三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俳句:ズボンが大変

2005年10月16日 | 俳句
    ・人恐れ月に恋して虫の声
昨日、昼食のためレストランに入った。
注文は妻にまかせてオシッコにトイレに入た。 手を洗おうとしたら、予想以上に水が激しく出て、ズボンに掛つてしまった、それも大切なところが中心。
あいにくコットンのズボンだつたから濡れが目立つこと目立つこと。
この状態で店内を歩いて席に戻る勇気無し。・・・さあどうする。

乾くまで待つていると時間がかる。
頭の中でいろいろ考える、大をしてるんじやないか!、倒れたんじやないか!、と騒ぎになる。・・・さあどうする、貴方ならどうする、・・・うまく切抜けた。
席に戻つて妻に話をしたら、「危なかつたね、その侭で出てきたら切れが悪くなつたと思われる、・と。
             

コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳句:木犀の香り | トップ | 俳句:紅葉の彩 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
答え (伊々山)
2005-10-17 19:07:54
ズボンの中のシャツか下着を外に出す。

誰でもありそうなことです。

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事