www.geocities.jp/musasi555jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加