ちょっといいな、ちょっと幸せ

映画、アート、食べ歩きなどなど、私のちょっといいなを書き留めました。

『 蜜蜂と遠雷 』

2016-12-28 21:19:28 | 読書

奥田 陸 著( 幻冬舎 )

第156回直木賞候補にノミネート。

構想から12年、取材11年、執筆7年という
著者渾身 の作品。

世界最高峰のピアノコンクールを舞台に、
若きピアニストたちの音楽を描いた。

読み始めてすぐに魅了された。
音楽が、光が、溢れてる。
ずっとピアノを聞きながら、
読んでいたような気持ちになる。

久々の超ド真ん中級の一冊。
こういう本にはなかなか巡り合えない。

ちょっと分厚い。
読み終えると、
素晴らしい交響曲をいくつも聞いた後のような
心地よい倦怠感。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『 お茶碗 』 | トップ | 『 デザインの解剖展 』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。