田舎者の映画的生活

田舎町に住んでいるナースが
何とか文化的生活を送ろうと
悪あがきしながら見た映画の感想の数々です。

映画「Xーミッション」

2016年10月18日 | 映画・本
エクストリームスポーツのスペシャリストとして活躍していたユタは、
仲間の事故死をきっかけにFBI捜査官に転身。
とある事件をきっかけに、犯罪者グループに潜入し捜査を開始するが、
共にエクストリームスポーツに興じているうちに、
犯人グループ達との絆を深めていく。

元ネタになったキャスリン・ビグローの「ハートブルー」は未見。
CGを使っていない、エクストリームスポーツのアクション場面は見応えあり。
DVDで見たのだけど、これは劇場で見たらもっと迫力あったと思う。
しかし、肝心のドラマ部分、セリフ、ストーリー展開、脚本がダメ。
主人公のユタが簡単にFBI捜査官になれるのが不思議だし、
犯罪者達と危険なエクストリームスポーツに身を委ねていく時の、
心の揺らぎや葛藤もない。
主人公を演じた俳優の演技がまずダメ。
危険な8つのミッションを征服して悟りを得ようとする
犯罪者達の行動も矛盾だらけ。
ラストにかけてのストーリー展開には、口があんぐり。

久しぶりに珍品を見たという感じ。
アクションものが好きな方は、少しは楽しめるかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「ヒメアノ〜ル」 | トップ | 映画「シン・ゴジラ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。