Ça commence, l'enseignement obligatoire de deuxième langue étrangère au collège japonais


Pourra-t-on un jour apprendre le francais dans beaucoup de collèges japonais ?

東京の、新設の小中高一貫校ということですが、英語教育を小1で始めるなら当然中学くらいで第二外国語を、という発想になってきますね。この日経の記事(4月28日)には中国語、フランス語というのがあがってますが、中国語は経済的にも隣語という意味でも重要だし、フランス語は国際的な使いで、日本との深い関係、英語教育との相乗効果というとことからも教育言語候補として順当だと思います。こういう学校が多くなってきたら、センター試験の後継テストの「外国語」をフランス語で受けたいひとも出てくるかも、ですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 伊集院さん、... 西洋の威光 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL