吾輩はネコ下僕である。

名前はどうでもいい。ネコ様にお仕えする以外、何のために生れたか頓と見當がつかぬ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネコの下僕として

2011-10-28 16:53:37 | ネコ下僕の自分語り

母の具合が悪くなって以来、

今まで考えなかったようなことを考えるようになった。

 

いまだ、自分の親が老いるということを

私はなかなか受け容れられていないのだろう。

 

 

11月から12月、

資格試験やら検定試験やら講習会やら学習会やら・・・

 

 

いろんなものに参加を考えていた。

こんなことになるとは思わず

早ければ来春から始めるはずだった新しい生活の

準備のつもりだった。

 

10月22日(土)の南里さんのセミナーは

仕事の予定を調整してして申し込みをしていなかったが

すでに申し込みをした

11月23日、26日のペット食育士2級認定講座は

色々考えましたがキャンセルさせていただくことにしました。

 

 

 

金銭的なものもそうですが、

何より、精神的に余裕がありません。

 

 

こんな時だけど気晴らしのつもりで行こうか・・・

と、考え、

ふと我に返って自己嫌悪に陥りました。

 

うちのネコたちも、

おおよそ「ペット」とされる生き物たちはみな

私達飼い主の与える食べ物で命をつないでいる。

 

食とは命

 

それを「気晴らし」などと・・・

 

彼らは言葉が話せません。

体調が悪いとか、食欲がどうとか

何も話すことができません。

 

 

そういう大切なことを教えていただくのに

受け取る側の私がこんな精神状態ではだめです。

 

 

南里さんのセミナーを主催された

うめつぶさんからこんな言葉をいただきました。

 

>お母様のこと“お世話が出来るシアワセ”を
>大切になさってくださいね。

 

確かに、そうだ。

早くに親と死に別れた子は

親の介護をすることすらできない。

 

 

この感覚はなかった。

 

人と「交わる」ということは、

いろいろなもののとらえ方、考え方を知ること。

 

早く自分を取り戻そう。

自分と、ネコたちの生活を。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ま け な い 。

2011-10-23 22:36:16 | ネコ下僕の自分語り

実家のみんちゃんが旅立って以来、母の精神状態が優れない。

くわえて、認知症の症状も進み、目が離せない状態です。



みんちゃんと暮らした21年。

その喪失感はどんなに大きいことだろう。



ただ、現実問題、

私か妹がそばにいなければ日常生活もままならない母。

でも私は働かなければ生活できないし、妹には小さい子供がいる。



介護保険で利用できるサービスも「要支援」である今は多くのぞめない。



今月は結局、月のうち半分しか仕事にも行けず、

したがって収入は半分しかない。



私には夢がある。

でも、それはあくまでも「夢」


その前に「現実」が存在する。


現実とは娘のこれからの人生と

この先の金銭の問題。



母の年金だけで母の生活はまかなえても

母の介護のために仕事に行けなくては

私と娘の生活が成り立たない。




母の介護は私と妹の問題で

妹の夫や、私の娘には負担をかけられない。




いや、ちがうな。

妹はすでに他家に嫁いだ訳だから

出戻ってきた私が全て背負うのが当然なのだ。



母もそれを望んでいる。




私には夢があった。

手放してしまった夢、届かなかった夢



でも、ここで諦めるわけにはいかない。



できる、できるよ。

私は負けないんだ。



昔、それらを諦めたとき

私はまだ若かった

時間なんて無限にあると信じていた。

いつでも取り返せると信じていた。



今の私は若くない

だからできる。いまなら。



私は負けない。

絶対に負けない。



なりたい自分になる。

絶対になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹の橋へ

2011-08-29 14:26:34 | ネコ様

実家のみんちゃんが旅立ったそうです。

21才。


誇り高い雷鳥家の当主でした。


連絡を受けたときすでに、仕事に向かうバイクの上。

季節柄、亡骸がいたむので早々に見送るそうです。


彼は私が嫌いだったからね。

お別れもさせてもらえない。


命は、いつか死ぬからこそ尊く、愛おしい。


みんちゃん、ありがとう。

長い間、お疲れ様。

 

 

 

 

 

子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供がおとなになった時、自らの死をもって
子供に命の尊さを教えるでしょう。

子供が生まれなければ猫を飼いなさい。
猫が赤ん坊の時、あなたは猫の良きしもべとなるでしょう。


猫が幼年期の時、あなたは猫の良きしもべであるでしょう。


 

猫が少年期の時、あなたは猫の良きしもべでいるでしょう。


猫がおとなになった時、あなたはやはり猫の良きしもべのままでしょう。


 

そしていつかその時、猫は自らの死をもって
あなたの心に 猫型の穴を開けるでしょう。
その穴を埋めるには、また猫を飼うしかありません。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たいふー っゆうのが来たんだって。

2011-07-19 17:41:37 | ネコ様

麦太:たいふーが来たって、おかあちゃんが言ってたの。

 

麦太:たいふーって、オイラより白いのかなぁ

 

麦太:たいふーって、吾郎より強いのかなぁ

 

麦太:大丈夫、オイラいざとなったらこの扇風機さんで

 

麦太:たいふーってやつに立ち向かうんだからね。

 

 

 

台風6号接近中のため(実はたまたま)お仕事休んで家で引きこもっています。

2にゃんがずっとストーカー状態です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知ってますか?お外が暑いってことを

2011-07-14 21:11:30 | ネコ様

野良の姉妹の片割れ。

 

なかなかのベッピンさんやね。

 

 

 

 

ぬいぐるみと同化する麦太。

 

やらせじゃありません。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加