らき太な日常

『樹萄らき』のある日の出来事 

6月21日(水)のつぶやき

2017-06-22 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すみません、ツイッターできません

2017-06-21 | Weblog

 先日、ツイッターしました、というひと言があった。

 その昔、ツイッターがいかなるものかもわからないまま登録した。

 だが、つぶやいても画面上には文字は出ず、フォロワーの意味も分からず、こりゃダメだと思った。

 で、削除しようと試みたが、今度は削除ができなくなった。

 なぜか自分のツイッター画面まで出せなくなったのだ。

 で、放っておいた。

 その後、フェイスブックというのが出て、これは二度目で上手く行っていて、今も続けている。

 その話を友人にしたら、早速スマホで検索してくれて

 ・・・らきさん、ツイッター生きてますよ、と言われた。

 生きていられても、本人が何も出来ないのでは何もならない。

 今まで何回か、何人かに失礼をしているだろう。これからもそういうことはあるだろう。

 効果があるのかは不明だが、ブログで、「ツイッター、生きていても本人が使いこなせていません」と

 言っておこうと思った。

 見えないネットの中の皆様、こんなありさまです、ツイッターでは交流できません、ごめんなさい。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

5月20日(土)のつぶやき

2017-05-21 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体調

2017-05-20 | Weblog

 不愉快なことはあまり書き込みたくないが、気がつけば五月も半ばを過ぎた。

 前回のブログからそれなりの体調は三日と無い。

 今回は胃もたれだった。

 ブログを書き込んだ疲れで出た胃もたれだと思っていたが、ゴールデンウィークを過ぎても治らない。

 胃もたれになり、肩が凝り、頭痛が始まり、気がつけば歯を食いしばっている。

 普段の薬に頭痛薬が加わった。

 治ったと思った翌日は、起きた瞬間から胃もたれ。

 それでも少しは動かなければとドライブへは行く。

 夕食後少し吐くときもあったが、ちょっとなので、というか胃液まで吐ききってさっさと治ってくれと思う日々だった。

 胃腸薬を飲むが、なかなか治らない。

 でも、まあ、今度は胃もたれかいっ、という感じで捉えている。

 不調の症状は今までいろいろあって、その度に医者に行っては、何でもないと言われてきたので、もう医者に行く必要さえ感じていない。

 月一で医者には行っているが、医者も慣れてしまって何も言わない。そうですか、と言い、処方は何も無い。

 だが、ブログは月一のペースで頑張りたいと思っているし、もしかしたらそれがいいことかもしれないと思うので、

 今日、ちょっと軽い症状なので書き込んだ。

 月が変わる頃には治っているといいなあと、焦ったりヘコんだり不安に思ったりするのが少なくなればいいなと思っている。

 つまらん、深いな内容で失礼。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月8日(土)のつぶやき

2017-04-09 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でんだん?

2017-04-08 | Weblog

 先月、3月19日に全国高校伊那駅伝が行われた。

 毎年男子の走るとある道ばたに大会日までのカウントダウンを書いた物が現れるのだが、今年は「あと52日」から始まった。

 ほぼ毎日のドライブコースなので、いつも声に出してその数字を読んでいる。

 今年は初めてTBSが取材に来るという話を聞き、有名になったんだね、と飼い主と話した。

 去年は雪の降った翌日に土手に「INAEKIDEN」(伊那駅伝)と書かれたが、翌日には解けて字が見えなくなってしまった。

 今年は土手を削る様にして文字が掘られていた。一瞬、いいんだろうか?と思いながら読む。ローマ字なので読みづらい。

 日本一INAEKIDEN KASUMITEI DENDAN

(日本一 伊那駅伝 かすみてい ・・・でんだん?)

 数日読み続けたが、かすみていの意味も分からなければ、でんだんの意味もわからなかった。

 かすみてい・・・ってこの三峰川の土手の名前かなあ? 飼い主も、そこは同意してくれた。

 だが次の「でんだん」の意味がさっぱりわからない。でん・・・田? だん・・・団? ここらへんの田んぼを持っている人達の集まりかな?

 わけもわからず、でも気になり、ほぼ毎日口に出して読んでみた。

 と、ある日、Dの字を少し斜め方向から見たときだ、「あ!」として、謎は全て解けた。

 DはOだったのだ。

 日本一 INAEKIDEN KASUMITEI OENDAN

 つまり、日本一伊那駅伝 かすみてい 応援団 と書かれてあったのである。

 謎は解け、すっきりしたが、でもこの土手、個人の所有物じゃないし、こんな風に土を削って書いても注意されないのかなあ?と少し心配だ。

 この先、雪が降っても雨が降っても、草が伸び放題になっていっとき何も見えなくなっても、市で草刈りをすればまた現れる字なのだ。

 来年の伊那駅伝までしっかり残っているような気がする。

 注意されても、彫刻のように掘っちゃっているから直しようもないし・・・市も黙認しているのかなあ?

 誰にも聞けないけど・・・ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月25日(土)のつぶやき

2017-02-26 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トイレ

2017-02-25 | Weblog

 先日道の駅でトイレを借りた。

 少し苦しくて歩くのが困難だったので、障碍者用のトイレに近づくと、使用中。

 すぐ中から車椅子の男性が出てきた。

 一瞬、ほんとに一瞬躊躇した。

 そして気づいた。

 十代の頃、公衆トイレは男女一緒で、男性用トイレの前を通って奥にある女性用トイレに行くのがとても恥ずかしかった。

 そして極力、公衆トイレを使わないようにしていた。

 いつからかトイレは綺麗になり、男女別々に建てられているのが普通になっていた。

 なのに、使ったことのある障碍者用のトイレは今のところ全部男女共同だ。

 なぜだろう?

 障碍者は男女同じトイレを使っても平気だと思われているのだろうか。

 障碍者と一括りにされ、男性と女性の区別がそこにはない。

 トイレを設計している人はそこまで考えがいっていないということなのだろうか?

 自分も一緒だ。体調が悪くなって、障碍者用のトイレを使うようになって初めて気づいたことだ。

 そして今ジェンダーという問題もトイレに関して発生していることをニュースで知った。

 自分のジェンダーでトイレを選べる権利、みたいなことだった。

 平等とか性別とか共同使用とかって、何だろう、どんなふうになればみんな安心して使えるんだろう?と思った。

 ちなみにその答えを思いつく頭が自分にないことだけは確かだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月15日(水)のつぶやき

2017-02-16 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成宮寛貴さん

2017-02-15 | Weblog

  成宮寛貴さん、どこにいるんだろう。

 薬もやっていないと信じたいし、友人に裏切られたという話は胸が傷んだ。

 いつも主人公の反対側の立場の役で、この俳優さんが正統派の役をやったらいいのに、と思っていた。

 そんな時、相棒で彼が出てきて、なんだかすごく嬉しくて、毎回楽しみに見ていた。

 なのに、最後は陰で犯罪を行っている役で終わってしまって、そのショックから立ち直れず、

次に反町さんが出てきてからも、あまり見る気になれなかった。

 そんな時に突然出た芸能ニュース。

 立ち直れないんじゃないかと思うほどショックを受け、成宮さんのことで頭がいっぱいだった。

 なぜ、彼だけがこんな結果になるのだろう?

 ここまできてようやく、自分が彼のファンであることに気付いた。

 気づいても、もう今現在どこにいるかわかんないし、引退してるし、復帰するか不明だし・・・。

 なんとも切ない気分だ。

 ちなみに、二年目になってようやく反町さんの出ている相棒は、それはそれで楽しめるようになっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月21日(土)のつぶやき

2017-01-22 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一月

2017-01-21 | Weblog

 ずっと更新するか休むか考えていた。

 続けることが大事なのか、ネタが大事なのか、考えていた。

 続ける方を選んだ。

 筋肉と同じだ。使わなくなれば使えなくなる。

 薄っぺらい内容だが、月一の更新を頑張ろうと思う。

 今はそれが精いっぱいだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月24日(土)のつぶやき

2016-12-25 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月

2016-12-24 | Weblog

 100円で買った小さなカレンダー、その猫たちの写真に癒やされながら、書く。

 体調が良くなかったが、何とかクリスマスまでやってきた。

 鬱にならないようにと、飼い主は常に心をのぞき込んでくれた。

 毎日外へドライブに連れ出してくれて、ド・トールでコーヒーを飲む。時にはケーキが付く。

 その数メートルを歩くことがリハビリだ。

 飼い主と一緒に食事をする時は、椅子に座った。これもリハビリだ。

 座椅子に寄りかかってする食事だと、背中の筋肉が弱ってしまう。

 右の四十肩(もう五十肩だが)がようやく治り、日々の生活の中で自然に右腕を動かしているうちに、ずいぶん筋肉が戻り、

いつの間にか急須を右手で持ってお茶を注げるようになっていた。

 今月の半ば頃だろうか、ようやく活字に目がくらまなくなり、ああ、本を読めるかもしれないと思って、図書館から本を借りた。

 きっと、少しずつだけど良くなっているのかもしれないと思うことができている。

 飼い主の献身的なすべてに感謝している。そして、だから、回復したいと思っている。

 医者によると明確な病気ではないので、処方する薬は何もないと言われた。

 それを受けとめるしかないが、今日が昨日より少し体調が良ければそれはとてもいいことだと考えるようにした。

 昨日より今日の体調が悪いなら、それを受けとめ、また良くなる日を望めば良いと思うようにした。

 

 今朝、先月室内に移した野ボタンが咲いていた。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11月20日(日)のつぶやき

2016-11-21 | 川柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加