らき太な日常

『樹萄らき』のある日の出来事 

2月11日(日)のつぶやき

2018-02-12 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漢字

2018-02-11 | Weblog

 原付の免許を返納してから特に関係なくなったのか、

証明写真機が至る所に存在していることに気づかなかった。

 先日いつも行くスーパーマーケットへ行き、

いつもと同じように、歩ける状態ではないので車の中でお留守番、

という選択をし、スーパーマーケット内を歩く飼い主を助手席から見ていた。

 ふと、目の前に証明写真機があることに気づいた。

 見るとはなしに、モニターに映るクルクル変わるCMを見ていて、

急に気づいた。

 何かがおかしい。

 ルパン三世のストーリータイトルのように一文字ずつ写る、証明写真の字。

「あ!」

 その時、この機械は外国で作られた物と推測された。

「証」「明」「写」ここまでは普通だ。だが「真」が微妙に違った。

 さてみなさま、ここからは漢字の書き方のように部分を書いていきますので、

頭の中でどんな感じになるか組み立ててください。

「⊥」「-」「-」「-」「-」「-」「ハ」

 うまく説明できないのですが、

鍋ぶた 四本の横線 少し長い横線 ハ  です。

「真」が、まず、十ではなく、その下に四本の横線、最後は点のない六 です。

 すみません、文字で説明すると余計にわからなくなりますね。

 とにかく「真」に似た字であって、「真」ではないのです。

 ただ、間違っている!とも言えないかもと、もしかしたらその国ではこの漢字が存在するから

こうなってしまったのかもと思ったりしています。

 ただ、ここって、校正の時に誰も気づかず製品となり、こうして日本にでんっ!とあるってことですよね。

 責任者って誰? でも、気づいたときはもう直すにはコストがかかるから

ええい、このままでいいや!っていう結果ですよね。

 100円ショップにもよくありますものね、日本語の変な説明書き。

 気づいている人ってどのくらいいるんだろう?とか

 そういえばここで写真撮っている人見たことない、とか

 思っているうちに、気づきました。

 今日は、「故障中で使用禁止です」とちゃんとした日本語で書かれてあった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月2日(火)のつぶやき

