らいちゃんの家庭菜園日記

家庭菜園、家庭果樹栽培及び雑学日記

運動後の牛乳摂取で筋力アップ

2017-05-26 | 情報

先日、「ウォーキングの奨め」と題して1日8000歩の健康法をご紹介しました。
今日はウォーキングの後に乳製品を摂取すると筋力アップに効果があると言う研究結果があるのでご紹介します。

運動をした後にチーズやヨーグルトなどの乳製品を摂取すると、運動だけを行うより筋力が増加し、生活習慣病の改善や予防にもつながる可能性があるという研究結果が信州大学の研究グループによってまとめられたと報道されていました。

それによると、速歩きとゆっくりとした歩きを3分ごとに交互に行う、「インターバル速歩」という運動を続けている女性37人を3つのグループに分け、運動の直後に乳製品を摂取することで体にどのような効果が現れるか調べたのだそうです。

その結果、「インターバル速歩」のあと、チーズ1個とカップのヨーグルト2個を摂取したグループでは、5か月後の筋力が何も摂取しなかったグループと比較して平均で8%増加したそうです。因みになにも摂取しなかったグループは殆ど変わらなかったということです。
更に、このグループでは、生活習慣病につながる慢性の炎症反応を引き起こすNFKB1と2という2つの遺伝子の働きが、それぞれ平均で29%と44%抑えられたと言うことです。
同大学の能勢教授は「安くて誰にでも手に入る乳製品を運動の後に多めに摂取すれば、生活習慣病の症状を改善したり予防したりできると考えられる」と話しているということです。

運動後の牛乳摂取による筋肉の付き方の違いは他の研究でも実証されているようです。
その研究によると、ウォーキング後に牛乳を摂った人と摂って無い人30人のデータを比べた結果、実際にウォーキングをした後に牛乳を飲んでいたグループの筋力の増加率が16%アップしていたそうで、牛乳を摂らなかったグループと比べると2倍以上アップしていたということです。

そして、牛乳の筋力アップの効果により、腰や膝の痛みの改善なども期待できると言われています。
実際にウォーキングの後に牛乳を飲み始めて筋力を半年で1.2倍にアップさせた方は膝・腰が楽になったと言っているそうです。
筋肉が増えれば基礎代謝量がアップして、太りにくくなり、生活習慣病の予防などにも効果があるということです。

「筋力がアップする理由」
筋トレや少しきついウォーキングなどをすると筋肉に小さな損傷がおこります。その筋肉の損傷を修復しようと筋肉はたくさんアミノ酸を取り込もうとするのです。
この状態は運動後の30分で終わってしまいます。そのタイミングで筋肉にアミノ酸を含んだ乳製品(牛乳なら200cc)を摂ると、アミノ酸がどんどん筋肉の中に入っていき、それで筋肉が太くなっていくのだそうです。

スポ―ツ選手が牛乳を飲む事はよく知られていますが、彼等の健康維持にも牛乳などの乳製品摂取が寄与しているのかも知れません。
皆さんもウォーキングなど、きついと感じる運動の後、30分以内に牛乳200㏄を飲んで、筋力アップと生活習慣病の予防に努めてみては如何でしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相次ぐ政治家の失言 | トップ | イチゴからスイカへ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
筋力アップ (iina)
2017-05-26 08:25:23
速歩きとゆっくり歩きする 「インターバル速歩」を交互にした後に、乳製品を摂取するよう心がけます。 φ(..)メモメモ

筋力が平均で8%も増えるとは、消費税なみですから 大きな効果だと思います。


> 富士山を模した小山は雪を頂いて美しく仕上がっていますね。 芝桜のピンクの絨毯は妖精ちゃんが喜びそうです。
観光地では、たまにマスコットを景色内に置いて撮っている方をみかけますが、本栖湖の会場ではみかけなかったです。
こんどは、妖精に要請をかけてみます。

コメントを投稿

情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL