臆病なビーズ刺繍

 臆病なビーズ刺繍にありにしも
 糸目ほつれて今朝の薔薇薔薇

「栗木京子第二歌集『中庭(パティオ)』」鑑賞

2017年04月25日 | 諸歌集鑑賞
○ 扉の奥にうつくしき妻ひとりづつ蔵はれて医師公舎の昼闌け

○ 女らは中庭につどひ風に告ぐ鳥籠のなかの情事のことなど

○ 天敵をもたぬ妻たち昼下がりの茶房に語る舌かわくまで

○ 庇護されて生くるはたのし笹の葉に魚のかたちの短冊むすぶ

○ やすやすと抱かれてしまふ女をり体温もたぬ劇画のなかに

○ 粉砂糖ひとさじ掬ひわたくしに足りないものは何ですかと問ふ

○ 茹でし黄身の周りわづかに緑色帯ぶるほどの羞恥か生くるといふは

○ 馬鈴薯の凹凸にナイフ添はせつつ意地悪さうにわが指動く

○ 夜の壁にサキソフォンたてかけられて身をふた巻きにする吐息待つ

○ 標的となるまでわれは華やがむ花びらいろの傘まはしあゆむ

○ 傘の先新芽のごとく空に向け春雷とほく鳴る街をゆく
   
○ ひらきたる傘を支へて漆黒の柄はぬめぬめとをみなの器官
  
○ 濡るることいまだ知らざる傘の花ひしめきてショーケース華やぐ
  
○ 傘の上を雨はななめにすべり落ち結末を知りつつも夢追ふ
  
○ レート高き賭してみたし夕風にすすぎ物あたま取り込みながら

○ 失せし物ふるさとの部屋の机の上に届きをらむと思ふ夕暮

○ サーカスにたとふればいかなる見せ場かといさかひののち夫に酒注ぐ

○ 夢のなかにいつか棲みつきし人をりて雪ふれば冬の表情をもつ

○ ひらかなを子にをしへつつ調教師は猛獣よりもさびしとおもふ

○ 真昼間のタモリの艶めくくちびるに舐められゐたりテレヴィに向きて

○ 耳かたむける仕種はなべて愛を帯び調律師光る絃に近づく

○ 思ひきり男の頬を殴りゐる少女照らして痩せぎすの月

○ 素直なる言葉はみじかき言葉なり夫に寄り添ひ夜の病舎出づ

○ 灯の下にあはき化粧をひき直す 罠と知りつつ蜘蛛は巣張るや

○ 葉洩れ日のをどる車窓にひとり坐す飼はれて泳ぐ身は晶しけれ

○ 止まりたる掛時計はづし裏返すなまなまと恥多きわが身は

○ 青年の右肺に管を送り来し夫の手夜更けのベッドより垂る

○ 若き脳ひらき見し手か爪まるき外科医の指をおそれつつをり

○ 背をかがめ子を抱くときの長身よ外科医の指はやはらかき鈎

○ 病巣を抉り来し夫の手の温さ魚を裂きたるわが掌冷ゆるを

○ 夕焼のもゆる広さはわづかにてもはや産まざる肉叢の冷え

○ わが四肢をマリネ漬けにせむ降りつづく雨にはかすか鬆き匂ひす

○ 春寒や旧姓繊く書かれゐる通帳出で来つ残高すこし

○ かじりゐるウェハース溶け前歯溶けわれも溶けゆく小春日の午後

○ 高層のオフィスにひとつ灯は残り遺影のごとく人かげ嵌る

○ 夫婦してダブルスを組み打ち交はす球の行方よ 退屈な雲

○ 踏切のむかうも小雨 煤けたる壁にE号棟とふ文字見ゆ

○ 海に沿ふ車窓にほくろと薄紅き唇昏れ残り女は泣きをり

○ せつなしとミスター・スリム喫ふ真昼夫は働き子は学びをり

○ 雛のすしに散らすみどりの絹さやのほろ苦きほどの愛保ちきぬ

○ あざやかに塗り分けられし人体図の臓腑を呑みてうつそ身昏し

○ 夜に入りてやうやくに雪やみしかな泣きて勝ちたるいさかひのはて

○ 粉砂糖ひとさじ掬ひわたくしに足りないものは何ですかと問ふ

○ 子のために面接試験に連れ立てりジオラマめきて冬の家族は

○ 飢餓感にちかき空腹感きざす雨のひと日を吾子とこもれば

○ 風落ちて平たくなれるゆふぞらにぎんがみかざし子は切りはじむ

○ 光れるは水のみとなる真夜中にしろがねのごときわが渇きあり

○ ひらかれし手術室(オペしつ)のごと明るくて高速道路の果ての給油所

○ いくつもの把手にふれしゆびさきは夜更けて吾子の耳たぶを撫づ

○ をり鶴のうなじこきりと折り曲げて風すきとほる窓辺にとばす

○ サンタナのハンドル握る朝々よ配所に夫と子を送るべく

○ つぎつぎにもの裏返し陽に晒す酷さを糧とし妻の日々あり

○ 悲しいとアイロン掛けがしたくなる衿先揃へピンと尖らせ

○ 実家にて寝坊してをり母の手がつぎつぎに生む音を聞きつつ

○ 浴身を清むるごとく冷蔵庫の内外ゆたかに磨き上げたり

○ 鍋に火を入れて酒精を逃しやる夏のただむきまだ白きまま

○ 大ばさみの男の刃と女の刃すれちがひしろたへの紙いまし断たれつ

○ 子の描きしクレヨンの線ひきのばし巻き取り母のひと日は終はる

○ 白あぢさゐ雨にほのかに明るみて時間の流れの小さき淵見ゆ

○ ゆで玉子銀のボールに冷しおき頭をよせてしばし吾子とねむらむ

 [反歌]  電子式返却装置をくぐりぬけ無菌化されたか『中庭(パティオ)』一冊
 
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「角川『短歌』平成20年2... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。