リタイヤおじさんの日々

日常のほっとする風景を描いています

古道歩きの仲間と湯治・信州の友

2017-07-17 11:52:39 | 遊び心
語れば長いが、要するに白馬で姫川沿い過っての「塩のみち」に興味をそそられて歩き始めて知り合った白馬の歴史研究家のTさんと10年くらい前から、折に触れ信州の古道とか、芭蕉の「奥の細道」を歩いた。そんな仲間と年に1度温泉湯治で「くっちゃ寝」の時間を過ごす。----この時ばかりは信州の(長野市内・松本・大町・白馬など、東京は私のみ)女性が多く参加する。もう年配の方が多いが会話が楽しい。
湯治の過ごし方を知っているのだ。
今回は東北福島の歴史のある高湯温泉。十分に身体をほぐされた模様だった。

高湯温泉の源泉。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢の跡 | トップ | 昨今の物流 福島から宅配の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL