三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三太夫の俳句:恋猫

2006年01月30日 | 俳句
   背伸して骨の音聞く春の猫

近所に黒猫が飼れているらしい
野良でない証拠には赤い首輪が付いている。
その猫が、時々我庭を横切る、悠然と横切る
植垣の下からブロック塀の角まで真つ直ぐに最短距離で横切る

食い物がよいのか肥満体で腹が地面に付きそうである。
こちらの視線を無視してゆっくりと歩いていく。

一度、横切つている途中で音を立てたら、じろり!とこちらを見て、何もなかつたように歩き去つていつた。

庭に不法侵入しても良いのだが
困つたことは、猫の歩く途中に我が愛車が駐車していることである

普通は車があれば避けて歩いてゆくのに
この黒猫は愛車を避けずに真つ直ぐに歩く
そう!最短距離で歩くことを頑固に守る。
そのため愛車のボンネットに足跡が点々と付いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:福寿草凍る

2006年01月29日 | 俳句
    ・客年の反吐を突抜け福寿草
    ・水凍る自由なかたち山頭火

深夜に近い時間帯
筑紫哲也が勝組、負け組の言葉は大嫌いであると言い、番組が始つた
何故なのかなと聞入ると、
・・・
何故なのかを説明しない
この様な言いかたがここ数年顕著になつてきているようだ。
受取る側の我々も、なぜ!と考えないで、なんとなく同意してしまつている。

「改革」「官から民へ」「規制緩和」・・・
この様な言葉が付くと、中身を知らずに何となく良い事であると、賛成してしまう

ちょっと恐いぞと思う。
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:雪女郎

2006年01月23日 | 俳句
    雪女郎衣拡げし北の空
七時頃から降出した雪は、意外に激しく30分ほどで真白の景色に変つてしまつた。
新聞を取りに出たとき今朝はばかに寒く湿つた空気だなと思つたには、雪降りの前兆であつた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:左義長

2006年01月21日 | 俳句
天気予報では夕方から雪になると言う。
テレビには東京や千葉に雪が降つている景色が流れている。
センター試験の時はいつも雪が降るなあーと思う。
子供のセンター試験の時、雪に心配した思い出があるせいかもしれない。


妻は北国育ちなので雪が降りだすと、うれしそうに見える。
雪かきなどは、ほんとうにうれしそうに見える。

   ・どんど焼く虚構の会話くべながら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:返り花

2006年01月20日 | 俳句
残り人生好きに生きるわ!と叫ぶコマーシャルを見て、これを俳句にするには季語は何かな、と 思い。
    ・人生は好きに生きると返り花
と声に出して言つていたら、傍ににいた妻が
”人生は好きに生きるとかえりババー”と聞違えて、それなに!
とクレ-ムをつけてきた。
・・・・・・・(^_^;)!
もう六時を  もうろく爺と聞き間違えるのと同じだ・・アハハ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:女正月

2006年01月16日 | 俳句
女正月の日、いつもより早めに起き出しカーテンを開けストーブのスイッチを入れる。
ここ迄は良いがこの後 家事をやることが出来ない。

洗濯機を動かそうにも、今の自動洗濯機は操作が判らない。
洗剤を入れる場所、柔軟剤を入れる場所があるらしい。
お湯を沸かそうにも、やかんのある場所が判らない。
・・・・・・・・
自分がやるより見ている方が疲れる、と女房は言う。
風呂場の掃除だけやって後は早々に退散。

*女房はこの様を見て、鼻の穴を膨らまして言う「私が病気なったら貴方は何も出来ないで困るでしょう」家事を覚えなさい!
今の女房を見ていると元気元気、
絶対に私より長生きする。

   ・泉水の底に細波女正月
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:ラーメン

2006年01月14日 | 俳句
    ・上州の鬼門に立ちて凧を揚げ

信州に出かける途中、国道端の食堂に入つた。
ちょっと大きめの、田舎風の繁盛している食堂。
メニューには、和食も洋食も中華も、なんでもある。
ラーメンでも食べるかと、品選びをして、ビックリ。
「ラーメンライス」「ラーメンおにぎり」「ラーメン鮨」「ラーメン刺身」と並んでいる。
ラーメンおにぎり迄は判るが、鮨と刺身をラーメンと組合わせるとは。
許せない!
鮨は本来冷蔵庫に保管しておいて客に出す食い物ではないし。
ラーメンがここまで繁殖したとは・・・。

なにを食べたかっ・・・・?
ラーメン刺身です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:拍子木

2006年01月12日 | 俳句
  ・寒柝は赤き車に乗つてくる
私の住んでいる町内では、夕方になると青年団が「今日は乾燥しております、火の用心!」と
小さい消防車に乗つて警鐘を「チンチン」を鳴らして廻つて来る。
赤に黒い線の入つている半被を着ている。
なかなか田舎らしくてよろしい
さすがに、子供達の火廻りは無い。
今時の子供はそんなことはしない、か。
一寸淋しい

近くの県道端に「デジタルパーマ」の看板が出ていた。
これはなんだ!、見当が付かない、女房にどんなパーマ?と聞いたが初めてと言う。
なんなんだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:女正月

2006年01月09日 | 俳句
「小正月」を「女正月」と言う地方があって、家事など一切せず女性はこの日、のんびり過す習慣があるそうだ!と
炬燵に入つていて、思わず言つてしまつたら、
女房の目が「ぴかり」と光り、
我家も今年から女正月をすることになつてしまつた。
まあ、残りの364日は男正月みたいなものだし、いいかと思うが
「・新聞を取りに行くのが初仕事」程度しか家事の手伝いをしていないのでどんな事となるか

この結果はブログに書くことにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三太夫の俳句:春の七種粥

2006年01月07日 | 俳句
   ・風流を真似て小さく菜飯もる

我家の今日の朝食は七種粥だった、・・これは正月の飽食で弱つた胃袋にぴったり。

「七草粥」を俳句では「七種粥、七日粥」と書くことが多いがご存じの通り新年の季語。
私の作つた句の菜飯(なめし)は?? ・・春の季語!・・ま間違い。まぁっいいか!
久しぶりにブログを書いたせいにしておこう。

  好きな七種粥の俳句を紹介しておこう
   ・吾が摘みし芹が香に立つ七日粥  小松崎爽青
   ・その年のその日にいろの薺粥   飯田龍太

*七草のホームページは→ http://haiku55jp.hp.infoseek.co.jp/nanakusa/nanakusa.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加