スケッチしとこ

世界の巨匠の作品や動画をじ~っくり眺めてインスパイアさせていただき
自分のモノになったら、これって最高~

100均アルミケース(ミニ絵具セット)を加工

2017-07-21 11:14:32 | アイテム

絵の具の色を揃えました!

色んなメーカーがこちゃまぜ(汗)

 

 

たぶん、これから色の入替をいや、メーカーの入替をするかもしれんけど。

だいたい、この6色で描ける。と、思う。

よっぽどサイケデリックな景色に挑戦しない限り。(どんな景色かい)

あと

 

お花畑はムリやんね。

森・林・畑・海・岸・虫 限定。(さらっと何かが入ったー)

 

さて

 

指に引っ掛けしやすいように

加工しました。

 

用意するものは

☆ 氷の微笑でお馴染みの”アイスピック”

☆ 空き缶の空気抜きでルールにのっとる”穴あけ”

☆ 懐かしい英語の単語帳の”輪っか”

 

 

まずは『氷の微笑』のレンタルから始めてください。

 

 

固形絵の具の邪魔にならんトコロ(裏)に、

グリグリッと”穴あけ”で印を付けまして

 

その穴に、これまたグリグリッと”アイスピック”で穴を広げていきます。

 

高校野球を応援しながら、作業をやるのがおススメ。

 

 

手に穴が開かないよう、気を付けてくださいね。

 

痛みが走ったら、「アウチッ」と外人さんみたいに言いましょう。

 

 

”輪っか”が通ったら、反対側を「ここら辺かな~」と合わせて

そこにも同じようにグリグリします。

 

裏からやっていかないと、反対側が凶器になります。

 

 

こんな風に、指に引っ掛けてクルクル回せたら出来上がり~。

 

 

いつもありがとうございます。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニ絵具セットの色は、どうしようかな

2017-07-18 20:08:53 | アイテム

結局、固形絵具の裏面に

両面テープ固定は止めまして

 

マグネット入替方式を採用することにしました。

 

早速、冷蔵庫にへばりついている広告マグネット(お引越し)を剝がしまして

チョキチョキ。

両面テープでふるふると震えながら貼り付けますよ。

 

お。

さすがホルベイン。

すでにマグネットが引っ付いている。

 

お値段高いとね。

こういう気配りが「次もホルベイン」と思う。もう思うつぼ。

 

 

20日から、固形絵具がたくさん置いてある文林堂さんがセール。

 

22日までらしいです。ありがたい。

 

いつもありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

100均で見つけた絵具入れ(アルミケース)

2017-07-17 21:25:26 | アイテム

↑ これ。100均ですよ、奥さん。

セリアで買いました、みなさん。 

 

あ。

 

中身は違うからね、ちょいとそこのにいさん。

 

そうそう。100均にリメイクシート買いに行こう。

そうだ。今度の休みに行こう100均。連休中は、家に籠って図工しよう。

って、目的でお店に行ったものの

そこで思いのほか時間が経ってしまったコト

 

ありますよね? 

 

お店に入って、

舐めるように物色していたら目が合いました、ねえさん。

 

自分の基本色が、どうやら6色ぐらいなので

外スケッチに行く時に、ここまでいらないなー

って、思ってまして。

 

コンパクトになりますよ。

 

これから色を揃えます。それもちょっと楽しみだったりする。

たぶん、(いつも使う)同じ色を揃えちゃうんだろうけど。

 

両面テープでペタッと貼ってもよし。

冷蔵庫に貼るマグネット式の広告(タクシーとか水回り修理会社とかの)を

両面シートで絵具に貼って、この缶の底にくっつけてもよし。

 

色を、時々入れ替えるか(マグネット式採用)

もう1個違う柄のアルミケースを買うか(両面テープ採用)

 

そんなコトを、悩むのも楽しいです。

 

いつもありがとうございます。

 

おまけ

☆ 今、我が家リメイクシート祭りになってる。その1部扇風機登場 ↓

後ろの孫の手は目をつぶること

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

愛用の水筆たち

2017-05-12 20:58:10 | アイテム

水筆を愛してやまない。

 

最初に買ったのは、真ん中の中(クレタケ)を1本。

外スケッチの時に、水入れ不要だし

絵を描く時も、色を紙の上で薄めていく時にめっちゃ便利ですわぁ~。

 

気付けば増えていきましたね。

 

よく使う小サイズ。

 

右側の(ペンテル)は、水の出が良い。ビュービュー出ます。

線が細いので、使い勝手がダントツの1番!