2018-01-03 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいお正月

2018-01-02 | Weblog

 毎年ゴールデンウィークやクリスマス時期になると、さあ、忙しい日々が始まる、という気分だった。

 ぶっちゃけ、サイテーな日々へのストレスがハンパなかった。

 飼い主の仕事が警備で、普段は夕方出勤して帰りは朝というサイクルが一日置きで、交代要員は二人なので、

 どうしてもどちらかが出勤しなければならないという365日だった。

 で、土曜日曜祝日連休はそれが24時間勤務になる。

 つまり朝8時前に出勤して、翌朝8時45分ころ帰宅。

 体調が悪くなってから、出勤時に起きて「行ってらっしゃい」は言えなくなっていたが、

 せめて帰って来る日の朝くらいはお味噌汁をと思い、ゾンビのような顔で無理やり7時半に起きる。

 結局キャベツとか火の通りの良い物だけを入れて、飼い主が帰ってきてから卵を二つ落とす。

 毎週ほとんど同じお味噌汁。変わるのはキャベツかわかめかもやしか程度だ。

 飼い主が去年の四月、無事定年退職した。

 最初に味わったのは、ゆっくりしたゴールデンウィーク。

 連休関係なくゆっくり寝ていられる。罪悪感も要らない。

 飼い主も昼頃まで寝ていた。まあ、寝たのが3時半とか4時とかだから、睡眠時間は普通だ。

 休みの日に加わるストレスは少しずつ減っていった。

 そしてクリスマス。まあ、鶏肉とケーキを食べるだけだが、22日に終えた。

「今年から年末年始、ゆっくりできるんだね」

「そうだな」

 29日、前年までは戦々恐々の始まりだったが、今回はド・トールでコーヒーを飲んでいる。

 明日もここに来る。31日も元日もド・トールでコーヒーを飲んだ。

 元日、向かい合ってお正月の挨拶をし、飼い主はマラソンだか駅伝だかを見、

 私は年賀状を見たり、少し本を読んだり、録画を見たりと、まったり過ごす。

 昼過ぎ、ド・トールでコーヒー。

 いつもと変わりない365日が始まった。

 それも、もう忙しいことなど何も無い、まったりとした平凡という心穏やかな始まりだ。

 熱田神社で初詣。

 数年前までは木曽の徳恩寺へ行っていたし、おみくじも買っていたが、

 いつも「病は治る」と書いてあるのに全然治らなかったのでとうとう全く信じる気を失った。

 治らない体。それでも小さな良し悪しはあって、良の日はよかったと思うことにしている。

 とりあえず、元日にド・トールのコーヒーを飲みながら

 新しいまったりとした生活リズムが始まったのだと実感中である。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

12月4日(月)のつぶやき

2017-12-05 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-12-04 | Weblog

 11月半ば過ぎ、いつものように外に出して置いた鉢花たちを室内へ運んだ。

 この家は以前竹細工のお店で、飼い主のお父様までは竹細工を作っていたので、

新築する時に道路に面した所に店を造ってあった。

 十数年前に廃業し、商品もなくなったことで、鉢花を置く場所になった。

 朝日が一番に当たる部屋である。

 いい加減に水をやっているわりに奴らはしぶとく生き抜き、今年も鉢の数は変わらない。

 かといって本当に枯れたら、誰のせいかは一目瞭然なのでサボるわけにもいかない。

 ということで寒くなっている今は五日間隔ぐらいで水をやっている。

 先日も「めんどくせー」とぶつぶつ悪態を吐きながら水をやっていると、

 嫌な物が目に入った。

 クンシランだ。

 まさかな、と思いつつしゃがんでじっとそこを見つめると・・・

「ふざけんなよ・・・」

 思わず捨て台詞を吐く。

 すでに三株ぎっしりと、そう、どう見ても酸素欠乏症になるほど目一杯、いや鉢一杯おしくらまんじゅう状態なのだ。

 根も鉢に入りきれずに、ぐにょぐにょと鉢の表面を盛り上がらせているにもかかわらず、

 その端っこに小さな緑を見つけたのだ。

「こいつ、どー見ても芽だか葉っぱ、だよな」

 はあ、まさか千切り捨てるわけにもいかず、四株目の小さな緑は健気に真っ直ぐ上を目指している。

「お前さあ、こんなぎゅうぎゅうなところに出てきても、まともな大きさにはなれんぞ」

 とつぶやきつつ、少しだけ丁寧に水をやる。

 なにせ根っこの勢いとプランターの老朽化で、プランターが割れる可能性があるのだ。

 可愛いやら、可哀想やら、こいつどんな風に大きくなってくるんだろう。

 いや、途中でそれこそ生存競争に負けて枯れるかも知れない。

 ちび助に、ガンバレとは言えない。

 思わず感傷的になっていたが、ふと我に返り、思う。

 プランター、割れたら、飼い主、植え直すのかなあ?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月19日(日)のつぶやき

2017-11-20 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

挿絵

2017-11-19 | Weblog

 パソコンを買い替えて三年くらいになるだろうか。

 ある日、いつものように旬を編集していた。

 ページの都合でずいぶん空白ができたので、たまにはカットを入れようと、

慣れていた方法で操作をした。

 が、何故かイラストは貼り付けられず、何度か挑戦している内に、

インストールが必要らしいことがわかった。

 だが、このパソコンが一度動かなくなり、ヤマダデンキで見てもらった結果言われたのは、

 簡単にインストールしない方がいい、ということだった。

 いつか、ヘタを打って、架空請求などの犯罪に引っかかる恐れが無いとはいえない、と。

 その言葉がずっと頭にあって、結局インストールしなければならないイラストならばやらないほうが無難だと思った。

 簡単にネット上の無料イラストを使用していたのだが、きっと何かトラブルがあって、とりあえずインストールするという

方法に変わったのだろうが、ネットはそこまで親切に説明はしてくれない。

 結局、その時はパソコンに内蔵されている少ない種類のイラストから選んで貼り付けたのだが、

これからはそれもそうそう続かないだろう。

 さて、この無料イラストのインストール、やっても大丈夫なのだろうか。

 身近に聞く人もいなくて、少し困っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月14日(土)のつぶやき

2017-10-15 | 川柳
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

振り返る

2017-10-14 | Weblog

 今年を振り返るにはまだ少し早いが、それでも今、今年最後の作業中という感じだ。

 これも一つの機会だと思って挑戦させていただいた、川柳サイド2。

 新作30句は体力と気力との綱引きだった。

 まあ、結果、できたので言える話だが。

 毎年5月にあった、例会をやっている公民館のロビー展示が今年は12月に変更になった。

 11月には文化祭。

 年の初め、1月から手を付けなければ間に合わないと思って鉛筆を取ったが、

 現実は3月末にようやく一枚仕上がったという、最悪のペースで始まった。

 寒くて、暑くて、雨の気圧でと体調は崩れがちだったが、

 それでも頑張ってみようと思った。

 川柳サイドが一冊手元に届いた時、頑張ってみて良かったと心から思った。

 このおかげで、ほかのこと、例えば旬の編集とか、投句など、気持ちが引っ張られるようにして出来ていった気がする。

 今10月。

 文化祭展示用の作品、ロビー展示用の作品、年賀状用と、あと二ヶ月ちょっとで仕上がるのか?と思いつつ

 机に向かっている。

 弱音吐いてんじゃないよっ!と背中をバシッと叩かれて、ヘコんで、泣いて、

 それでもこれがこの人の応援の形なのだと受けとめられるようになって、

 または、結果出来なかったとしても、ここまでは出来たじゃないか、と思えばいいんだよ、と背中を撫でてくれる人もいる。

 確かに今はまだ10月半ばだ。

 それでも自分のスケジュールは年末まで一杯に埋まっている。

 なにせ、予告もなく具合が悪くなって吐く、頭痛に悩まされる、起き上がれなくてと忙しい。

 そして治療法は全くないのだ。

 狭い裏庭に野ボタンが一輪咲いている。たぶん今年最後の一輪だろう。綺麗な濃い紫の花だ。

 花を見て、ほっこりするのは体調のいい日だ。

 こういう日をちゃんと受けとめて、寝る時に今日はちゃんとご飯が食べられたと日記に書ける日を積み重ねていくのが大事なのだと、

 何となく感じた。

 今日は雨で、予報では一週間くらい続くらしい。

 今年は旬にエッセーをあまり書けなかったが、書かなくなったらヤバイと自分に言い聞かせている。

 何だか、長々書いてしまった。

 こんな日も珍しいので、残しておこうと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月25日(月)のつぶやき

2017-09-26 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

存在感

2017-09-25 | Weblog

 洗濯物を干していたら、どこからか優しいがインパクトのある香りが漂った。

 あ、金木犀。

 言葉はいらなかった。

 ただ、ふっとその季節がやってきたことを知り

 何だかふわりとした気分になった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月18日(月)のつぶやき

2017-09-19 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸運

2017-09-18 | Weblog

 台風が夜中に去った。

 ここら辺は風は強かったものの被害はなかった。

 翌朝は快晴。

 こたつに入ってコーヒーを飲みながら狭い裏庭を見る。

 ブロック塀に雀がいる。

 と、先日仏様用のご飯を落としてしまったと言って飼い主が珍しく雀用にしたことを思い出した。

 あれ?

 いつものブロック塀の端に小皿がない。

 雀のごはんを食べている位置が一段下にずれている。

 ふと下を見ると、鉢の中に小皿が無傷で落ちていた。

 察するに

 台風に煽られた小皿がひっくり返り、

 その拍子にごはんだけ一段下のブロック塀にぽんと落ち、

 小皿は両隣の庭に落ちず、

 運良くひらりと我が家の鉢の中に割れずに落ちた。

 ということだろう。

 人様の庭に割れた瀬戸物が散らばったらとても迷惑をかけてしまうところだったのだ。

 近所に迷惑をかけることなく、皿も割れず、雀もごはんを食べている。

 幸運が重なったと言うべきだろう。

 平和だ、と思う。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月1日(火)のつぶやき

2017-08-02 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加