三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鰻の厄日

2014年07月30日 | 俳句
昨日は、世界中のウナギを食い尽くす勢いで、日本人はウナギを食べたのだろうと思う。
それにしても鰻は高くなった。
別に、世界中から非難されてまで食いたいとは思はないが、何となく、食ってしまった。
風習とは言え、ウナギが一斉に食べられるのを想像すると気持ち悪いが、こんな時には、「鶴亀鶴亀」と、縁起の良いおまじないを言うことにしている。

     ・鰻重は家族の笑みで旨くなり
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝ドラ 仲間由紀恵 | トップ | ミルクサイダー »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしかしたら・・・。 (秋山白兎)
2014-07-31 13:57:57
<迦葉山>  夏木立迦葉天狗と遊びけり      白兎

群馬の俳句の一番初めに書いていただいているこの句は小生の句ではなかったかと思う次第です。最近では物忘れが激しくてしっかりした記憶はありません。
私も”日々是好舌”というgooブログをやってます。

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL