らいちゃんの家庭菜園日記

家庭菜園、家庭果樹栽培及び雑学日記

ホオズキの花

2017-06-14 | 

ホオズキはよくご存知だと思います。
浅草のほおずき市は特に有名であり、多くの人出があることから、毎年、全国放送でニュースが流れます。

では、ホオズキの花を見たことがあるでしょうか?
今日は余り見られていないであろうホウズキの花をご紹介します。

私の畑には数株ですが、ホオズキを植えています。
毎年この時期には小さな花を咲かせ、既に花が終わって青い実をつけている茎もあります。

ホオズキの花は白い小さな花で、ナスの花によく似ています。
それもその筈、ホオズキはナス科ホオズキ属の多年草なのです。
原産地は東南アジアで、近縁種が南欧やアメリカ大陸など温帯に自生しているそうです。



草丈は60cmから80cm位になり、淡い黄色や白の花を6月から7月ころ咲かせます。
日本各地で開催される「ほおずき市」はこの時期にあわせて行われるようです。

「名前の由来」
名前の由来は諸説あるようですが、一説には、実が赤く染まった頬を連想させ、鳴らして遊ぶ子供たちの様子から「頬突き」となったとする説。
他には、ホホというカメムシがつきやすいことから「ホホ付き」になった等があります。
属名のPhysalis(フィサリス)は、ギリシャ語で膨らんでいることを意味する「physa」が語源で、膨らんだ実の姿にちなんでつけられたそうです。



ホウズキは現在では主に鑑賞用として栽培されていますが、古くは薬草として利用され、平安時代より鎮静剤として、そして江戸時代には堕胎剤として利用されていたということです。
現在でも咳や痰、解熱、冷え性などに効果があるとして、全草を干して煎じて飲む風習がある地方もあるようです。
中国では、根が「酸漿(サンショウ)」という生薬名でしられ、漢方医学では咳止めや解熱、利尿の薬として熱や黄疸のときに用いられるそうです。



ナス科植物の例に漏れずホウズキには全草に微量のアルカロイドが含まれています。
特に酸漿根の部分には子宮の緊縮作用があるヒストニンが含まれており、妊娠中の女性が服用した場合、流産の恐れがあるそうです。

・既に花が終わり、青いホオズキがついています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カブトエビ | トップ | リンゴの袋かけ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほおずき (iina)
2017-06-14 08:47:58
幼いころ、ホオズキを姉たちが鳴らして遊んでいました。
いまでも、浅草ではホオズキ市がにぎっわっています。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/aced4afed93c481ac2785757e7c30c20

ホオズキの花の記憶はありませんが、白い小さな花ですね。 かわいいお花です。^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL