リタイヤおじさんの日々

日常のほっとする風景を描いています

相継ぐ訃報

2017-04-20 08:46:10 | 日記
会社時代の先輩の仲間が二人桜の散るここ数日、相継いての訃報が入った。
そんな年代に入っているのだ。と改めて実感している昨日今日である。

Hさん82歳。食堂癌。Kさん75歳。肺炎。だと言う。
先週はNYの友人からSが他界したメールが入ったばかりだ。

過って、情熱を注いで仕事に遊びに趣味道楽に勤しんできた仲間だ。私よりちょい上の年代の(Sは同期)方だが、
なぜか、三人の笑顔だけが我が眼前に浮かんでくる。

散る桜・さくら、、、。合掌

今朝、Kさんの奥様から電話が入った。訃報の電話だった(一昨日友人から電話で知っていたが、、、)「1月には好きだった海釣りにいってましたのよ」だって。---奥さんは過っての職場の女性でよく知っていた。30数年ぶりの会話だったが、悲しみを越えて、お互い元気でいましょう。で電話を切った。

今日はHさんの通夜。明日告別式。HさんはOB目黒会の世話人代表でいつも笑顔で対応してくれてていた。葬儀に参列する。

散るさくら、、、合掌
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旬 山菜 天ぷらごはん  | トップ | 葬儀参列、平凡さがいい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL