そもそも論者の放言

ミもフタもない世間話とメモランダム

『妻籠め』 佐藤洋二郎

2016-12-20 23:18:15 | Books
妻籠め
佐藤 洋二郎
小学館


独り身のまま初老を迎えた大学教員の男が、自分を慕ってくる若く美しい女子学生への恋慕を抑えられなくなる我が身に戸惑う。
そして、小説の舞台は、男の少年時代、青年時代の回想を巡り、男の、また作者の故郷でもある石見地方へと移っていく。

年甲斐もない男の恋心の機微が描かれることを期待して読み始めたのだが、宗教的で生と死の神々しさを感じさせるテイストであった。
どこか夏目漱石の小説(『こころ』とか『それから』とか)を彷彿とさせるところもある。

終盤明かされる衝撃の事実は、いくらなんでもご都合主義的で、やや興醒め。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーチン訪日 | トップ | 『コンビニ人間』 村田沙耶香 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Books」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。