三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俳句:小諸慕情

2005年09月17日 | 俳句
 二十代後半を過した小諸にまた行きたくなった。
東京武蔵野から小諸に転勤になった時、まわりの同情とは逆に内心ではよろこんでいた。
 休日になると藤村の「千曲川のスケッチ」を片手に歩き回つたものである。
 
 冬の寒風はきついが、風の吹出す直前の小諸は澄む。
1000メートル林道からの眺望、唐松林、大久保の川原、硬い蕎麦を出す本陣。(この蕎麦屋は、なにしろ硬い蕎麦を出す、観光客が賑やかに店に入つてきて、この蕎麦を口にしたときの、表情の変化は見ものである)
寒風が吹くと善哉の旨い駅前通りの小店、バス停前の細長いうどん屋。
唯一の百貨店だった「あかかんばん」裏の屋台・・も懐かしい。

     ・シャワー浴び山女魚の如く身を清め    


コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳句:100才の銀杯 | トップ | 俳句:軟らか言葉 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックさせていただきました。 (小諸の風)
2005-09-17 16:13:57
こんにちは。



小諸の風です。

小諸関連ブログということでTBさせていただきました。



アカカンバン懐かしいです。

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
20050917 今日見つけた小諸関連ブログ (小諸の風)
中村與資平の建築遺産 さんの 樋口病院(現小諸病院) http://blogs.yahoo.co.jp/yosihei8jp/10620130.html 私は不勉強で建築家中村與資平さんという人を知りませでしたが、このブロガーさんの「現存する中村與資平建築ベストテン」だと小諸病院が第9位となっていま