左側の(クレタケ)は、詰まってるのか

かすれた感じを描く時にナイスである。

 

(クレタケ)中サイズは2本。

1本目が、使い込み過ぎてヨれてるけどまだ使える。

使えるモノは、とことん使う。頑張れクレタケ。

 

で、

平筆は、当初1本保有してました。(↓右ね)


昨日、いつもの画材店へ行くと

もう完全にお店の人と顔見知りになっていて

久しぶりに行ったのに

昨年末に、なにげに話した水筆(平筆の小)を

取り寄せていただいていた。

 

ありがた~く 購入~(*^^)v

 

今、使ってる写真の右の平筆(クレタケ)が大サイズしか探せず

おまけに詰まりがヒドイ。

詰まりは、漂白剤でちょっと回復したんだけど

このサイズは、使う頻度も少なかったので

どうしたもんかなぁ~

と、思ってたんですよ。

 

いつもの画材店さんが、そんな話しを覚えてくれてて

違うメーカーの平筆の小(ステッドラー)を見つけてくれてた模様。

 

早速、今日使ってみたら

平筆の幅がめちゃめちゃ良いです。

痒い所に手が届く感じ?

「お~このサイズ。これは使える!」と大喜びダンスを見せてあげたい(なにしてるん)

 

 

ん?

 

 

 

 

 

キャップが尻にはまらない(◎_◎;)

 

はまらないと、うっかり失くしてしまいそうである。

 

せっかく程よいサイズなのにな~。残念である。

お湯攻めしてみようか・・・

 

 

あ。使ってるうちに水垢や絵具で詰まってきたらば

漂白剤を薄めたコップに漬けておくと、ちょっと回復します。

 

おやすみなさい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

愛用の固形水彩絵具

2017-04-08 22:00:00 | アイテム

本日2回目の更新。

 

母の愛用の固形絵具セットです ↓

 

時々、外スケッチする時にうちの母も付いてきまして

私が描いてる横に座って、ペタペタやってます(笑)

 

で、

チラ見するんだけど

 

 

 

笑いが込み上げるぐらい下手っぴ。

 

いやいや、それはそれで味があるので気に入ってるんです。

なんで、こう描いたかな!?

と、

小刻みに震えるコトもしばしば。

 

このまえ『人吉城跡』を描いたものを、母も「描きたい」 と、言うので

スケッチブックを渡したら

「色が難しい」って。

 

ん?色は4色ぐらいしか使ってないんだけど。

 

そこで、冒頭の写真にあるように母のアイテムを借りて

色見本を出してみると(色見本とはこんなモノ

 

母の絵具には、私がよく使う色がない。

特によく使う色、大事な大事な【インディゴブルー】がない。

【セピア】もなかったんだけど

ブルー系と茶系を混ぜるとセピアっぽくなるから

それは取り敢えず、置いといて。

 

メーカーによって、このセットも色が違いますね!

 

【インディゴ】のチューブを持っていたので

パレットにひねり出してあげました。

 

 にょろりとひねり出したインディゴ ↑

 

左側は、私の固型絵具で、右側が母のセットです。

 

人によってだとは思いますが

使う色は、本当に決まってますねぇ。

トップ5は、

【サップグリーン】

【イエローオーク】

【インディゴ】

【ウルトラマリン】

【セピア】

 

 外せないのが、

【ホライゾンブルー】

【バーントシェナ】

 

上記の色を使うと、綺麗な絵が描けてる気がする。気がする。

 

 

おやすみなさい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加