三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

耳に夏風

2013年06月23日 | 俳句
床屋にいって10日もたつと、耳に毛が触れて煩わしくてしようがない。
そこで、女房に少し切ってもらうことにした。
女房は楽しそうな様子で切ってくれたが、出来上がったのを見たら少し切り過ぎていた。
手直しを行ったらますます可笑しい。
まあ!いいか、少し経てば髪は伸びてくるくから。

   ・髪切りし耳に心地や涼の風
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族で夕涼み | トップ | 夜の始め »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Duarte)
2013-06-23 10:45:07
いちばん好きな「耳に夏風」

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事