サイクルショップ イルクオーレ赤羽岩淵店 店長'Blog

赤羽の「岩淵水門」から2分、スポーツ自転車専門ショップ「サイクルショップ イルクオーレ赤羽岩淵店」店長遠藤のブログです。

有線/無線/紐  シーズン目前組み換えCAMPAIGN中です。

2017年02月12日 18時44分01秒 | 新着商品&再入荷

SRAMワイヤレス電動コンポ「RED eTap WiFLi」がついに入荷!!

最近リアのカセットスプロケットは大きくなる傾向がありまして、プロの選手でも11-28Tが標準になりつつあります。

シマノでは新しい9100系デュラエースの
カセットスプロケットは最大"30T"までのラインアップ
にともない、30Tまで対応のリアディレーラーとなっているのに対し、

SRAMでは32Tの歯数まで対応の"WiFLi"シリーズが出ました。



頻繁に山に行く方でより軽い28T以上のギアが必要な方、脚力が男性より劣る女性の方にはうれしいラインナップだと思います。

と、いうわけで、9100紐VS9150電動VSワイヤレスRED eTap WiFLiを簡単に比べてみた。


☆レバー






9100→370g
9150→227g
etap→265g(-24g バッテリー重量 241g)

☆FD





9100→71g
9150→103g
etap→159g(135g)

☆RD





9100→160g
9150→196g
etap→243g(219g)

 

9100→601g
9150→526g 
etap→667g(619g)


となりました。
9150は他にエレクトリックワイヤー6本+ジャンクションA&B+バッテリーが加わります。
etapは名前の通りワイヤレスですので総合すると・・・どうなるか。
総重量はSRAMに軍配が上がると思われる。


ブラケットはSRAMが圧倒的に小さくて握りやすいです。


どちらにもメリットデメリットは存在するので、どちらにするかは非常に悩ましいところだと思うし、
ワイヤレスコンポをここまで信頼性の有るもの仕上げたSRAMに拍手を送りたい所。

操作感覚は、乗ってる人は慣れが必要だけど、乗ってれば慣れる問題だし、気にするとこではないと思う。


ワイヤーが有る無いで結構バイクの印象は替わるし、昨今のフレームはコンパクトな物(エアロ形状)が多く
ワイヤーの取り回しが難しいだけに、ワイヤレスってのはとってもいいと思います。


シーズンが始めるこれから、コンポの乗せ換えとうどんどん承っております。

乗せてはいませんが、CAMPAGNOLOもお任せください!!



3/31にまで!!組み換え基本工賃¥32.600→¥21.600で承っております。







今日は一時間早く出てサイクリングも、、、この後北風に負ける。


昨夜はこの後、鍋ふたを中に落とし、鍋の中身が大爆発www


また明日。

↓キャンペーン↓
・新春完成車キャンペーン開催中♪

・こちらはメンテナンスのオーバーホールキャンペーン。


ランキングに参加中です!! 
↓ポチッと協力していただけると嬉しいです!!宜しくお願いいたします。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続9150&SMART AIR PUMP | トップ | パワーメーター内蔵クランク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新着商品&再入荷」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事