リタイヤおじさんの日々

日常のほっとする風景を描いています

野生のキノコ・菅平

2016-10-15 12:16:27 | 里山
私は食べられる、食べられないキノコ。その判断基準を持ち合わせていない。
10月半ば、小屋のベランダから見える範囲でも”食べられる”キノコが採取できるようだ。地元の方が車できて何人も雑木林の中に入って1時間もすると採取されたカゴに、ビニール袋に溢れる。
 
    

たまたま駐車場(道路脇だが、、、)で、採ったキノコを見せていただいた。
 ---そして少し持っていけ!、でもらった---
私のキノコの判断基準は珍しさでただ”撮る”だけ。


食べるために”採る”なんて発想は無い。(全て毒キノコにみえてしまうので)
この辺り昨日あたりがキノコ採りの最盛期のようで道路側でも、長野リンゴ売り場に交じり賑わっていた。
 
売り場の地元産マツタケ
 6千円、安い!とバンド仲間は言っていた。

この時期に採りにくる地元の方々はやはり”キノコを知った方のようだ。、、、大丈夫かなぁ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅平高原の朝 | トップ | 快晴秋空・今日46名連れウオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL